« 気分爽快にお水汲み | トップページ | 川沿町一帯を歩く »

2013年5月16日 (木)

奔別橋から川沿桂町へ

 1年ぶり、正確には10ヵ月ぶりの奔別訪問です。

 2008年から訪れて、今年で7回目になりました。
 「よくぞ毎年、そんな物好きがいたものだ。。。」と思いますが、私だけじゃないんですねぇ~!!

 今回は私と同じように思っている方が他に2名同行です。。。

 そのメンバーがすごいのです!
 秋田県と徳島県と愛知県ですよ。

 てんでバラバラの地域の方たちですが、奔別に同じような思いを抱いているのです。
 そんな方々と同行できたことをとても感謝しております。

 ってなわけで行ってまいりました。

 おかげで今回は発見!発見!また発見!!

 一人ではこんな発見はできなかったです。
 同行してくださったお2人方、ありがとうございました。

 では今回は奔別橋から川沿桂町方面を紹介します。

P1040187  幾春別小学校下、川沿町の鉄筋4階建てあたりから撮った奔別橋です。

 「こんなに狭かったかな。」と思うくらい狭い橋です。
 いつ朽ち果てるかわからないような状態です。

 この橋の手前には家が2軒あるのですが、この橋を渡ってイノシシか鹿か熊が来るようで、足跡とフンがありました。

P1040185  上流、川沿町を見たところ。

 こんなに川の位置が低かったか覚えはありません。

P1040183  「昭和○一年十月施工」。
 日付が書いてあるのだけどよく読めない。

P1040184  「ほんべつばし」。
 でもよく見るとぽんべつのほの○がとれてしまったような形跡があります。

 ここに来たのは3回目。
 でも橋の名前まで見たのは初めてです。発見!だ!

 橋を渡ったところは笹が生い茂っていました。

 去年まではまだすんなり渡れたのに・・・

Kawazoekatura  奔別橋を渡ったところの川沿桂町。

 当時の地形の起伏がしっかり残っています。
 歩いてもうちょっと先の方まで行けそうなので、今回は行ってみました。

 ちょうど真ん中のカーブするあたりまで行きましたが、動物の足跡がたくさん!

 「危ない!危ない!」
 それ以上はやめておきました。

 カーブするあたりは笹が生い茂っています。
 それ以上は橋(川沿町坂道からの桂町につなぐ橋)のあったところまでは笹に阻まれて、行けそうにありません。

 こちらは対岸から川沿桂町を見たところ。

Kawazoekatura2  右側の川のカーブした先に奔別橋があります。

 真ん中にあるのはコンクリートの護岸。

 昔はここまで川が流れていたようです。
 土砂が桂町の方から押し出されてきたようで、川幅や地形が変わっています。

 これも今回の発見です。

 この地は土地が低く、災害があったときには真ん中のカーブするあたりに建っていた家まで川の水が来ていました。

 ずいぶん長い年月が経ったんだなァ。。。

|

« 気分爽快にお水汲み | トップページ | 川沿町一帯を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

小出し!

投稿: 山下アキラ | 2013年5月16日 (木) 23時09分

山下さんへ

おはようございます。

お疲れさまでした。

そうなんです。
思ったより写真撮ってきませんでした。

毎回同じこと公表しているので、今回は要点だけ・・・

投稿: はな | 2013年5月17日 (金) 07時25分

はなさんお帰りなさい!

ブログ更新待ってました。

ぽんべつばし 覚えがないですが、古い物なんですね。

私も一緒に行きたかったなぁ~
今までに3回いつも一人で行って
一人で感傷に浸って涙していたけど
当時の思い出を共有できる人と一緒だと
楽しいだろうなって思います。

私は北海道に近いのに、はなさんより
時間がかかるんだからおかしいです。

父は、来月奔別に行くのを楽しみにしてますよ。

投稿: まんみ | 2013年5月17日 (金) 09時42分

又、また行ったのかい。凄い物凄いエネルギー源は?引きつけるのは、父母との想い出か?。どうやら女の三人旅ですかね。現地での会話が弾んだ事でしょう。奔別の「ぽ」
の⚪の事、奔走の「ほんべつ」と読んでも「ポンベツ」と
読む人は同期の桜?やっぱり奔別の話には、一声掛けたくて出て来ました。「いいなー、私も冥土の土産に、ヤッパリ行かなくちゃ」

投稿: ししちゃん | 2013年5月17日 (金) 11時34分

まんみさんへ

こんにちは。
行ってきました。
でも寒かった・・・
雨も降ってきたし・・・
でもたいした雨でなくてラッキーでした。

まんみさんのお父さんには会いたかったです。
行く前が楽しいんだよね~!
お父さんによく見てきてもらってください。

今回は新発見が多いです!
お楽しみに・・・

投稿: はな | 2013年5月17日 (金) 19時12分

今、気が付いたけど見出しの写真のカメラ角度素敵だ!。
月見坂は写真のように低くて、ナダラカだったかなー?
坂の途中から、奔小への近道が見えたような錯覚を覚えます。「いい写真だ,! 見たかったよ」

投稿: ししちゃん | 2013年5月17日 (金) 19時17分

ししさんへ

また行ってきました。
もうここまでくるとプチマニアです。
引きつけるのは何なのでしょう・・・
帰ってくると見ていなかったところをまた見に行きたいっていう思いでしょうか。

ししさんもいっしょに行けるとよかったですね。
是非見に行ってください。

ししさんの知りたがっている地域調査しましたよ~。
月見坂から奔別小学校に上がる坂道、
調査しましたよ~!!
順を追って公開します。
お待ちくださいませ!

ブログには一声かけてください。
お待ちしています。

投稿: はな | 2013年5月17日 (金) 19時19分

はなさん達が奔別に行かれた頃は
ちょうど炭鉱祭りがあった時期でしたね!

古い写真を見たら5月11日と書いてありました。
振袖を着せてもらって近所のお友達と
撮った写真です。
炭住もしっかり写ってます。

お祭り楽しかったなぁ~
綿あめ大好きで必ず買ってました。
50円だったのを覚えてます。

幾春別神社の前にお店がずら~っと並んでましたね。
幾春別神社は残ってますよね!

投稿: まんみ | 2013年5月17日 (金) 22時35分

まんみさんへ

幾春別神社残ってますよ。
話に聞くと日曜日(12日)がお祭りだったそうです。
私達は13日の月曜日に行きました。
でもまだのぼりが立っていました。

幾春別神社前の出店は2年前くらいまで、数件出ていたそうです。

炭鉱祭りが神社のお祭りだとは知らなかったです。
当時お祭りにも行った記憶がありません。

神社の写真撮りましたよ。
後にアップします。

投稿: はな | 2013年5月18日 (土) 07時18分

もう7回目ですか!
思い出と現実それぞれ脳裏に焼き付いたでしょうね。
はなさんのお蔭で思い出すことができて、変わりはてた現実もみることができます。
はなさんに感謝です!

この橋は桂沢に行く橋ですよね。
私が見た時は、新しい橋だったような気がします。
昭和32年ごろです。

投稿: hokepie | 2013年5月21日 (火) 14時32分

hokepieさんへ

そうなんです。
奔別に行くようになってから6年。
今回で7回目になります。
飽きもせずよう毎回毎回同じところへ行くと自分でも呆れています。
子供に言うと「またァ~?」と毎回言われます。
いいんです。
ほかっといて下さい!の心境ですけど・・・

>私が見た時は、新しい橋だったような気がします。
昭和32年ごろです。

ということは『昭和31年10月施工』と言うことですか!?
字がはっきり読めなかったのです。
と言うことは、建ってから56年になるんですね~。
感無量・・・

投稿: はな | 2013年5月21日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/51655500

この記事へのトラックバック一覧です: 奔別橋から川沿桂町へ:

« 気分爽快にお水汲み | トップページ | 川沿町一帯を歩く »