« 遠い昔の川沿町を歩く | トップページ | 下川端町から上川端町を歩く »

2012年5月15日 (火)

鳥居沢から下川端を歩く

Photo  ここは映画館があったあたりから本沢方向を見ています。現在の道路から降りていく道があるので、昔あった道だと思います。この右手を見ると、なんと!発見!!

Photo_2  砂防が見えるのです。
 昭和52年の地図からもわかるように、この砂防の横に映画館があったのでこの位置が映画館があったところだと思います。

Photo_3  川沿町方向を見ると、なんと!排水溝が見えます。これも新発見!!この時期に来ないとわからないものです。この排水溝はどこまで続いているのでしょう・・・興味がある。。。

Photo_4  道路を挟んで反対側のたぶん病院跡地あたり。左の道を行くと、

Photo_5  盆踊りなどをした広場に続きます。現在は露天坑会社の何かの物置き場になっています。ちょっとズームで川端町の三叉路の方を・・・

Photo_6  こんな感じでトラックが頻繁に往来しているのです。この道は通れません。

Photo_7 2

 右の写真の道路の左手は日本商事ストアがあったあたりだと思います。
 この先に露天坑の会社があります。トラックやブルトーザーが行き来しているのですが、とりあえず車で入っていきました。
 ちょうどこの会社の監督さんらしい人が出てきたので、「先に行かせて下さい。」とお願いしたら、「トラックの往来が激しいから・・・」と最初は断られてしまったのですが、ちょうどブルトーザーに乗った年配の人が来て、愛知県から見に来たと言ったら、「いいっしょ!大丈夫だべさ。」と許可してもらいました。とてもラッキーです!
 丁重にお礼を行って先に進みます。

Photo_8 Photo_9

 左はプールがあった辺り、右はそのプールあたりから生協があったあたりを見ています。道が左にカーブする右手に生協がありました。

Photo_10  ここがその生協の跡地。建物が建っていた感じで木が若い。そしてまたまた発見!!

Photo_11  上の写真の左側に建っていたのです。
 何の碑なのかわかりません。私がいた頃あったのでしょうけど覚えは全然ありません。ししさん、わかりますか?

Photo_12  その生協から三叉路(上川端)方面を見たところ。電柱についている看板は昔の名残でしょうね・・・何が書いてあるかわかりませんでした。

Photo_13 2_2

 ちょっと先に進んでみました。
 左の写真はプール方向、鳥居沢方面、右の写真の丘の上は旭町です。

 この先三叉路から上川端を通って奔別小学校、幾春別小学校へ行きます。

|

« 遠い昔の川沿町を歩く | トップページ | 下川端町から上川端町を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
またまた来られてたんですね!
映画館から本沢方面の写真の道は多分私の家があった中の沢への通学路だと思います、懐かしいな~。
何度か月見坂を昇って、三叉路から中の沢方面に行ってみようとして立ち入り禁止ゲートに阻まれていたんですが、川沿町の方から奔別川沿い回りこんで行くと行けるのかな?もう一度中の沢に架かっていた橋の所まで行きたいと思っていました。

投稿: にゃん | 2012年5月15日 (火) 08時25分

にゃんさんへ

そうなんです。またまた行ったのです。
飽きもせずに・・・
ここまで来るとプチマニアですcoldsweats01

幾春別博物館先から奔別川に沿って、本沢方面に行ける新しい道路があります。(奔別ダムを作る道路かと)
その途中にこの場所があります。
この先を歩いて行くと、たぶん中ノ沢から流れてくる沢があるのじゃないかと・・・
そして、奔別川の対岸に続く橋げたも残っているのじゃないかと・・・
そう思って今回は歩いて行けそうだったのですが、なんせパンプス、無理でございます。
断念しました。
月見坂上のゲートは閉まっていなかったのですが、反対側からなら入れそうです。

投稿: はな | 2012年5月15日 (火) 08時38分

碑の説明をさせて下さい。写真を拡大して読ませて貰いました。大正二年八月十五日建立「馬頭観音」と読めました。昔は馬の力を借りて荷を運ぶ事が多くて、私が新町から奔別小学校へ通った頃馬車や馬橇が輸送の主役でしたよ。戦争の軍馬の悲しい話も聞きましたよ。懺悔の気持ちと感謝の心をお祭りした石碑でしょう。旭町の登り口にあったように思います。馬頭観音は日本各地に存在しますね。馬肉(さくらにく)は、食肉の主役の時代の話ですが?

投稿: しし様 | 2012年5月15日 (火) 12時16分

懐かしい文字から連想するまま書かせて頂きます。
※日本商事(名称は配給所)/何故なら、衣料食糧統制により/衣料切符食糧切符が家族構成に応じて配られ、配給される場所でしたから、米穀通帳で米も割当配給されました。※映画館(奔別会館)/各種集会、労働組合の大会もメーデー集会も。中村錦之助、片岡千恵蔵、山本富士子が大好きでした。※旭町(旭ヶ丘)/住んで居ました。世話所(見張り)/町毎の相談所、朝鮮から石炭掘の労働力として連れて来られ又、流れ者も多かった時代の古い話です。親分子分も、一山一家の絆の重視された時代懸った話でした。

投稿: shigenobu | 2012年5月15日 (火) 19時45分

ししさんへ

大正2年と書いてありますね。
と言うことは奔別は大正2年にはあったと言うことですよね。
歴史がありますね。
私はこの碑、覚えが全然ありません。
あったことも知らなかったです。
と言うことは、この辺りから旭町へ上って行く道があったのですね。
道らしき道はあったかな・・・
よく見てきませんでした。

日本商事ストアも映画館も回数は行ったことなかったのですが、日本商事ストアは天井が高くて倉庫っぽい印象があります。
映画館には客席が段差があって勾配があったような記憶があります。
それもみんな跡形もなくなくなっているのですから、寂しいことですね。

旭町の記憶は全然ありません。
あの場所に家が建っていたなんて全く知りませんでした。
今行くとたいした広くないところですが、なんせ子ども目線、月見坂も鳥居沢もとても長く遠くに感じました。

投稿: はな | 2012年5月15日 (火) 20時32分

※爺のたわ言を掲載下さり感謝してます。補足させて!「馬頭観世音菩薩」の「馬頭観世音」まで読めます。俗称が馬頭観音です。石炭は鉱脈に沿って掘り進みます。初期の奔別は、本沢町の更に奥の谷間の露天堀から始まり、鉱口(入鉱口)も変わって行きました。旭丘に鉱口が有った事
も高台に名残が有ります。碑も生協の右側の川や橋のたもとにあったような?

投稿: しし | 2012年5月16日 (水) 06時51分

ししさんへ

本沢あたりに坑口があったのは、他の方のブログを見て知っています。
幾春別坑も現在の博物館より奥にあったと聞いています。
中ノ沢、本沢辺りには貴重な碑が今でも残っているのでしょうね。
この時期に行けばわかるかも・・・
スニーカーを履いていかなかったのが残念です。
コメント、ありがとうございます。

投稿: はな | 2012年5月16日 (水) 07時23分

映画館は正月になると行きました。
東映の時代劇が多くて、片岡千恵蔵・市川歌右衛門・大川橋蔵・中村錦之介・東千代之介の時代ですね。
青空千夜一夜の漫才を覚えてますよ。
天津羽衣の浪曲も…(割と記憶がよみがえってきたみたい(笑))

夏は昼間30℃超えたのでよくプールへ行きました。
25m×10mだと思います。
10mを泳いでました。
25mはおっかなかったからね。
飛び込みの下は深くて溺れそうだったからね。緑の苔の生えたプールでした。

配給所はオヤジの焼酎をよく買いに行かされました。

馬頭観音は全く覚えがありません。

投稿: hokepie | 2012年5月16日 (水) 14時36分

映画館はあまり行かなかったのですが、
「高原のお嬢さん」の映画を見に行ったのは覚えています。
その後、避暑地の高原に非常に憧れました。
壊される前に一度見たかったです。

プールはコンクリートの黒くて底の見えない深いプールでした。
友達の弟さんが亡くなってからは行かなかったと思います。
(その理由もあるのですが、この頃愛知に引っ越したから)
脱衣場なんてなかったように思いますけど・・・

投稿: はな | 2012年5月16日 (水) 19時58分

hokepieさんの話はその通りで、屋根なしで外と内との区別がハッキリしなくて泥足で?私は曙町の後は新町に移り遠くなったので、代わりに滝見町の魚染の滝の下で泳ぎました。北炭幾春別鉱の選炭場で洗炭した黒い水が混じった幾春別川でしたが、皆で平気で潜って泳ぎましたよ。今考えたら恐ろしく成りますよ。桂沢の林間学校近くへも芋と鍋を下げて森林鉄道の線路を伝って泳ぎに行き、夕方迄帰りませんでした。魚染の滝は、カヤツクの練習場として有名らしいですね。

投稿: shishi | 2012年5月17日 (木) 20時02分

ししさんへ

「魚染の滝の下」?ですか・・・
近々滝見町をブログに載せようと思っているのですが、滝らしいものを写真に撮ったのです。
これかな。。。
滝見町には行ったことがなかったので、今回が初めてです。

幾春別川のスラロームのカヤックは桂沢のスキー場の下あたりでしているんじゃないですか?

投稿: はな | 2012年5月18日 (金) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/45258300

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居沢から下川端を歩く:

« 遠い昔の川沿町を歩く | トップページ | 下川端町から上川端町を歩く »