北海道三笠市奔別・幾春別

2017年6月13日 (火)

旧弥生駅あたり

 旧弥生駅がどこにあるのか今までわからなかったので、今回探してみました。

Photo
 116号線より幾春別川沿い、道路下にありました。

 弥生町は幾春別、唐松よりも地形が少し高くなっています。

 幌内線の線路は高低差なく、続いていたようです。

 近くにと「三笠温泉花月園」言う旅館がありました。

 今でも営業しているのでしょうか・・・

P1050563
 ここの温泉に来るには、赤い吊り橋を渡ります。

 この吊り橋が怖い!

Photo_2
 車も通れるのですよ。

 歩いて通るだけでも怖い!

P1050564
 幾春別川の上流側。

P1050561
 こちらは下流側。

P1050562
 この辺は川がかなり蛇行しているようです。

P1050565
 こちらは今も残る三角屋根の家々。

 新しくできた道路はこの家々の前を通らなくなりました。

 今回4年ぶりに訪ねて、相変わらず閑散とした風景でしたが、幾春別町の建物がだいぶなくなっていたのが寂しかったです。

 奔別はますます木々が大きくなり、自然化して地形も変わっていて、今後訪れる時期を考えないと思うように見れないと思いました。

 それでも桂沢の橋の発見や、念願だった清松橋ストリートを歩けたので、自分なりに満足しています。

 今回一番印象に残ったのは、唐松駅に貼ってあった奔別炭鉱ガス爆発の写真で、立坑から白い煙が上がっています。

 どなたが撮ったものかわかりませんが、とてもリアルで思わず見入ってしまいました。

 ただ昭和46年と書いてあったのですが、46年は閉山の年、昭和41年に爆発事故があったと思います。

 閉山した46年にも爆発事故があったのでしょうか?

 そんな疑問が残りました。

 また、帰りに岩見沢の「そらちヤマ(炭鉱)の記憶マネジメントセンター」に寄りました。

 大夕張展を開催していて、写真を見てきました。

 また奔別に関する資料も見せて頂きました。

 みなさんも一度行ってみて下さい。

 今回は1日雨降りで少々難儀しましたが、札幌からレンタカーで181km、またいつか訪れることができたらいいなと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

三笠市小中学校跡編

  •  今回廃校の小中学校の写真も撮ってきました。
  •  すべて撮れなかったのが残念ですが、一部紹介します。

     アドレスはGoogleの地図です。

  • 下記は三笠市小・中学校の廃校一覧です。
  • 小学校(wikipediaより)

  • 三笠市立奔別小学校奔別沢分校(1963年)
  • 三笠市立桂沢小学校(1967年)
  • 三笠市立奔別小学校(1973年幾春別小へ統合)
  • 三笠市立弥生小学校(同上)
  • 三笠市立清住小学校(1977年美園小新設に伴い廃校)
  • 三笠市立住吉小学校(1983年幌内小へ統合)
  • 三笠市立幌内小学校(2007年三笠市立三笠小学校へ統合)
  • 三笠市立美園小学校(2011年三笠小へ統合)[
  • 三笠市立新幌内小学校(同上)
  • 三笠市立幾春別小学校(同上)
  • 中学校(wikipediaより)

    三笠市立桂沢中学校(1967年)

    三笠市立幾春別中学校(1982年弥生中と統合し幾生中へ)
    三笠市立弥生中学校(1982年幾春別中と統合し幾生中へ
    三笠市立幌内中学校(1998年)
    三笠市立幾生中学校(2005年三笠中央中へ統合)
    三笠市立三笠中央中学校(2011年三笠市立三笠中学校へ統合)

     ◎奔別小学校跡地

    Photohttps://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'56.4%22N+141%C2%B057'43.1%22E/@43.265662,141.9597833,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.265662!4d141.961972 

     ◎旧旧幾春別小学校跡地

    2

    1_2
    https://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'50.9%22N+141%C2%B057'43.1%22E/@43.264132,141.9597753,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.264132!4d141.961964

     ◎旧幾春別小学校跡

    Photo_4
    https://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'48.4%22N+141%C2%B057'05.2%22E/@43.263442,141.9492663,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.263442!4d141.951455

     ◎幾春別小学校跡

    Photo_7

    2_5
    https://www.google.com/maps/place/%E5%BC%A5%E7%94%9F%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E8%B7%A1%E5%9C%B0/@43.2590809,141.9407573,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x5f0b52470e3bd611:0xb2fe0ba6f0fca81!8m2!3d43.2590809!4d141.942946

     幾春別小学校裏手にあった住宅。

    Photo_5
     ◎旧三笠中央中学校跡地

    Photo
    https://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'26.3%22N+141%C2%B055'15.9%22E/@43.257308,141.9202561,18z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.257308!4d141.921097

     清住小学校跡地と思っておりましたが、「唐松の子」さんからのご指摘により、旧三笠中央中学校正門と判明しました。(2017.6.12)

     ◎新幌内小学校跡

    1_5

    2_2
    https://www.google.com/maps/place/%E5%94%90%E6%9D%BE%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E8%B7%A1%E5%9C%B0/@43.2503893,141.9091842,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x5f0b520b0f910231:0x2d2a5a54384467c6!8m2!3d43.2503893!4d141.9109828

      ◎幾春別中学校跡地

    1_3
    https://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'24.4%22N+141%C2%B056'54.0%22E/@43.256792,141.9461343,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.256792!4d141.948323

    2_3
     こちらは幾中下から116号線に向かう坂道の道路。右手の上が幾中です。

     ◎幌内中学校跡

    Photo_6
    https://www.google.com/maps/place/%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0/@43.2300628,141.8816827,14z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x7115849549d3fb61!8m2!3d43.2300628!4d141.8972629

     現在は三笠モダンアートミュージアムになっています。

     ◎三笠中央中学校跡

    1_4

    2_4
    https://www.google.com/maps/place/43%C2%B015'18.8%22N+141%C2%B053'57.3%22E/@43.255224,141.8979726,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d43.255224!4d141.899252

     ◎三笠高校

    Photo_8
    https://www.google.com/maps/place/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E4%B8%89%E7%AC%A0%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1/@43.2498789,141.8888082,15.58z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xc9b99442b7b501c3!8m2!3d43.2476996!4d141.88375

     2012年3月、道立三笠高校は閉校になり、2012年4月より市立高等学校として開校しました。食物蝶理科の男女共学校です。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年6月10日 (土)

    清松橋ストリート 唐松編

     清住町から唐松町に行くには、この橋を渡ります。

    115
     この長い一直線の道。

     先がT字路になっていて、左に曲がると唐松駅があったところに行きます。

     清住町T字路から唐松町T字路まで測ってみると、0.587km、約7分。

     たかが7分なのですが、子供の足では遠い。まして、雪が降っていたらなお遠い。

     詳細はこちらからご覧ください。三笠高校から唐松辺りを歩く

     ということで、今回はこの一直線の道を歩いてみました。

     歩いたのは唐松側から。

    106
     雨がかなり降っていました。

     上から傘の紐の部分が垂れ下がっています。失礼しました。

     ちょうど写真を撮っているこの辺りを幌内線が通っていたと思われます。

    107
     こちらが幾春別側。

    108
     こちらが三笠市街地側。

    109
     そして清松橋。

     大人の足だとあっと言う間ですね。

    110
    111
     昭和63年10月に完成しています。かれこれ30年ですか。。。

    113
     幾春別川上流側。

    112
     こちらが下流側。

    114
     橋を渡るとすぐ清住町側のT字路です。

     歩いてもあんまり感じるところも、思いだすところもなかったです。

     ただ覚えているのは、道路が長かったことと、雪が吹雪いて視界が悪かったこと。

     指先が冷たかったこと。まだかな。まだかなと言う感じかな。

     ずっと歩いていても覚えがあるのは、この道路とこの橋だけです。あとは三笠高校あたりから乗ったバス停だけです。

     遠い昔の話です。

     

     

     

    続きを読む "清松橋ストリート 唐松編"

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    2017年6月 9日 (金)

    ぐるっと幾春別めぐり

    83
     行ってみたかった所のその3、幾春別神社です。

    84
     この長い階段を上がったことがなかったので、一度行ってみたいと思ってました。

     私は奔別にいる時、幾春別神社には行ったことがありません。

     こんな神社があると言うことも知らなかったです。

    86
     階段の上にも大鳥居がありました。

     草ボウボウが侘しさを感じさせます。

     振り返ると幾春別のまち。

    88
     この道路の両側にはたくさんのお店や家が建っていました。

    87
     社殿です。もう少し手をかけてあげれば、立派な神社なのに残念です。

     石段の中腹からみた幾春別のまち。

    85
     昔の写真でお祭りの写真を見たことがあるのですが、ここか撮ったものですね。その写真は賑わいを増して、幾春別の全盛期を物語っていました。

    90
     神社鳥居そばの真法寺側から、上の鳥居まで車で行けます。その道がこちら。

     今は行く人、いるのかな・・・

    80
     幾春別神社裏手、現在の本間病院近くに残る、幾春別駅から奔別炭鉱への運炭線跡。線路跡は残っていて、立抗裏のホッパーにつながっていました。そのホッパーは現在も残っています。

    81
     上の運炭線跡の近くにある海容寺。

     ここで習字を習いました。たぶん週に1回の割合だったと思いますが、奔別からここまで通うのは遠かった。

    82

     しかし、この本堂は当時のままです。何となく覚えがあります。

     私はここで「山紫水明」と言う言葉を覚えたのです。小学校5年生頃でした。

    95
     滝見町にある魚染の滝。

     案内板には「飛瀑(ひばく)を上げる滝の下の水面に魚の影が映えるところから、魚染の滝と名付けられた」と書いてありました。

     それにしても、いつ来ても水量は多いです。

    続きを読む "ぐるっと幾春別めぐり"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年6月 8日 (木)

    ふたたび幾春別 番外編

     ここから幾春別編です。

     今回行ってみたかった所の一つ。

     私がこのブログを開設してから、みなさんに教えてもらった幾春別にあったお店跡を訪ねてみました。

     それなりに調べたつもりですが、間違っていたら指摘して下さい。

    91 

     まず幾春別駅があったところ。今はバスの発着ターミナルになっています。

     ここから立坑に向かって、太い道路がのびている幾春別のメインストリートでした。

    92
     右手前から2軒目が尾崎回春堂さん。手前は竹本商店さんです。

    69
     2009年の8月に訪れた時は開業していました。その翌年に行った時は、お店が閉まっていました。

    70
     回春堂さんの隣には、ながやすデパート、かいやさんがありました。私はこのお店には記憶がありませんが、みなさん知っている方が多かったデパートです。

    71
     回春堂さんの向かい側には、北海相合銀行があり(中央の建物のあたり)、その隣(手前)にはやまろく書店さんがあったようです。
     
    ※やまろく書店さんは山口靴店さんの斜め道向かいにあったそうです。(整子さん情報2017.6.19)

     北海相合銀行と回春堂さん辺りに、「ようこそ 桂沢湖」というアーケードが道を横断して建っていたそうです。

    72
     中央の横断歩道を左に曲がるとバス路線です。右の建物は旧空知銀行跡。

    73
     そしてちょっとショックです。

     空知銀行斜め向かい、十字路角にあった山口靴店さん。ありません。

     更地です。あぁ・・・またひとつなくなってしまった・・・

     その向かいの車が置いてある手前にはこけしやさん。ここでラーメン食べた人は多いですね。

    11
     先に紹介した月見坂入口にあるみよし酒店。お餅も販売していたそうです。ウィンデーさんによるとみよし酒店は「ヤマニ天狗屋」という屋号で呼ばれていたそうですよ。

    12

     みよし酒店を曲がって月見坂に行く途中にあったと言う、ホルモン屋さんと楽器屋さん。私は全く覚えてないのですが、上の青い屋根の家のあたりに(道がちょうど左にカーブするところ)、ウィンドケースに何かが飾られていたのは覚えています。それが何だったのかはわかりません。

    74

     道を戻って、山口靴店近くにあるエルムさんの土蔵の蔵。

    75
     エルムさんの向かい側辺りにある、本間商店さん。健在です。

    76
     今も現役で人気の更科食堂さん。

     ここのざる蕎麦はおいしいです。昔ながらの中華そばもあります。ラーメンではありません。中華そばです。

     遠く札幌の方からのお客さんも多いようです。

    77
     更科食堂さんの向かい側には、いろは食堂さんがありました。

     昔はいろは食堂さんとこけしやさんが二分していたようですね。

    続きを読む "ふたたび幾春別 番外編"

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年6月 7日 (水)

    森林の中の桂沢

     今回行きたかった一つがこちら。

     奔別から桂沢に向かう所に、西桂沢公園があります。

     公園を過ぎたあたりから116号線は左にカーブして橋を渡るのですが、その橋の手前に右に降りていく道があります。

    57
     この道降りていくと、左に現在の浄水場排水処理乾燥床施設があり、右手に川を渡る橋があります。

    58
     この橋、桂泉橋(けいせんばし)と言います。

    59
     こちらは上流方向。

     ここでカヌーのスラロームをしているようです。

     練習している人がたくさんいました。

     後で調べてみたら、ここで大きな大会もしているようです。

    60
     こちらは下流側。幾春別方向です。

     私が奔小にいた頃、冬になったら1回か2回、桂沢のスキー場でスキー教室がありました。

     奔別小学校から奔別橋を渡って、歩いて桂沢スキー場まで行きました。

     その時、この道を通ったと思うのです。

     記憶の中では、この橋はもっと低かったように思います。

     水が満々と橋スレスレに流れていて、橋を渡るのがとても怖かった記憶があります。

     たぶんこの橋だったと思います。(あの頃より建替えられていると思いますが・・・)

     桂沢スキー場は遠かった。ホントに遠かったです。

     そのスキー場がこちら。

    Katurazawapano

     あまりにも遠いのと、橋を渡るのが怖くて行きたくなかったです。

     現在はスキー場の出入りのメインの橋はこちら。

    61_2
    62
     桂林橋(けいりんばし)と言います。

     そして更に奥に行くと、桂沢ダム手前にある桂橋。

     桂橋の下流方向に見えるこの橋。(平成20年5月撮影)

    68
     この橋がどこにあるのか知りたい。

    64
     桂橋100mぐらい手前に、「桂沢ダム管理支所」と言う標識があるのですが、ここを右に入っていく細い道があり、先は通行止めになっています。

     ここがこの橋です。

    65
     何橋なのか名前はわかりません。

     でも子供の頃、桂沢ダムに行く時私たちはこの橋を通りました。

     そして116号線の道路の反対側は、

    63
     桂沢分校があったところだと思います。

     現在桂沢ダムは工事をしていて、桂橋から入ることはできませんでした。

     67
     ダムの堤防を渡ってみたかったのですが、残念!

     工事の人に聞いてみたら、ダムのかさ上げ工事をしているそうです。

    66
     さらに奥の桂沢レストハウスがあったあたりは、恐竜以外誰もいません。

     駐車場はただただ広くて、車も人影もありません。

     寂しいね。。。

     

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年6月 6日 (火)

    下川端町から上川端町へ

     現在の道路から見た広場があった場所。

    43

     この右手に奔別病院の建物がありました。

     更にズームしてみると、中川端の三叉路が見えます。

    45

     ちょうど写真を撮っているあたりに映画館がありました。その後ろ側は、

    44
     中の沢町に降りていく道。

     この道は変わっていません。

     砂子組の会社のあたりから川端町に入りました。

    46
     日本商事ストアがあったあたりです。

     右の道は生協があったところに続く道です。その先は中川端の三叉路に続きます。

    47
     馬頭観音の石碑が建つ生協跡地あたり。

    48

     4年前に見た電柱の看板もそのまま残っています。

     何が書いてあるのかわかりません。

    49
     生協横から旭町に上がって行く坂道は、均されて平地になっていました。

    50
     右手は旭町下の職員住宅があったところ。

     至る所広場のように白いシートが被せられ、石炭置き場になっているようです。

    51
     こちらは中川端の三叉路。

     右に行くと広場、映画館、奔別病院。

     左に行くと生協、旭町下の職員住宅です。 

    52

     三叉路より少し上川端に行ったところにある、川沿町の平屋住宅側に降りていく道。

     今はこの先はありません。

    53
     奔別小学校ロータリーに続く道。

     この辺りはまだ昔の面影が残っています。

    54
     そしてこちらが川沿町上の上川端です。

     写真右へ行くと川沿町の坂道に続きます。

     ここは頻繁にトラックが往来しています。

    55

     川沿町坂道上から住宅の間を通って小学校へ続く通学路だった道が、以前来た時は手付かずでしたが、今回は少し削られていました。

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年6月 5日 (月)

    川沿町から奔別橋へ

     37 川沿町の坂道です。

     以前来た時より盛り土をして、道幅を少し広げた感じです。

     当時はこんなに曲がってなく、一直線の坂道だったと思います。

    40
     こちらの写真は上の川端町より坂道を降りていくところです。

     もうちょっと坂道を下った写真がこちら。

    42

     そうなんですよ。

     この坂道は今、砂子組さんのトラックが頻繁に往来しているのです。

     私がいたわずかな時間に、2回もトラックがこの道を上がって行きました。

    41

     こちらの写真の中央より左の斜面は川端町の土手。

     右側が川沿町です。

     当時はもっと勾配がありました。

    Kawazoe_pano
     坂下から見た川沿町の坂道側。

     2階建て長屋があった方向です。

    Kawazoe_pano2
     こちらは上の写真よりもうちょっと右側。

     手前に2階建て長屋、奥に平屋の住宅が建っていました。

     この道路は川沿町を分割して本沢方面に続いています。

     車がある右寄りにはお風呂がありました。

    39
     そのお風呂がこのあたり。

     そしてその右側には、

    38
     整子さん、ありましたよ。

     桂町に続く橋桁が・・・

    Kawazoe_katurapano
     川の向こうは川沿桂町です。

     木が大きくなってますますわからなくなりましたが、うっすら見える地形が昔を思い出させてくれます。

    56
     そして言葉もないのですが、奔別橋です。

     橋の向こうは桂町。

     昔はこの橋を渡って桂沢に行きました。

     当時は大きな橋だったと思いましたが、こんな小さな橋です。

     今は笹に覆われていました。

     今でもこの橋を渡ることができるのだろうか・・・

     

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    2017年6月 4日 (日)

    奔別小から幾春別小へ

    26
     上川端のロータリーです。

     奔小に上がる坂道から撮りました。

     その奔小に上がる坂道がこちら。

    27
     この先奔小、幾小へと続きます。

     ロータリーの向こうに見えるのが旭町。

    28
     斜めに上がって行く坂道はごらんのとおり草木でうっそうとしています。

     雨が降っているのでこの先は無理です。

     奔小への坂道を上っていくと、

    29
     こちらが現在の奔別小学校跡地です。

     周りの木々が大きくなりました。

    30
     奔小から幾小へ向かう道。

     前方に立坑の頭の部分が、その右寄りに殉職者の慰霊塔が見えます。

    31
     先を進むと、ちょうど奔小と幾小の境目あたりだと思いますが、草木が生い茂って車一台通るのがやっと。

     車に傷がつかないか冷や冷やもんです。

     「夏はこの道を通るのは無理だろうなぁ。」と思います。

    33
     錦町の鉄塔まで来ました。

     4年前までは山菜取りをしている人が歩いていましたが、「歩いてこの道を行く人は今はいないだろうなぁ・・・」と思います。

     熊が出てきそう・・・

     鉄塔の左横は幾春別小学校跡地です。

    32
     山菜取りの人がここに錦町方面から入っているのでしょうか。

     ここはあまり変わらない感じです。

     鉄塔下の笹薮から錦町へ上がって行く坂道。

    34
     ここもかろうじて名残があります。

    35
     文房具屋さんだったという赤い屋根の建物は、色もわからないくらいに倒壊。

    36
     学習塾だったという家は残っているものの、草木に覆われ廃墟化していました。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2017年6月 2日 (金)

    ふたたび奔別 番外編

     札幌でレンタカーを借りて4年ぶりに三笠市に行ってきました。

     行ったこの日は雨降り。それもかなりの雨が降っていました。

     高速では水しぶきを上げて100km以上のスピードで、車がビュンビュン追い越していきます。

     愛知県人もすごいけど、北海道の人の運転もすごい! 

     今回行く気になったのは、「4年ぶりにどう変わったかな。」と思ったことと、見逃したところを見たかったこと。かな・・・

     今回訪問した感想は最後に書きます。

     というわけで、敬意を表して奔別の象徴であり、奔別の入口である立坑と月見坂から。。。

    10
     閑散としている幾春別の赤い家を右に曲がると月見坂です。

     今は幾春別もこんな感じなのです。

     その昔、たくさんの家が建っていて、たくさんの人々が往来していたなんてとても考えられません。

    11

     その赤い家は今も健在です。

     その昔は酒屋さんだったそうな・・・(みよし商店と言うそうです)

     昔の名残が残る数少ない貴重な家。いつまでも健在してほしいです。

    12

     赤い家を右に曲がると、両脇にホルモン屋さんや楽器屋さんがあったそうです。

     今は何にも残っていません。

     道はこの先左に折れて月見坂へと続きます。

    13
     上の道の突き当りのカーブあたりから見た立坑。

    14

     そしてこちらが月見坂。

     ここをバスが通っていたのですよ。

     道幅6m、全長500mあったそうですよ。

     草や土が侵食して、今では車一台通るのがやっと。

     奔別で唯一舗装されている道ですよ。それがこうして残っているのはうれしいです。

     15

     反対側のカーブ辺り。

     ここから先には民家はありません。

    16
     月見坂の中腹から立坑に降りていく道はかろうじて残っています。

     この道を降りてたくさんの人たちが仕事に出かけて行ったのですよ。

    17
     立坑に降りていく道あたりから見た幾春別方面の月見坂。

     ちょうどこの辺りから山側(奔別小学校側)に上っていく坂道がありました。

    18
     草の茂り方からして、こんな感じじゃないのかな・・・と思うのですが…

    19

     そして、前回来た時に発見した三基の蛍光灯のうちの一基を見つけました。

     たぶん前回発見の二番目の蛍光灯だと思います。

     後の二基は全然わかりませんでした。

     ※4年前に発見した蛍光灯についてはこちらから→月見坂と奔小への坂道

    20
     坂道を上ったところにある分岐点。

     右に行くと川端町、本沢町方面。左に行くとずり山。正面は旭町です。

    21
     分岐点より坂下方向。

    続きを読む "ふたたび奔別 番外編"

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧