« 澄んだ空気と小川のせせらぎ | トップページ | 奔別と幾春別の違い »

2012年8月17日 (金)

杉並木に光苔

Kouzenji  駒ヶ根市にある光前寺。
 駒ヶ根に来ると必ずここに寄ります。

 見上げるほどの杉並木を通って本堂に向かいます。

Kouzenji2  途中の石垣の間に光苔があると書いてあるのですが、どれが光る苔なのかわかりません。
 あとでわかったのですが、境内にある本坊客殿の縁側の下に光苔があり、角度によって苔が光るのです。
 普通に見ると黒い苔、でも角度を変えると光ったように黄緑色に見えます。
 そんな苔がわずかにこの石垣の間にあるそうです。
 私には行きも帰りもわかりませんでした。

Kouzenji3  こちらが本堂です。
 本堂の隣には「早太郎のお墓」もあります。

Kouzenji4  「早太郎」と言うのは霊犬です。
 その木彫りの犬が本坊客殿にありました。

Kouzenji5  時代を感じる三重の塔。
 りっぱな彫刻彫りの長野県の指定文化財です。

 夏休みなのに訪れる人も少なく、ひっそりとして落ち着けるところでした。

|

« 澄んだ空気と小川のせせらぎ | トップページ | 奔別と幾春別の違い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ひかりごけは、石垣の間に見えます。
よく解らない場合は、フラッシュを光らせながら写真を撮ると、よく写ります。
夏休みなのに訪れる人が少ないのですね。
行ってみようかな?

投稿: やや | 2012年8月18日 (土) 22時02分

ややさんへ

石垣の苔は全然わからなかったです。
客殿に行って初めて「これなんだ。」と思いました。
その後、また生垣を見たのですが、わかりませんでした。
人はほとんどいなかったです。
暑かったし、平日だったからかな。。

投稿: はな | 2012年8月19日 (日) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/46714791

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並木に光苔:

« 澄んだ空気と小川のせせらぎ | トップページ | 奔別と幾春別の違い »