« つやつや麺の天手古舞 | トップページ | 春を呼ぶ梅の花 »

2013年2月18日 (月)

事務所が寒い

 今の職場はとても寒く(ちゃんと業務用エアコンは入ってます)、朝エアコンを入れても温まるのに半日ぐらいはかかるという場所です。
 (午後からは西日が入るので暖かいです)

 エアコンはスウィング機能はついているのですが、どうも振れてないような気がする。

 昨日出勤だったのですが、朝事務所に入ったら、3℃!

 エアコンを入れると天井と床下の温度差は10℃!

 頭のほうは温かいけど、足元が冷たい。

 こんな事務所あるんでしょうか~といいたい!!

 午前中はジャンバーやコートが脱げません。
 手袋もしていたい感じです。

 私は去年の4月からこの場所に来たのですが、今冬足の指にしもやけができました。
 しもやけなんて子供の時依頼です。

 そんな場所にいままでずっと耐えて(?)きたのですが、さすがに昨日は寒くて扇風機で風を送って空気を流しました。そしたらだいぶ温度差がなくなりました。
 優れものです。

 そんなわけで昨日、どうも風邪を引いたようです。
 寒気がする(これはずっと前からなのですが・・・)、鼻水は出る。咳は出る。頭は痛い。体はだるい。最悪です。

 まだ熱が出ないだけいいかも・・・

 エアコンはかけっぱなしで事務所中カラカラ。乾燥しています。
 湿度もなくちゃね~。風邪も引くのは当たり前か・・・

 明日出勤したら扇風機で少しは改善されていますように・・・bearing

 

 

|

« つやつや麺の天手古舞 | トップページ | 春を呼ぶ梅の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寒い話!昭和26年奔別小学校6年頃の冬の話。東側玄関川側の手前に石炭小屋が有りました。灰捨て場も!当番はバケツに石炭を入れて両手に持ち休みやすみ教室へ六年は二階ですから重かった。掃除の水は、小使室の五右衛門風呂で沸かした湯を割って運んで来ました。途中で溢すとたちまち凍ってスッテンコロリンさ。登校するとストーブの周りに集まって漫談やら、窓のつららをストーブの蓋の溝に置いてジュージュ沸騰させてたり、アルミの鉛筆サックに下敷きのセルロイドを細かく切って密封させストーブの上に置くとロケット遊び、匂いが残るので、窓お開けてさー。弁当箱をストーブの近くの棚に並べて温めたり、大きめの風呂敷を頭巾にして嵐寛寿郎のつもりになって廊下を走ったり、体育館は人数の割に狭くて休み時間は賑やかでした。ストーブ廻りは人垣で立っていると危ないから、座りなさいと注意されました。蒸発皿でも悪戯をしてたなー。奔別小学校六年生の担任は木本先生で少し斜視だったと思います。

投稿: ししちゃん | 2013年2月19日 (火) 10時23分

ししさんへ

小学校のストーブの覚えはあまりないのです。
もちろん、石炭だったと思うけど、どんなのだったんだろう・・・
家のストーブはダルマストーブで、石炭を入れると真っ赤になったのを覚えてます。
冬、学校では試験管にジュースの粉を入れて、雪の中で固めてキャンディーを作ったのを覚えています。

奔別の冬は寒かった!!
夜ラムネを台所に置いておいたら、朝になって破裂してましたもの。
断熱材なんてない時代だし、窓も今のように2重じゃないし、寒いところで生活していたんだね~。

それに比べたら、事務所の寒さは足元にも及びません。
文句を言っちゃいけませんね~。(反省)

投稿: はな | 2013年2月19日 (火) 19時06分

昭和40年代の奔別小学校もやはり、だるまストーブでした。石炭をくべ過ぎる(入れすぎる)と真っ赤になって、暑くて仕方なかった思い出があります。

給食でしたから、蒸発皿に牛乳を入れて温めたりもしましたね。餅アミを先生が持ってきてくれ、パンを焼いて食べたりもしました。
校舎内はきっと零下だったのでしょう。ししさんがおっしゃるように、バケツの水をこぼすとたちまち凍ってしまうので、必ず、雑巾を持って行くように指導されました。

大阪では、考えられないことです。

それと、寒い故にできた大掃除の仕方。

雪を窓から教室の中に大量に入れて、長靴を履いて、床をこするのです。
すると、雪が真っ黒くなるほど、汚れが取れ床がきれいになっていき、それは楽しい大掃除でした。

汚れた雪はもちろん、窓から下へ捨ててしまうだけ…
寒くても面白かった思い出です。

投稿: iku | 2013年2月20日 (水) 20時38分

ikuさんへ

おはようございます。

ikuさんいろいろ覚えてますね!
ユニークなお掃除の仕方、そんなやり方してたのかなぁ~。
確かに雪は2階の窓でも届くくらい積もってました。
そういえば、廊下はピカピカの黒光りしていたような気がします。

石炭は貴重品でしたね。
今の世の中、もっと石炭の需要を増やせばいいのにねって思います。

奔別は寒かったですね。
こちらの生活に慣れてしまった今、あのような生活には戻れません。
よくあんな寒いところで生活していたなって思います。

投稿: はな | 2013年2月21日 (木) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/49482118

この記事へのトラックバック一覧です: 事務所が寒い:

« つやつや麺の天手古舞 | トップページ | 春を呼ぶ梅の花 »