« 鳥居沢から下川端を歩く | トップページ | 奔小から旧旧幾小を歩く »

2012年5月16日 (水)

下川端町から上川端町を歩く

Photo  こちらは川端町から鳥居沢方面を見た三叉路です。
 雰囲気が数年前に来た時と違っています。たぶん土地がならされて平地化した感じです。

Photo_2  三叉路から川沿町に下りていく道も、つぶされてご覧のようになくなっております。

 なんか寂しいなぁ。。。

Photo_3  小学校方向を見たところ。

Photo_4  上の写真の右側。こちらが友達がいたところですね。

Photo_6   こちらは川沿町上、ロータリーのところの上川端町です。
 去年はここから川沿町に下りていく道に行けたのですが、今回はトラックが出入りしているので無理です。

 上川端町のロータリーから見た360℃。

Photo_7 Photo_8

 左の写真はロータリーから月見坂を見たところ。右の写真は右に折れたら小学校へ行く道です。

Photo_9 Photo_10

 左の写真は三叉路、鳥居沢方面に行く道。右の写真は旭町に上って行く坂道です。
 その旭町。

Photo_11 2

Photo_12  何やら廃屋が残っています。
 毎年見ていたけど木の葉がない分、はっきり見えます。
 炭坑本部の施設跡ですか?
 貴重な遺産のように思いますが、これもいつかなくなるのかも。。。

 次回は奔別小学校から旧旧幾春別小学校あたりです。

|

« 鳥居沢から下川端を歩く | トップページ | 奔小から旧旧幾小を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

待望の地、遂に旭町へ登ってくれましたね。感激!「登り口が懐かしいよ」何やら廃屋!ここは、竪坑が出来る以前の鉱口ですから巨大な巻き上げ機、人車にのって安全灯(キヤップランプ?ヘットライト?)被って行きました。変電所!炭鉱の統括事務所。集会所が有り、事故が起きると此処へ家族が沢山集まって来ました。此処への裏街道が生協から旭町へ続いていました。太陽が真っ先に拝める高台の旭ヶ丘町でした。

投稿: shishi | 2012年5月16日 (水) 08時50分

夢の中にこの三叉路がよく出てきました。
鳥居沢、中の沢、本沢方面に行くのに右から行ったり左からいったりしてたもんね。

中ノ沢あたりかなぁ、体育の授業のスキーで裏山に行きました。

冬じゃないけど、こっちのほうの山に行って漆にかぶれて、足に包帯まいて水ぶくれができてかゆかったのを思い出しました。

投稿: hokepie | 2012年5月16日 (水) 14時42分

ししさんへ

いえ、坂の上には行ってません。
柵があって通行止めです。
写真は下のロータリーから撮りました。
きっと上には関係物がたくさん残っているのかもしれません。
こうしてまだ残っているのは貴重ですよね。
いつまでも残してほしいと思います。

投稿: はな | 2012年5月16日 (水) 19時50分

hokepieさんへ

私も他の方のブログでこの三叉路を見たときは衝撃的でした。
そしたらいろいろなことがよみがえって・・・
ここにたくさん家が建っていましたよね。
とても懐かしいです。

投稿: はな | 2012年5月16日 (水) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/45263789

この記事へのトラックバック一覧です: 下川端町から上川端町を歩く:

« 鳥居沢から下川端を歩く | トップページ | 奔小から旧旧幾小を歩く »