« 幾春別駅裏から滝見町を歩く | トップページ | 今年の三笠から唐松を歩く »

2012年5月20日 (日)

幾春別の町はひっそりと

Photo  Photo_2

 幾春別町中から。
 左は桂沢方面。右は新町、弥生方面。
 左の写真の道路標識を左に折れると、奔別に行く道に続きます。右に折れると、駅があったところに行きます。

2 3

 幾春別から錦町へ続く道。
 右の写真の上がりきったところに赤い塾の先生のお宅に行きます。
 みなさんこの道を通って、山手町方面から中学校に通ったのでしょうか・・・

Photo_3  街中にある幾春別神社。
 桜が満開でとてもきれいでした。いい時期に来てラッキーです!

Photo_4  人気の蕎麦屋さんから見た立抗。
 今日も市外から訪れた車でいっぱいです。

Photo_5 Photo_6

 こちらは中島住宅から見た立抗。
 この住宅は私がいたときからあるような気がするのだけど・・・そんな古くない。
 建て替えているのかもしれません。

Photo_7  2年前に行った旧幾春別小学校跡。
 解体されずまだ残っています。

Shinmachi_pano

 ちょっとぶれているのですが、国道から新町方面に行く道。
 この道を行くと旧幾春別小学校へ続きます。
 ちょうど弥生墓地の山挟んで反対側です。
 右側に壊れた家がありました。

P1020962  上の位置から見た海容寺、本間病院方向です。
 その向こうが奔別の町です。

 


 

|

« 幾春別駅裏から滝見町を歩く | トップページ | 今年の三笠から唐松を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

朧で夢心地なタイトルバックは、錦町の高台から竪坑を?叙情的で桜のピンクもいいねー。赤い屋根は観敬寺かな?神社の階段は完璧に有るね。ヤマのお祭は山神祭と言ってこの神社通りは露店が一杯で賑やかだったね。旧幾小は新町後に出来て間もなく廃校だから、急速に人が減ったんだー。校舎の山の突き当たりに我が家が在りました。幾中の邦梅園まってまーす。

投稿: shishi | 2012年5月20日 (日) 09時33分

一枚目は、空知信金と山口履物店の交差点の様ですよね?
右に曲がって尾崎回春堂から桂沢湖でしたが、旧線路に沿って新道が走っているように、大雑把な地図で想像してましたが?国道から新町方面の道の山沿いの通りは幾中への通学路でした。お墓を朝夕見て通りました。

投稿: 4410sos | 2012年5月20日 (日) 11時22分

ししさんへ

テンプレートの写真、私も気に入ってます。
パノラマで撮らなかったのが残念だったなって思います。
赤い屋根の家はお寺かも知れませんね。
そういえばお寺がありました。

新町の写真撮りながら、「ししさん、この辺住んでいたんだなぁ・・」と思いました。
新しい家がポツポツ建っています。

今回は山手、幾中方面は行きませんでした。
すみません。
それでも車ですぐ回れちゃうのですから、幾春別の町は小さな町です。

投稿: はな | 2012年5月20日 (日) 19時46分

こんにちは。
幾春別のことの想い出が薄れてきてます。
町の様子と道順なんか覚えていたはずなんだけど…。
何十年も誰にも話さなかったしね…。
しょうがないよね。

投稿: hokepie | 2012年5月22日 (火) 15時31分

hokepieさんへ

私も幾春別の町のことはほとんど知りません。
覚えていると言ったら、駅と本間病院と山手に行く石の橋と人道橋、探検に行った病院ぐらいです。
みなさんに教えてもらって、「そういえば・・・」と思います。
少しでも思い出したらうれしいですよね。

投稿: はな | 2012年5月22日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/45305192

この記事へのトラックバック一覧です: 幾春別の町はひっそりと:

« 幾春別駅裏から滝見町を歩く | トップページ | 今年の三笠から唐松を歩く »