« ちょっと寄り道 | トップページ | 華やかな花展で息抜き »

2012年5月24日 (木)

新東名に乗って浜松一周

 先日開通した新東名高速道路。
 新東名にのって二俣町まで行ってきました。

P1030014   あまり車が通っていません。
  道は新しいので快適です。
  でもこの道路、東海環状自動車道に雰囲気が似ています。

P1030015  こちらは浜松SA。上りは平日なのに混んでいました。

Hamamatsu_sa   SAから見た景色はこんな感じです。
  浜北区大平地内だそうです。山の上に風車が見えます。拡大するとこんな感じ。

P1030020  山は三岳山と言うそうです。

 浜松浜北で下りて北上。

 鹿島橋を渡ったところにある筏問屋田代家。

P1030025  天竜川の筏受け継ぎ問屋を経営したという名主です。
 土・日のみ開館だそうで今日は閉まっておりました。残念!

 気を取りなおして二股町へ。

P1030026  こちらは町中にある本田宗一郎ものづくり伝承館。
 あの世界の『HONDA』さんですよ!
 その本田さんがなんでここにあるのかと思いきや・・・現在の浜松市天竜区出身だそうです。
 館内には昔のバイクが展示されておりました。
 そしてこの建物は旧二俣町役場の庁舎だそうです。有形文化財だそうですよ。

P1030029 P1030027

 こちらは二俣城址。
 北曲輪には旭ヶ丘神社と言う近代的な名前の神社が建っておりました。

P1030030  天守台から見た天竜川は木に覆われて何も見えませ~ん。
 木がなかったらすばらしい景色だろうね~!

 その後、町中をぐるぐる廻り1つ発見したのですが、な~んと!!ここには徳川信康の廟所があるのですよ!それも本田宗一郎伝承館の近くに!

 信康とその母が武田と通じていたことを理由に、信長が家康に信康を切腹させるように命じたという例の事件です。1579年9月15日、家康はこの二俣城で信康を切腹させたのだそうだ。

 二俣城で切腹させたなんて知らなかったよ~!!

 その後、南下して浜松から舘山寺へ。
 三方原はすごい新興住宅地になったね~!

 舘山寺のこのお店で天ぷらそばをいただきました。

P1030034 P1030033

P1030035  浜名湖大橋を通って1号線へ。
 右手奥に見えるのはエクシブ浜名湖です。
 潮の香りがします。

P1030037  海岸線の道の駅潮見坂でちょっと休憩して、豊川ICより家に帰りました。
 つかれた。。。

|

« ちょっと寄り道 | トップページ | 華やかな花展で息抜き »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

はなさん  はじめまして、
ブログを観させていただいております。
各地にお出かけして、そのあとブログに載せて
いますので 参考にします。
情報を基にして行動しますので宜しく。

小生、飯田出身であります。
現在は徳川家康の生まれたところに在中です。

投稿: 129shinden | 2012年5月24日 (木) 22時47分

129shindenさん 初めまして。

ブログを見てくださり、ありがとうございます。

だいたい車で移動の日帰りの場所です。
それも信長ゆかりの地とか、蕎麦がおいしいところとか・・・
マニアック的なところが多いです。

徳川家康出身地ですか。
同じ愛知県ですね!
飯田もいいところですね。
年に1回は行っております。
ほとんど蕎麦を食べに・・ですが・・・
飯田方面でおいしいところがあったら、
教えてください。

コメントありがとうございます。

投稿: はな | 2012年5月25日 (金) 07時55分

歴史を時々振り返らせてもらってます。
信長らしいですが、家康も苦慮しながらの決断だったでしょうね。

投稿: くらんぽん | 2012年5月26日 (土) 06時24分

くらんぽんさんへ

家康は「鳴くまで待とう」ですが、信長は「殺してしまえ」の激しい気性ですから、冷酷といえば当てはまるかも・・・
それでも部下達が信長に従っていたのは、得るものも大きかったのだと思います。
明日をもわからない世の中なので、情け無用のところもあるだろうけど、こんな過激な性格が天下統一のエネルギーになったのだと思います。

投稿: はな | 2012年5月26日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/45396622

この記事へのトラックバック一覧です: 新東名に乗って浜松一周:

« ちょっと寄り道 | トップページ | 華やかな花展で息抜き »