« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ホカホカ、ホクホクです!

 夕方ワンを散歩していると友達が・・・

20120531  ニンニクをくれました。

 作ったのだそうです。

 今はタマネギとかキャベツ、レタスなんかをいただきますが、ニンニクは初めてです。

 「上手によく作ったね!」と言ったら、挑戦して今年で3年目でこんなりっぱにできたそうですよ~。

 すごい!!

 フライパンで皮をむいてかけらにして、弱火で炒めて食べるとおいしいんだよね~!!

 食べよっと。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

懐かしい曲を聴いた

 久しぶりにGLAYの「カナリヤ」をお店で聞いた。

 ちょっと前まで(と言ってももう10年以上前になってしまったけど)全盛期でしたね。

 前にEXILEとコラボしたようだったけど、最近全然見ないけどどうしているのでしょう・・・

 「グロリアス」とか「However」とかはよく聞いたけど、「カナリヤ」をお店で流しているのは初めてです。

 BELOVED-GLAYの「カナリヤ」。

 あまりにも懐かしくて載せてしまった。。。

 よく聞きました。GLAYの中で一番好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

都会の静けさ 北大植物園

 ここは北海道大学植物園です。
 5月10日の朝に行ったのですが、寒かった!!
 ヒートテックの長袖のTシャツに長袖の服着て、薄手の皮ジャン着て行ったのに寒かった!

P1020979

P1020982 P1020985

 園外はたくさんの車や人が出勤時で行き来しているのに、ここには人がおりません。
 寒いので、こんな早くからいないのは当たり前か・・・

Sapporo_shokubutuen  うぐいすが鳴いているのですよ。。。こんな都会で。。。

P1020988  この花は「シラネアオイ」と言うそうです。

 奥にある北方民族植物標本園でこんな花を発見!!

P1020990  「ベニバナヤマシャクヤク」と言うそうですがこの花、奔別の月見坂に咲いていたのです。
 その写真がこちら。

P1020908  この水色、目立つでしょう?!
 道路わきにたくさん咲いておりました。
 昔こんな花があったか、覚えはありません。
 野生化してるね。

P1020992  こちらは博物館本館でございます。
 ここで発見!

 南極観測隊に同行したタロです。
 南極に取り残されながらジロと生存し、1年後に救出されたワンですね。

 こんなところにいたのですか・・・

 ちなみにジロは上野の国立科学博物館にいるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

こだわりのおいしさ?!

 この間の札幌行きでのお礼と言うことで、親戚から詰め合わせが送られてきました。

Sato_suisan  佐藤水産の詰め合わせなのですが、中身は酒の肴ですね~。

  お酒は飲まないので、ご飯のお供にいただきます。

 他にもかまぼことか、サーモンチーズロールなどが入っていましたが、おいしそうなものは子供がちゃっかり先にいただいてしまいましたです。

 北のおいしいグルメ、いただきま~す!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

華やかな花展で息抜き

 先週の土曜日、名古屋栄の松坂屋で行われている花展に行ってきました。

P1020998 P1030002

 友達が師範で毎回こういう展示会のチケットをくれます。
 いつもいっしょに行く友達は今回は用があるというので、三重県の友達と久しぶりに会うことになりました。

P1020999  だいたい草月流のお花をアップしていますが、中には中には違ったお花もありますので、あしからず。。。

P1030003  花展には前期と後期があり、友達のお花は毎回ふられます。今回も前期に展示だったようで見れませんでした。

P1030006 P1030001

 じっくり拝見したかったのですが、すごい人出でゆっくり見れない。。。
 それでも目の保養をしてきましたです。

 その後エンゼルパークでやっていたイベントを見ながらブラブラ。

P1030007  感じが変わったテレビ塔にごあいさつ。
 久しぶりだね~。

P1030008  またここで1つ発見。

 盲導犬サーブの像です。
 こんなところにあったんだね。。。

 サーブが亡くなって24年になるんですか・・・早いです。

 その後お茶をして長話に花を咲かせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

新東名に乗って浜松一周

 先日開通した新東名高速道路。
 新東名にのって二俣町まで行ってきました。

P1030014   あまり車が通っていません。
  道は新しいので快適です。
  でもこの道路、東海環状自動車道に雰囲気が似ています。

P1030015  こちらは浜松SA。上りは平日なのに混んでいました。

Hamamatsu_sa   SAから見た景色はこんな感じです。
  浜北区大平地内だそうです。山の上に風車が見えます。拡大するとこんな感じ。

P1030020  山は三岳山と言うそうです。

 浜松浜北で下りて北上。

 鹿島橋を渡ったところにある筏問屋田代家。

P1030025  天竜川の筏受け継ぎ問屋を経営したという名主です。
 土・日のみ開館だそうで今日は閉まっておりました。残念!

 気を取りなおして二股町へ。

P1030026  こちらは町中にある本田宗一郎ものづくり伝承館。
 あの世界の『HONDA』さんですよ!
 その本田さんがなんでここにあるのかと思いきや・・・現在の浜松市天竜区出身だそうです。
 館内には昔のバイクが展示されておりました。
 そしてこの建物は旧二俣町役場の庁舎だそうです。有形文化財だそうですよ。

P1030029 P1030027

 こちらは二俣城址。
 北曲輪には旭ヶ丘神社と言う近代的な名前の神社が建っておりました。

P1030030  天守台から見た天竜川は木に覆われて何も見えませ~ん。
 木がなかったらすばらしい景色だろうね~!

 その後、町中をぐるぐる廻り1つ発見したのですが、な~んと!!ここには徳川信康の廟所があるのですよ!それも本田宗一郎伝承館の近くに!

 信康とその母が武田と通じていたことを理由に、信長が家康に信康を切腹させるように命じたという例の事件です。1579年9月15日、家康はこの二俣城で信康を切腹させたのだそうだ。

 二俣城で切腹させたなんて知らなかったよ~!!

 その後、南下して浜松から舘山寺へ。
 三方原はすごい新興住宅地になったね~!

 舘山寺のこのお店で天ぷらそばをいただきました。

P1030034 P1030033

P1030035  浜名湖大橋を通って1号線へ。
 右手奥に見えるのはエクシブ浜名湖です。
 潮の香りがします。

P1030037  海岸線の道の駅潮見坂でちょっと休憩して、豊川ICより家に帰りました。
 つかれた。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

ちょっと寄り道

P1020968  江別で高速を下りて、ちょっと寄り道。
 こちらは江別市にある某大学です。
 信号待ちの車の中から撮りました。

P1020970  一度来てみたかったのです。
 中には入れそうですが、時間がなかったので素通りしました。

 若かりし頃、この大学の入試を東京の大学で受けました。
 小田急線沿いの大学でした。

 結果は合格したのですが結局のところ、金沢にある大学に行きました。
 理由は愛知県から遠かったことと、学費が高かったから。
 札幌に親戚がいたのにね~。
 行きたかったですね~。この大学。

 遠い昔のお話です。。。

P1020973  ここにも来たかったのです。
 北海道百年記念塔。
 札幌のテレビ塔からかろうじて見えます。
 高校生の時に来て以来です。
 以前来た時も何もなかったけど、こんな感じだったかなぁ。。。

P1020976
 あたりをゆっくり見る時間がなかったのが残念です。
 今度行った時は歩いてみよう。。。

 この後12号線を南下して、大谷地から月寒ドーム方面に出て市街地に帰りました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

今年の三笠から唐松を歩く

Photo  こちらは三笠高校。
 元北海道(公立)三笠高等学校。現在は三笠市立三笠高等学校で、今年の4月から食物調理科の専門校です。

Photo_2  高校前にある三笠ドーム。
 光景は全然変わっていないのですが、この右側は今年の雪捨場になっていました。
 山のような雪が堆積してます。

Photo_3  清住から唐松にかけてかかる橋。
 幼い頃、吹雪の中を歩いた橋です。
 一度歩いて渡ってみたいです。
 この橋の下は公園になってます。お弁当を食べたい感じのなかなか雰囲気のいい公園です。

Photo_4  上の橋の先はT字路になっていて、右に行くと三笠市方面、左に行くと幾春別方面です。

 昔、この道の左に折れたところの道の上を架動橋のようなものが、上の公園辺りまで架かっていたような記憶があります。
 この辺りも立抗があったのでしょうか・・・

Photo_5  唐松駅跡です。
 誰もおらずひっそりとしていました。

Photo_6 Photo_7

 炭坑遺産でよく冊子に出てくる弥生の赤い家。独特の建物です。
 一度写真に撮ってみたいと思っていました。
 右の写真は弥生から下りてくる坂道の途中で撮りました。

 長々と一週間以上、奔別・幾春別シリーズでアップしましたが、これで終了です。
 ブログに付き合って下さったみなさん、ありがとうございます。

 何回行っても感無量。
 そのとき、そのときで感じるものが違います。
 それが私を奔別に引きつける理由だと思っています。

 札幌から往復155km。
 今回も走ってくれた車と、今年も行くことができた自分に感謝しています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

幾春別の町はひっそりと

Photo  Photo_2

 幾春別町中から。
 左は桂沢方面。右は新町、弥生方面。
 左の写真の道路標識を左に折れると、奔別に行く道に続きます。右に折れると、駅があったところに行きます。

2 3

 幾春別から錦町へ続く道。
 右の写真の上がりきったところに赤い塾の先生のお宅に行きます。
 みなさんこの道を通って、山手町方面から中学校に通ったのでしょうか・・・

Photo_3  街中にある幾春別神社。
 桜が満開でとてもきれいでした。いい時期に来てラッキーです!

Photo_4  人気の蕎麦屋さんから見た立抗。
 今日も市外から訪れた車でいっぱいです。

Photo_5 Photo_6

 こちらは中島住宅から見た立抗。
 この住宅は私がいたときからあるような気がするのだけど・・・そんな古くない。
 建て替えているのかもしれません。

Photo_7  2年前に行った旧幾春別小学校跡。
 解体されずまだ残っています。

Shinmachi_pano

 ちょっとぶれているのですが、国道から新町方面に行く道。
 この道を行くと旧幾春別小学校へ続きます。
 ちょうど弥生墓地の山挟んで反対側です。
 右側に壊れた家がありました。

P1020962  上の位置から見た海容寺、本間病院方向です。
 その向こうが奔別の町です。

 


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

幾春別駅裏から滝見町を歩く

2_2 Photo_13

 現在バスの駐停車場となっているところが昔幾春別駅があったところです。
 一角にひっそりとこのような碑が建っております。

Photo_14 現在の駅裏はご覧のように家がまばらに建っているだけ。

 昔の面影はありません。

Zindouhashi_pano  こちらが線路を渡る人道橋があったといわれているところ。(左側の道路)
 正面の緑の平地が線路だったようです。
 線路が回収されてもしばらくの間、橋は残っていたようです。

Photo_15  山手方面にかかる橋。
 この橋は去年見つけたのですが、昔通った覚えがあります。
 橋の左奥が山手町です。
  この橋の手前に住んでいる人から話を聞きました。昭和18年生まれの方で、川沿町の二軒長屋に住んでいたそうです。
 毎年来ていることを話すと、「また来たら寄ってね。」と言ってくれました。うれしいです。

Photo_16  山手側から見た幾春別の駅方向。

Photo_17 Photo_18

 左の写真は橋から見た桂沢方面。右は三笠方面。
 雪解けの水で川があふれそうです。

Photo_19  川向町から見た橋の遠望。

Photo_20  川向町の公営住宅。
 現在、この裏側は広大な梅林になっています。

 Takimi_pano  駅裏あたりにある滝見町。
 このあたり川が蛇行していて、段差になっています。
 だから滝見町って言うのかな・・・

3 Photo_22

 左の写真は駅裏方面、山手方面を見たところ。
 右の写真は立抗方面を見たところ。

 この滝見町は初めて来ました。
 鳥居沢に住んでいた同級生が、閉山で一家が神奈川県に引っ越され、本人だけが滝見町に住んでいる親戚の家に残って下宿をし、三笠高校を卒業しました。
 高校では野球部でした。
 三笠高校は甲子園出場経験があって、それにあこがれたそうです。
 こんなところに住んでいたんだね。。。

 次回は幾春別町中です。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

月見坂は今でも健在です

Photo  上川端町から見た月見坂、立抗方面です。
 この坂が奔別の入口でした。
 この奥にあふれんばかりの人が住んでいたなんて。。。「兵どもが夢の跡」です。

Photo_2 Photo_3

 左の写真が下り、右の写真が上り。
 右の写真の二股に分かれている左方向に行くと、ボタ山があったところに出ます。現在は通行止めです。

Photo_4 2

 坂道の途中から見た丘の上は奔小があったところ。
 この道だけ当時の面影が残っています。

Ponbetu  月見坂から見た立抗。
 ご覧のように廻りはきれいに整備されています。
 去年手前にあった長屋(事務所跡?)を壊したとき、周りもきれいに整備されたのかもしれません。

Photo_12  月見坂から立抗に下りる道路ですが、盛り土されて道がなくなっています。
  長屋(事務所?)があったところも地が高くなっていました。
 どんどん地形が変わって行きます。

P1020910

 坂の途中から奔小に上がっていく道も、よくわからなくなりました。

P1020570  坂の登り口、カーブするところにある鳥居です。
 この鳥居、昔からあったかは私は全然覚えていません。(この写真は去年11月に撮りました。)

P1020914 P1020921

 立抗裏側から奔小方面を見たところ。
 寂しいくらい何も残っていません。

Photo_9  

 こちらはNPOが1年間の賃借契約を無償に近い形で結び、来春から公開するという選炭施設です。その後どうなったのでしょう。。。

Photo_10  施設入口から幾春別方向(駅があった方向)を見たところです。閑散としています。

Photo_11  月見坂に上がる角にある赤い屋根の家はまだ健在です。

 次回は駅裏、滝見町方面です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

奔小から旧旧幾小を歩く

Panorama  奔別小学校跡地です。
 何とも言えない気分ですが、気を取りなおして前に進みます。

Photo_2  小学校から本沢方面を見たところ。
 木に覆われて何にも見えません。

Photo_3  こちらは小学校から上川端のロータリーに下りる道です。

2 Photo_4

 幾春別小学校へ続く道と、道から見下ろした立抗です。
 今年は雪が多かったのですね~。木の枝が折れて道をふさぎます。
 でもこの辺りは山菜取りに来ている人がいるのですね~。何台かの車に合いました。

Photo_5 Photo_6

 左の写真は振り返って奔小側を・・・
 そして右側の写真が旧旧幾春別小学校跡地です。
 ここは奔小より木の生え方が少ない平地です。

Photo_7  学校の先生達が住んでいたという錦町に上がっていく道です。
 笹に覆われていますが、はっきりわかります。

2_2 Photo_8

 そして非常にショックな壊れた廃屋。
 左が文房具店。右はその奥にあった赤い家。
 去年11月に来た時は顕在だったのに。。。今年の雪に耐えられなかった・・・というような壊れ方です。
 また1つ、なくなっちゃいましたね~。

Photo_9  幾春別市街地から坂を上ったところにある塾の先生のお宅だったという家。
 去年より薄汚れてひっそりとしていました。

 次回は月見坂です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

下川端町から上川端町を歩く

Photo  こちらは川端町から鳥居沢方面を見た三叉路です。
 雰囲気が数年前に来た時と違っています。たぶん土地がならされて平地化した感じです。

Photo_2  三叉路から川沿町に下りていく道も、つぶされてご覧のようになくなっております。

 なんか寂しいなぁ。。。

Photo_3  小学校方向を見たところ。

Photo_4  上の写真の右側。こちらが友達がいたところですね。

Photo_6   こちらは川沿町上、ロータリーのところの上川端町です。
 去年はここから川沿町に下りていく道に行けたのですが、今回はトラックが出入りしているので無理です。

 上川端町のロータリーから見た360℃。

Photo_7 Photo_8

 左の写真はロータリーから月見坂を見たところ。右の写真は右に折れたら小学校へ行く道です。

Photo_9 Photo_10

 左の写真は三叉路、鳥居沢方面に行く道。右の写真は旭町に上って行く坂道です。
 その旭町。

Photo_11 2

Photo_12  何やら廃屋が残っています。
 毎年見ていたけど木の葉がない分、はっきり見えます。
 炭坑本部の施設跡ですか?
 貴重な遺産のように思いますが、これもいつかなくなるのかも。。。

 次回は奔別小学校から旧旧幾春別小学校あたりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

鳥居沢から下川端を歩く

Photo  ここは映画館があったあたりから本沢方向を見ています。現在の道路から降りていく道があるので、昔あった道だと思います。この右手を見ると、なんと!発見!!

Photo_2  砂防が見えるのです。
 昭和52年の地図からもわかるように、この砂防の横に映画館があったのでこの位置が映画館があったところだと思います。

Photo_3  川沿町方向を見ると、なんと!排水溝が見えます。これも新発見!!この時期に来ないとわからないものです。この排水溝はどこまで続いているのでしょう・・・興味がある。。。

Photo_4  道路を挟んで反対側のたぶん病院跡地あたり。左の道を行くと、

Photo_5  盆踊りなどをした広場に続きます。現在は露天坑会社の何かの物置き場になっています。ちょっとズームで川端町の三叉路の方を・・・

Photo_6  こんな感じでトラックが頻繁に往来しているのです。この道は通れません。

Photo_7 2

 右の写真の道路の左手は日本商事ストアがあったあたりだと思います。
 この先に露天坑の会社があります。トラックやブルトーザーが行き来しているのですが、とりあえず車で入っていきました。
 ちょうどこの会社の監督さんらしい人が出てきたので、「先に行かせて下さい。」とお願いしたら、「トラックの往来が激しいから・・・」と最初は断られてしまったのですが、ちょうどブルトーザーに乗った年配の人が来て、愛知県から見に来たと言ったら、「いいっしょ!大丈夫だべさ。」と許可してもらいました。とてもラッキーです!
 丁重にお礼を行って先に進みます。

Photo_8 Photo_9

 左はプールがあった辺り、右はそのプールあたりから生協があったあたりを見ています。道が左にカーブする右手に生協がありました。

Photo_10  ここがその生協の跡地。建物が建っていた感じで木が若い。そしてまたまた発見!!

Photo_11  上の写真の左側に建っていたのです。
 何の碑なのかわかりません。私がいた頃あったのでしょうけど覚えは全然ありません。ししさん、わかりますか?

Photo_12  その生協から三叉路(上川端)方面を見たところ。電柱についている看板は昔の名残でしょうね・・・何が書いてあるかわかりませんでした。

Photo_13 2_2

 ちょっと先に進んでみました。
 左の写真はプール方向、鳥居沢方面、右の写真の丘の上は旭町です。

 この先三叉路から上川端を通って奔別小学校、幾春別小学校へ行きます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

遠い昔の川沿町を歩く

 こちらはその川沿桂町に続く橋げたです。

Photo  今回は草木がまだ大きくなっていないので、はっきりわかります。そしてこちらはこの橋の左側にあった集会所?お風呂跡地あたりです。

Photo_2  地形の起伏もはっきりわかるのだけど、果たしてこんな感じだったのか・・・記憶にありません。

Photo_3  そして橋の反対側がこちら、川沿町の坂道でございます。

2 3

 土が押し流されたようになっていて、道がつぶれたような感じです。
 実はこの坂道の上にトラックが頻繁に出入りしています。この道もトラックの往来が激しいのですよ。
 ですからこの坂道は上っていけません。残念です。

4 5

 川沿町一帯です。
 雪がこうして残っているのです。よくぞこんな寒いところに住んでいたもんだと自分ながらにびっくりしております。

6  こちらは上の写真の奥、川端町の三叉路から降りてきたあたりの川沿町です。じっと見ているとなんとなくなごりがあるような気がする。
 スニーカーを履いていたら入っていけそうな気がする。

Photo_4  坂道から上の小学校方面、上川端町を見たところです。
 想い出はつきません。

 次回は鳥居沢あたりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

奔別橋から川沿町を歩く

 9日に2時ごろまで自由な時間があったので、奔別に行ってきました。

 レンタカーはホテル横にあるのでとても便利です。前日に頼んでおきました。

 ここまで来ると少々マニアです。奔別が私を呼んでいる~coldsweats01

 毎年奔別に行っているのによく飽きないものだと自分でも感心しております。

 8時に札幌を出発したのですが、市内はわりとすんなり走れちゃいました。でも高速は前回より車が多かったかな・・・それもビュンビュンみなさん飛ばしていきます。これじゃ愛知とたいした変わりはありません。

 1時間半ぐらいで奔別に着きました。

 では今回は奔別橋方向から奔別川に沿って川沿町方面からご紹介します。

P1020811  ここは現在の国道から奔別川に沿ってできた道の分岐点あたりです。

 ここから川下に下りていく道があるのですが、(昔の奔別橋方向)に行くのですが、なんと!あちこちに雪が残っているのです。

 この道の先に一軒家があるのですが、そばに

 

P1020812  昔の奔別橋があるのです。

 昔は大きな橋だと思っていたけど、こんな小さな橋だったんですね。

P1020813 P1020814

 橋の上から見た風景。

 左が小学校、川沿町方面。右が桂沢方面。川縁にこんな石が積んでいたなんて覚えはありません。

P1020817 P1020819

 そしてこちらが橋を渡ってみたところの川沿桂町方面。

 見た感じ歩いて行けそうですが、なんせパンプス、無理でございます。

 ね!整子さん、こちら側からなら行けそうです。

P1020822  戻って国道との分岐点あたりです。

 この道が本沢に続く新しい道路です。丘の上はたぶん幾春別小学校があったあたり。

 そしてこの場所は鉄筋の4階建てアパートがあったところだと思います。

P1020823  以前に発見した川沿町から奔別橋に続く道。

 もう木がボウボウに生い茂って車で行くのは無理です。

 歩いてなら行けるかも・・・でも行く人いるのかな・・・

P1020824  本沢に向かう道路を走っていると、奔別川が蛇行したあたりの平地が見えました。

 ここには川のそばまで家が建っていて、台風のとき川が氾濫して家まで水に浸かったのを覚えています。ほんとに川からわずかな高さです。

 そしてこちら。パノラマにしました。

Kawazoe_katura_vew  川沿桂町一帯です。

 左に橋げたが見えるので、たぶんそろばん塾があったあたりぐらいからの遠望です。

 整子さん、いかがですか?

 地形のなごりがわかると思います。

 毎回来ているのに新しいものを見つけるとうれしいです。

 次回は川沿町です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

春うららかな北海道

 突然ですが、5月6日から10日まで札幌に行ってきました。あまり出歩くことはできなかったのですが、時間が空いていたとき市内を歩きました。

201205081 211205082

 かれこれ4年、毎年来ているのですが、春先の北海道はいいですね。空気が澄んでいて街中なのにすがすがしい。吹き渡る風も光って見えるとはまさにこのことを言うんじゃないかなと思えるような日でした。

 ライラックもまだ咲いていませんでしたが、今年は低温だったせいか桜が咲いていました。

 名古屋ではとっくに葉桜です。

201205083 201205084

 毎年あきもせず、同じところばかり歩いています。

 出勤する人たちがたくさん歩いているのですが、いい運動になりますね。歩き方もかなり早いです。

201205085  こちらは北大のメインストリート。

 学生に混じって観光客がたくさん歩いていました。

 この道をず~っと歩きたかったのですが、今回は断念。

201205086  でもポプラ並木だけはしっかり見てまいりました。

 黄緑色の木の葉が芽吹いた頃、なんとも北海道らしい風景です。

201205087 201205088

 こちらは従姉が住んでいる近くにある月寒公園。

 しだれ桜がいい具合に咲いていました。

 こんな公園、家の近くにあったら毎日散歩したいです。

 今回はパンプスを履いて行ったので、足がかなり疲れました。

 結構ハードなスケジュールでホテルに帰るのが、毎回夜の11時頃だったのですが、欲張りな私は時間が空いたらコソコソと歩き回っておりましたです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »