« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月16日 (月)

またです

 久しぶりの晴れ日です。

 が、全国的に温度がとても上がっているようです。

 名古屋でも33℃まで上がるということですが、風があるのでそう暑さは感じません。
 入道雲のような厚い雲が垂れ込めているのですが、雨が降るわけでもなく、多少蒸し暑いかなとは思いますが、風があるので耐えれます。

 ということで、朝から頑張って庭の草取りしました。

 順調良く11時ごろまでしていたのですが、立ちの高い花をカマで刈っていたらな~んと!左手の中指まで刈ってしまいました。
 付け根と第2関節の間です。

 ビニールの手袋がパッサリ切れ、血が噴出してきました。
 見るとパカッ!と口が開いています。

 剪定鋏を使えばこんなことにはならないのです。
 横着してカマなんかで刈っているからこんなことになるんです。

 「まただよ。。。」

 先回のことがあるので、水で洗って、消毒して、包帯をまいております。

 指を伸ばすと痛みがあります。

 今日は祭日なので病院やってないけど、行くときっと縫うだろうな・・・

 行きたくない。。。

 先回の薬指のケガ跡の赤みがやっと良くなったと思ったらこれです。

 仏滅じゃぁ。。。

 せっかく草取りやる気になったのにぃ~!!ブツブツ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

信長によせて 波乱の戦国時代を共に生き抜く

 Arako_castle

 ここは名古屋市中川区にある荒子城。
 現在の富士権現天満宮。
 1537年15歳にして信長に仕えた前田利家が生まれたところ。
 この一帯が荒子城の跡だといわれている。

 私の信長好きの原点は、金沢にいた頃、この前田利家に会ってからかもしれない。
 10年ぐらい前にNHK大河ドラマの「利家とまつ」からさらに加熱したと思う。

 荒子の傾奇者利家が尾張の大虚け者信長に仕えたところから2人の出会いは始まるのだけれども、もともとこの2人、同じような性格だったのかもしれない。

Arako_castle2  ともあれ、利家はここから出世して金沢に百万石の国を打ち立てた。

 まつは4歳の時前田家の養女となり、以後この荒子城で育ち利家と出合った。

 やがて信長の秘書となり、片腕となり、信長の最期まで支えた人物だけれど、信長の死後は家臣たちの勢力図が大きく変わっていった。

Arako_castle3  生涯律儀で誠実だった前田利家、信長が最も信頼した家臣だったように思う。

Arako_kannon  荒子城から北に200mぐらい歩いたところにある荒子観音。

 荒子時代の前田家の菩提寺です。

Arako_kannon2

Arako_kannon3  利家誕生以前に建てられたと言う多宝塔は、名古屋市最古の木造建築物で、国の重要文化財に指定されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

梅雨間を涼しげに

 6月の20日過ぎにあおなみ線に乗って、名古屋市港区にある荒子川公園に行ってきました。

 ここのラベンダー畑は有名なのですよ。
 来るのがちょっと遅かったですね~。
 ほとんど刈り取られ、残っているのはごくわずか。

201206235 201206234

 それでもこんな感じにきれいに咲いておりました。

201206238 201206239

 せっかく来たので一周しました。

 手入れが行き届いてなかなかきれいな公園です。
 こんな公園が近くにあったら、毎日散歩に行きたいですね。

 公園入口にあるゆり。
 あざやかな色でしょう!!

201206231  駅前にあったブッドレア。
 この花には蝶がいっぱい来るのですよ。。。

201206237  花穂が長くてりっぱです。

 隣にあったあじさい。

201206236  病気にもならず葉がきれいです。

 こちらはガーデンプラザ近くにあったあじさい。

201206232 201206233

 「アナベル」と言う名前だったかな。。。
 白くて清楚で気品があるあじさいです。

 このあじさいは今のうちに切り取ってドライフラワーにするそうです。

 子どもの頃は「あじさいなんて・・・」と思ってましたが、今では種類も増えましたね。
 庭造りにかかせない花になりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »