« 三笠市小中学校跡編 | トップページ | マッサンのニッカウヰスキー »

2017年6月13日 (火)

旧弥生駅あたり

 旧弥生駅がどこにあるのか今までわからなかったので、今回探してみました。

Photo
 116号線より幾春別川沿い、道路下にありました。

 弥生町は幾春別、唐松よりも地形が少し高くなっています。

 幌内線の線路は高低差なく、続いていたようです。

 近くにと「三笠温泉花月園」言う旅館がありました。

 今でも営業しているのでしょうか・・・

P1050563
 ここの温泉に来るには、赤い吊り橋を渡ります。

 この吊り橋が怖い!

Photo_2
 車も通れるのですよ。

 歩いて通るだけでも怖い!

P1050564
 幾春別川の上流側。

P1050561
 こちらは下流側。

P1050562
 この辺は川がかなり蛇行しているようです。

P1050565
 こちらは今も残る三角屋根の家々。

 新しくできた道路はこの家々の前を通らなくなりました。

 今回4年ぶりに訪ねて、相変わらず閑散とした風景でしたが、幾春別町の建物がだいぶなくなっていたのが寂しかったです。

 奔別はますます木々が大きくなり、自然化して地形も変わっていて、今後訪れる時期を考えないと思うように見れないと思いました。

 それでも桂沢の橋の発見や、念願だった清松橋ストリートを歩けたので、自分なりに満足しています。

 今回一番印象に残ったのは、唐松駅に貼ってあった奔別炭鉱ガス爆発の写真で、立坑から白い煙が上がっています。

 どなたが撮ったものかわかりませんが、とてもリアルで思わず見入ってしまいました。

 ただ昭和46年と書いてあったのですが、46年は閉山の年、昭和41年に爆発事故があったと思います。

 閉山した46年にも爆発事故があったのでしょうか?

 そんな疑問が残りました。

 また、帰りに岩見沢の「そらちヤマ(炭鉱)の記憶マネジメントセンター」に寄りました。

 大夕張展を開催していて、写真を見てきました。

 また奔別に関する資料も見せて頂きました。

 みなさんも一度行ってみて下さい。

 今回は1日雨降りで少々難儀しましたが、札幌からレンタカーで181km、またいつか訪れることができたらいいなと思っています。

|

« 三笠市小中学校跡編 | トップページ | マッサンのニッカウヰスキー »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/70852111

この記事へのトラックバック一覧です: 旧弥生駅あたり:

« 三笠市小中学校跡編 | トップページ | マッサンのニッカウヰスキー »