« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

信長によせて 大徳寺ゆかりの寺

 20121120  大徳寺南門。

 この先の左側に黄梅院がある。

Oubaiin

 1562年に織田信長が父の供養のために春林宗俶により黄梅庵として創建されたのがはじまり。(wikipediaより)

 信長28歳の時と言うから父が亡くなって11年後、娘の徳姫を家康の子、信康と婚約させた頃になる。

 その父である織田信秀のお墓は名古屋市中区大須にある万松寺です。

 でも一部1551年創建という説もあり、こちらだと父が亡くなった年であり、信長は17歳になる。

Sangenin  こちらは三弦院。

 石田三成の廟所がある。

Sangenin2  信長との接点はほとんどないけど、秀吉が信長に仕えて長浜城主となった頃から、父・兄と共に秀吉に仕官し、秀吉が信長の命令で中国攻めで赴いたときこれに従軍した。

Houshunin  こちらは芳春院。

 加賀百万石の前田利家の夫人、まつが建立。法号をとって芳春院と名付けた。

 信長と同年代を生き抜いた方です。

  こちらは総見院。

Soukenin  信長の一周忌に法要を営むために秀吉が建てた信長の菩提寺。

 信長一族の信忠、信雄のほか、濃姫、お鍋の方、徳姫などのお墓もある。

 ここには高さ115cmの衣冠帯刀の姿をした信長の座像がある。
 目が鋭い信長像は必見です。

 秀吉の権力を象徴するような墓石に、信長の気配は感じられない。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 2010年秋に行った総見院

 http://akiiro-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-416e.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

京都に来たなら食べてみよう

 Kazariya  大徳寺裏にある今宮神社駐車場の近くにある、あぶり餅の「かざりや」さん。

 道を挟んで同じあぶり餅の「一和」(いちわ)さんがあります。

 お店としては一和さんの方が古いそうな。

 でも私たちはかざりやさんへ。

 なぜならこのJRツアーズの得点で、かざりやさんであぶり餅を食べたら2本おまけしてくれるからです。(せこい!!^^)

Aburimochi  そのあぶり餅はこちら。

 餅は柔らかく、きな粉のような酒かすのような味がして甘い。

 15本で500円ですが、15本なんてあっという間に食べてしまいました。

 お客さんの中には両店食べ比べている人もみえました。

 今度来たときには一和さんに行ってみよう。

 こちらは銀閣寺近くの湯豆腐やさんの「銀閣寺ゆどうふ」。

Ginkakuzi_yudoufu  時間も早かったのかお客さんは私たちが初めて。

 ちょっと奥まったところにあるので、分かりづらいかもしれませんね。

Ginkakuzi_yudoufu2  右上から湯葉のから揚げ。真ん中はとうふの佃煮。左はゴマ豆腐。

 これにとうふの天ぷら(揚げ出しどうふ)と湯豆腐がついて2,200円です。

 囲炉裏がある静かなお店でした。

 湯豆腐の味は・・・よくわかりません。

 家で食べる湯豆腐ですかね。

 でもとうふの佃煮はおいしかったです。
 おとうふを3時間煮詰めたものだそうです。
 ご飯によく合いました。

 京都に来たなら食べよう!

 ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

あなたにも分けてあげたい!

 友達とこのキャンディーの話になりました。

Chelsea  誰の歌が好き?

 「そりゃ、なんたってシモンズでしょ!」

 「八神淳子もいいよね~!」

 「アグネスもかわいい!」

 スコットランドのおいしさ、チェルシーです。

 食べたくなって買いに行ったコンビニには、袋入りしかありませんでした。

  http://www.meiji.co.jp/sweets/candy_gum/chelsea/

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 シモンズ 

 http://www.youtube.com/watch?v=9s5rdne0ILM

 八神淳子

 http://www.youtube.com/watch?v=WU2pUTMNNdE

 アグネス・チャン

 http://www.youtube.com/watch?v=XaXOahomh0A 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

水路閣とインクライン

 永観堂の隣の南禅寺です。

Nanzenzi  ここもすごいバス、人、人、人・・・

 びっくりするくらい大きな山門を過ぎると、本堂が見えてきます。

 でも私の行きたいところは、ここを右に行った境内にある琵琶湖疎水の水道橋。

Suirikaku  これですよ~。

 「水路閣」といいます。
 この上に水が流れているんです。

Suirokaku2

Suirokaku3  

Suirokaku4  テレビのドラマなどによく登場しますが、お寺の境内にあるとは思わなかった。

 作られたのは明治23年と言うことなので、かれこれ120年以上前ということですか。

 すごい!

Suirokaku5  ここから西のほうへ歩いて行くと、琵琶湖疎水記念館があります。

 そこから見た京都市役所方面の風景。

Biwakososui_kinenkan  こちらは地下鉄蹴上方面に続く道沿いにあるインクライン。

 土地の高低差の大きい蹴上と伏見間を、船を線路上の台車に載せて移動させた通路をインクラインというそうです。

Incline  南禅寺方面。

Incline2  蹴上方面。

Tuuro  インクラインを横切って、南禅寺方面に続くトンネル。

 街中にこんな風情のある史跡が残っているなんて、さすが京都と言ったところですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

鮮やかな紅葉が彩る永観堂

Eikandou  ここは永観堂総門。

 京都随一の紅葉スポットだけあって人出はご覧のようにいっぱいです!

Eikandou2  撮影ポイントはいっぱい!
 どこを見ても紅葉で埋め尽くされています。

Eikandou3  ここも特別公開されていました。

 実はこのお寺はうちのご本山です。
 が、来たのは初めて。

Eikandou4

Eikandou5

Eikandou6  釈迦堂から諸堂は回廊によって結ばれ、庭園はため息が出るほど紅葉がすばらしい!

Eikandou7  こちらは臥龍廊。
 開山堂へ続いていますが、進入禁止。

 本堂の阿弥陀堂に向かいます。
 ここにある本尊阿弥陀如来立像は、顔が左に向いている変わった姿をしています。

 永保2年(1082年)、当時50歳の永観が日課の念仏を唱えつつ、阿弥陀如来の周囲を行道していたところ、阿弥陀如来が須弥壇から下り、永観と一緒に行道を始めた。驚いた永観が歩みを止めると、阿弥陀如来は振り返って一言、「永観遅し」と言ったという。本寺の阿弥陀如来像はそれ以来首の向きが元に戻らず、そのままの姿で安置されているという
Wikipediaより

 そんな貴重な仏像を見てきました。

Eikandou8

 庭園内はもみじが色濃く染まっていましたが、中にはイチョウの敷葉も風情があります。Eikandou9

 すばらしいご本山。
 ため息が出ます。

 合掌!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

風雅な古都の秋を歩く

 Ginkakuzi  銀閣寺でございます。

 大徳寺とは比べ物にならないくらいの人が参道を歩いています。

Ginkakuzi2  ここの拝観券は開運招福、家内安全、お札になっています。

 庭園散策の順路に沿って行くと、突如このような砂の造形が・・・
 正面の円錐形の上を切り取ったような形をした砂盛が向月台(こうげつだい)と言うそうです。
 そしてこの砂の造形は銀沙灘(ぎんしゃだん)と言うそうな。

 「すばらしい!」のひと言!

 ムダがありません。

 作るのもたいへんだけど、壊すのもたいへんだろうなぁ~。

 世界文化遺産に登録されているようです。

Ginkakuzi3  庭園は山の斜面を利用して作っているような感じですが、苔がびっしり!

 「すばらしい!!」

Ginkakuzi4  外国人のお客様もたくさん見えましたが、「wonderful!」「beautiful!」の声がたくさん聞こえました。

 まさに京都そのものです。

 疎水べりの「哲学の道」を南下して歩きます。

Tetugakunomichi

Tetugakunomichi2  川沿いに沿って桜が植えてあります。
 春に来るときっときれいだろうね~。

Hounenzi  こちらは法然院。

 苔むした山門をみなさん、シャッターを押しておりました。

Anrakuzi  こちらは安楽寺。

 錦秋の眺めに日本の美しさを感じる・・・

Tetugakunomichi3  紅葉を眺めながらそぞろ歩く・・・

 さすが京都でございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

艶やかな色彩 大徳寺を歩く

 「紅葉を見に行こう!」

 「どこへ?」

 「もちろん、京都でしょ!」

 ってな具合で、友達と3人で京都に行ってきました。

Kodama  JRツアーズの「日帰り1day京都スペシャル」。

 こだまを使用してなのですが、往復指定席、1,000円のおみやげ券付で8,800円!

 お徳でしょ?!

 のぞみだと名古屋から35分ぐらいなのですが、こだまだと1時間ぐらいかかります。
 でもあっという間に着いてしまった。
 京都は近い!

 京都駅から地下鉄烏丸線に乗って北大路まで。
 名古屋の延長のような感じで、京都にいるような感じがしない。。。

 北大路からバスに乗り換えて大徳寺へ行きました。

 大徳寺で見たかった場所はここ。

Koutoinn  高桐院です。
 臨済宗大徳寺派の寺院で、細川忠興の菩提寺です。
 奥さんのガラシャさんもここで眠っておられます。

 何年か前にJRの「そうだ 京都へ行こう」のCMでこの参道が登場しておりました。
 それ以来是非行ってみたかった!
 感激でございます!

 ただ、せっかく撮った正面からの写真がボケてた・・・
 ガッカリ!でございます・・・
 人がいないこんなチャンスはなかなかないのに~!

Koutoinn2  紅葉がとても美しい。
  言葉がありません。

Kotoinn3  敷もみじも京都ならではの雰囲気です。

Kotoinn4  特別公開されていましたが、時間の関係でここまで。

 私はここの参道が見れただけで満足です。

 思っていたほど人出もなく、京都らしい晩秋の散りもみじが見逃せない。

 大徳寺から再び北大路の地下鉄に戻り、今出川でバスに乗り換えて、今度は銀閣寺に向いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

簡単に言ってくれます

 今日はこの間採ったポリープの結果を聞きに病院へ行ってきました。

 結果は良性でした。やれやれ・・・

 話を聞いてて、

 「毎年検診でバリウムを飲むのはムダだからやめましょう。」
 (はいはい!)

 「でもピロリ菌駆除してこれだけきれいになったのだから、今の2ヶ所のポリープは今後なくなることはないのか。」

 の質問に、

 「それはわからない。消えるかもしれないし、あるかも・・・」
 (はっきりしろよ!)

 「なので2年に1回はカメラをしましょう!」

 「えっ!2年毎でいいのですか!?
 今まで毎年と言われましたけど。。。」

 「うぅ~~ん。。。毎年にしますか。鼻からでいいので・・・」
 (なんだよ~!それ~!)

 結局毎年飲むハメか。。。

 まぁね~。過去の病歴経験から先生も念には念を入れてということで、確かに自分のためですけどね。。。

 わかっているけどぉ。。。

 ん~~~やだっ!!dash

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

寒いので登場です!

 朝から冷たい雨降りです。

 今週に入ってから一段と寒くなりました。

 日中は我慢できるけど、朝は寒い!!

 ということで、台所にストーブ出しました。

Stove  もうかれこれ20年近く使っている石油ストーブです。(物持ちがいい~!)

 子どもが小さい頃はファンヒーターだったのですが、大きくなってからは上でお湯を沸かせる、煮物を置けるこのストーブが活躍しております。

 壊れたら丸い石油ストーブが欲しいと思っていますが、なかなか壊れない優れものです。(私の本心を射抜いているしか思えない・・・) 

 石油ストーブはここだけで後はエアコンとファンヒーターなのですが、私は石油ストーブが一番好きだなぁ~!

 北海道にいた頃は石炭のだるまストーブでした。

 ストーブ自体真っ赤になって、お湯がジュワジュワ沸いていました。

 今はそんなとこあるのでしょうか・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

やってよかったと思う

 相変わらず年に1回受けている健康診断で、今年も胃の精密検査でひっかかってしまった。

 わかっているけど、こう毎年胃カメラ飲むのは、気分的に落ち込みます。

 だいたいポリープがあるとわかっているので、こういう人はバリュウムを飲まないで、毎年最初からカメラを飲んだほうがいいと言われ続けてきたけれど、できれば飲みたくないじゃないですか。

 そんなことは言っておれないので、今年は鼻からの胃カメラをすることになりました。
 鼻からのカメラは初めてです。

 やってみると、ちょっと違和感があるけれど口からよりははるかに楽。

 でも鼻にかける麻酔が喉に流れるのは遠慮したいね。

 「苦しい」とか「えらい」とかそんな感じはなく、我慢できるものでした。

 で結果は、なんと!!

 去年ピロリ菌の駆除したじゃないですか!
 その影響か、胃の中のボコボコの丘状のポリープがなくなっています!
 あんなにたくさんあったのに・・・

 胃の出口辺りに2つ残ってはいるものの、あとはきれいになっていました。

 今回はその2つの細胞を取りました。

 ちょっとビックリ!!

 あの何年もかかっても消えなかった丘状ポリープ。
 毎年えらい思いをして飲んだ胃カメラ。
 「いったいなんだったの!」
 みんなあのピロリ菌の影響だったようです。

 胃が悪い人はピロリ菌が影響していると言う診断が出たのはここ数年らしいですが、そんなに影響してたなんて経験者でなくちゃわからないかも・・・^^

 このブログを見てくださるピロリ菌を持っているみなさん!
 できれば駆除はした方がいいと思います。

 駆除と言っても抗菌剤なので、薬は結構強いと思う。

 私は一週間続けて飲むことができたけど、人によっては合わない人がいるかも。

 我慢できるなら、できれば駆除したほうがのちのちのためにいいと思います。

 毎年胃カメラ飲んで滅入る気持ちでしたが、今年は笑顔気分でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »