« 半年に一度の不機嫌日 | トップページ | 華やかにロマン漂う邸宅 »

2012年1月14日 (土)

大正ロマン漂う文化のみち

 名古屋市にある「文化のみち」に行ってきました。 

 地下鉄名城線の市役所駅で降りて、市役所本庁舎の横を西に向かっていくと、白壁町一帯から徳川園を「文化のみち」と言います。

 このあたりは江戸時代は武士の屋敷、明治になってから文化交流をする人々の屋敷、大正時代には企業家の屋敷と華やかな歴史的遺産を残しています。

 1  まずはこちら。

 名古屋市市政資料館です。

 大正時代に建てられた赤いレンガ造りのバロック建築は一際重圧感があります。

2  国の重要指定文化財になっています。

 外見だけでも見ごたえがあるのですが、入口を入ると・・・

3  4  いたる所で大理石が使われておりとても豪華です。

 当時は裁判所として使われたそうで、階段や天井のステンドグラスはとても華やかで見ごたえがあります。

 映画やドラマの撮影でも使われているようで、最近では「坂の上の雲」にも使われたそうです。

5  さらに西に行くとあるカトリック主税町教会。

 左の建物は明治時代の礼拝堂だそうです。

 町並み保存地区の伝統的建造物に指定されています。

6  7  上は旧春田鉄次郎邸。下は旧豊田佐助邸。

 あいにく閉館していて入ることはできなかったのですが、以前見学したとき、豊田佐助邸は洋室にトヨタの文字をデザインした鶴の換気口がありました。どちらも伝統的建造物に指定されています。

 このあたりは江戸時代の武家屋敷の佇まいを残した高級料亭もあります。

 数年前に白壁町にある「か茂免」(かもめ) さんに行ったことがありますが、(とても出入りできるお店ではないのですが、仕事関係の接待で行きました。)都心とは思えない静寂さと風雅さ、お料理の豪華さにいたく感動しました。名古屋でも有名な老舗です。 

 そして文化のみちにはかかせないこちら。

8  川上貞奴邸です。

 日本初の女優、川上貞奴と電力王、福沢桃介が暮らした屋敷です。

 詳しくは次回で。。。

|

« 半年に一度の不機嫌日 | トップページ | 華やかにロマン漂う邸宅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

明治時代の建造物は、豪華・奇麗。当時の人々の心意気が感じられますね。
名古屋といえば、”動物園と広い道路とトヨタ自動車”が印象に残っていますが、スケート王国でもあり、歴史を残せる文化都市であり、少しづつですが、(今頃ですが)認識が変わります・

投稿: くらんぽん | 2012年1月16日 (月) 05時16分

くらんぽんさんへ

「名古屋」と言えば「エビフライ」と、私なんかはすぐ食べ物を思い浮かべてしまうのですが、名古屋もなかなかいいところあるんですよ。
時々、ドニチエコ切符(土日祭日、600円です)買って、地下鉄乗り放題であっちこっち行ってます。

投稿: はな | 2012年1月16日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/43739239

この記事へのトラックバック一覧です: 大正ロマン漂う文化のみち:

« 半年に一度の不機嫌日 | トップページ | 華やかにロマン漂う邸宅 »