« 奔小から旧旧幾小を歩く | トップページ | 幾春別駅裏から滝見町を歩く »

2012年5月18日 (金)

月見坂は今でも健在です

Photo  上川端町から見た月見坂、立抗方面です。
 この坂が奔別の入口でした。
 この奥にあふれんばかりの人が住んでいたなんて。。。「兵どもが夢の跡」です。

Photo_2 Photo_3

 左の写真が下り、右の写真が上り。
 右の写真の二股に分かれている左方向に行くと、ボタ山があったところに出ます。現在は通行止めです。

Photo_4 2

 坂道の途中から見た丘の上は奔小があったところ。
 この道だけ当時の面影が残っています。

Ponbetu  月見坂から見た立抗。
 ご覧のように廻りはきれいに整備されています。
 去年手前にあった長屋(事務所跡?)を壊したとき、周りもきれいに整備されたのかもしれません。

Photo_12  月見坂から立抗に下りる道路ですが、盛り土されて道がなくなっています。
  長屋(事務所?)があったところも地が高くなっていました。
 どんどん地形が変わって行きます。

P1020910

 坂の途中から奔小に上がっていく道も、よくわからなくなりました。

P1020570  坂の登り口、カーブするところにある鳥居です。
 この鳥居、昔からあったかは私は全然覚えていません。(この写真は去年11月に撮りました。)

P1020914 P1020921

 立抗裏側から奔小方面を見たところ。
 寂しいくらい何も残っていません。

Photo_9  

 こちらはNPOが1年間の賃借契約を無償に近い形で結び、来春から公開するという選炭施設です。その後どうなったのでしょう。。。

Photo_10  施設入口から幾春別方向(駅があった方向)を見たところです。閑散としています。

Photo_11  月見坂に上がる角にある赤い屋根の家はまだ健在です。

 次回は駅裏、滝見町方面です。

|

« 奔小から旧旧幾小を歩く | トップページ | 幾春別駅裏から滝見町を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

寂しい!淋しい!急速過疎化が進んで観るのも偲びないです。下の地蔵堂は無いね。赤い屋根の入口は頑張ってるね。坂の舗装もアスファルトで無く、コンクリート製だったと思います。掘り割りから幾春別の街を見下ろした、眼下の風景は何度も夢に出てきます。

投稿: shishi | 2012年5月18日 (金) 09時51分

ししさんへ

「下の地蔵堂」って坂登り口、カーブするところにある鳥居?

ならあります!あります!

去年行ってきた時に撮った写真がありますので、ブログ中に追加しておきます。

投稿: はな | 2012年5月18日 (金) 10時30分

こんばんは。
月見坂の道幅は記憶通りです。
冬に道路がガチガチに凍って、スケートで滑って遊んでいたのでました。
ちょうどいい坂の勾配だったんですよ。

奔小への近道を利用したので、上川端のほうは良く覚えてません。

幾春別の町へ出る坂だったのでとても懐かしいです。
街並みは記憶から消えちゃいました。
覚えていたんだけど、思い出せません。

思い出すのは幾春別駅とながやすとラーメンを食べた食堂ぐらいです。

投稿: hokepie | 2012年5月18日 (金) 20時03分

hokepieさんへ

私も奔小から立抗に下りる坂道、良く使っていましたよ。
父を立抗まで送って行くとき、父のお弁当を持ってよく通りました。
懐かしいです。

また月見坂の下のカーブするあたりに、転校当時、担任だった先生の妹さんが住んでいて勉強を教えてもらっていました。
当時小3で埼玉県から転校してきたのですが、教科書が全然違ってわからないのです。
それで担任の先生の妹さんが家庭教師してくださいました。
ここに行くときはこの坂道を下っていきましたよ。
今はどうしているかなぁ。。。

投稿: はな | 2012年5月18日 (金) 20時33分

懐かしいです。
私も奔別小学校・幾春別中学校・三笠高校の卒業生です。
すっかり忘れてしまっています。
現在、長崎に住んで40年になりました。
これからも楽しみにしています。

投稿: 末次朱實 | 2012年5月19日 (土) 11時46分

末次さん 初めまして。

長崎からの投稿ですか!?
ありがとうございます。

奔別は年々原生林と化しています。
あと10年もすれば、わからなくなるかもしれません。
私はこの5年間毎年行っているのですが、行くたびに何か1つずつなくなっていくようなそんな気がします。
でも新発見もあるんですけどね。

あれだけのたくさんの人はどこに行っちゃったのでしょうね。
建物が残っていたりすればまだ思いもあるのですが、な~んにもないのはそのギャップが大きすぎてア然としてしまいます。

奔別にいた頃のことを思い出していただければ幸いです。

コメント、ありがとうございました。

投稿: はな | 2012年5月19日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/45294240

この記事へのトラックバック一覧です: 月見坂は今でも健在です:

« 奔小から旧旧幾小を歩く | トップページ | 幾春別駅裏から滝見町を歩く »