« 古民家カフェでまったりと | トップページ | こんなホテルがあったら行きたい! »

2017年1月17日 (火)

秀次が築いた八幡山城址

 去年の7月末に近江八幡山城址に行ってきました。

1
 ロープウェーで頂上まで登ります。

 2
 うっそうと木々が茂る中を歩いて行くのですが、この日は大河ドラマ「真田丸」の豊臣秀次が切腹した後だったためか、お客さんが多かったように思います。

 おまけに雨上がりだったため、非常に蒸し暑い。

 当時もこんなに蒸し暑かったのかな・・・

 風が通らないのです。

 この蒸し暑さの中で、甲冑を着てこの山を駆け上がるのは大変だったと思います。

 こちらは村雲御所瑞龍寺山門。

3 こちらは瑞龍寺門跡本堂。
 4
 瑞龍寺は秀次の菩提を弔うため、彼の生母が創建したもので、京都嵯峨の村雲から昭和37年にこの地に移されたそうです。

5
6
 本丸の石垣。

 歴史と年代を感じさせます。

 石垣は南方約4kmの地にある岩倉山より石材を運んだという記載があります。(「岩倉石工文章」より)

 1つの石自体がかなり大きい。

 7
 琵琶湖の眺望も素晴らしく、二の丸にあるロープウェーの八幡城址駅近くには、展望館も建設されています。

 秀吉の後継者となるはずだった秀次。

 謀反の疑いをかけられ切腹しました。

 秀次自体いろいろ言われていますが、秀次の痕跡を消すかのように一族を虐殺したのはかの秀吉です。

 それ自体が狂気としか思えない。

 これが原因で豊臣家が滅亡する原因になってしまったわけですが・・・

|

« 古民家カフェでまったりと | トップページ | こんなホテルがあったら行きたい! »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/69165073

この記事へのトラックバック一覧です: 秀次が築いた八幡山城址:

« 古民家カフェでまったりと | トップページ | こんなホテルがあったら行きたい! »