« 奔別の象徴 月見坂を歩く | トップページ | 札幌市内を歩く »

2011年11月26日 (土)

奔別立抗から本間病院を歩く

P1020579  今回奔別最後のシリーズです。

 おなじみの奔別の入口にある赤い家です。

 今年も元気に健在しています。

 うん、うん。。。

P1020576  立抗の入口に廻ると・・・

 なんと!!手前の長い肌色の家屋(事務所があったとこ?)を解体しています!

 老朽化のためですか・・・それとも新しく何かを建てるとか・・・はぁ。。。

P1020577  奥に見えるのは選炭施設?

 NPOが1年間の賃借契約を無償に近い形で結び、来春から公開するという選炭施設でしょうか?

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/333398.html

 解体せず少しでも残してほしい・・・

 ここで奔別に入って初めて人に会いました。雨も小降りになりました。

P1020578 P1020582

 左の写真はこの立抗の入口から見た山手方向。

 右の写真は今もバスが通っている本間病院方面に向かう道です。

 車も通らない。人もいない。過疎化しています。

P1020584 P1020585

 左の写真の空き地は昔本間病院があったところだと思います。現在はその先のカーブするあたりにある白い建物です。昭和52年に移転したそうです。

 右は旧本間病院前にあった廃屋。なにかお店でもやっていたのかな・・・

P1020586  ここから見た立抗。

 幾春別の町どこからでも立抗は見えますね。

P1020587 P1020588

 習字を習いに行った海容寺。三笠から行くと本間病院手前にあります。

 右は海容寺前から弥生方面を見たところ。

 現在は先で行き止まりとなり、手前を左に曲がって116号線に出ます。

 この頃になって雨が上がりました。奔別地内にいた時には散々降っていたのに・・・なんだったのでしょうね。

 幾春別もそうでしたが、奔別はだれ~もいません。ホントに人に会わなかった。車にも合わなかった。だから黒ネコを見たとき、なぜかホッとしてしまった。時期的なこともあるだろうけど、寂しいね。

 この後三笠の岡山にあるイオンショッピングセンターにより、高速で札幌に帰りました。苗穂に寄り、すすきのでレンタカーを返しホテルへ。その後また札幌市内に出掛けました。

 千歳から5時間半。175km走りました。

 あっという間の半日だったです。

Ponbetu_pano  走ってくれた車に感謝!

 自分の行動力に感謝!

 そして、今年も奔別に行けたことを感謝しています。 

|

« 奔別の象徴 月見坂を歩く | トップページ | 札幌市内を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
炭鉱の建物には1回も行った記憶がありません。
赤い屋根の家も分からないし、選炭場もその周りの様子は殆んど分かりません。
遠くから眺めていただけかも…。
本間病院も海容寺も記憶がありません。
病気も塾も行かなかったしね。

今になって、炭鉱をもっと見ておけばよかったなぁなんて思ってます。

今回ははなさんのお蔭でさらに奔別の別の景色や想い出を頭にインプットすることができました。
ときどき思い出しながら忘れないようにします。

はなさんの行動力と奔別に対する思いに感動しました。

奔別に住んでた人たちは、このブログを見て懐かしく涙ぐんでますよ…そして喜んでます…はなさんほんとにありがとう!!!

投稿: hokepie | 2011年11月26日 (土) 17時21分

hokepieさんへ

赤い屋根の家は、昔、奔別のバスがこの家の角を曲がって月見坂を上っていったのです。
私は覚えていないのですが、お店だったようですよ。

自分のために書いている日記帳のようなものですが、みなさんがいろいろ思い出してくだされば幸いです。
幾春別もどんどん過疎化していくでしょうし、三笠市自体が静まり返っています。
都市に人は集まって、近郊の町はだんだん寂れていくのは、ここだけではないですけどね。

投稿: はな | 2011年11月26日 (土) 19時54分

海容寺の名が出ていたので、一言話したくなりまして!曹洞宗だと?お坊さんの楷書の字は本当に綺麗です。私の父の位牌が手元に有ります。毎朝御飯を上げる度に見てます。海容寺に行く時選炭場の上を通り「ズリ山」の麓を通り、新町へ出て海容寺の裏ブロックの二階建て炭住横の小さな橋を渡ったと思います。写真の海容寺から弥生方面..あの山の裏は弥生墓地・手前に「野本文房具屋さん」「川村自転車屋?」アイスを買ったポストの店?竹下葬儀店?「千住区」と呼ばれた一帯ですが、記憶もボヤケてます。50年前ですからはなさんとズレでたらお許しください。

投稿: hon | 2011年11月30日 (水) 11時45分

honさんへ

海容寺は習字に行ったことしか覚えてないのですが、お寺の納骨堂が新しくなったとき、内部を見せてもらったのを覚えています。
海容寺近辺は全然覚えていないです。

もちろん、弥生墓地も知りません。
弥生墓地は今でも残っていますね。

honさんがいた頃はとても栄えていたのですね。

投稿: はな | 2011年11月30日 (水) 19時52分

大変なつかしく拝見しました。奔別で生れ小学5年生まで鳥居沢にいました。1960年に札幌に移りましたが、まだ立坑も完成しておらず炭鉱が斜陽になる前です。2年ほど前に札幌に出張した際(今は東京です)、岩見沢からレンタカーで行ったのですが、記憶の風景と全く違っており、ウロウロしていたら、「この先は熊が出るから行かないように」と注意され、戻ってきました。ちゃんと行けるんですね。なつかしい写真ありがとうございます。私も行ってみます。

投稿: やまちゃん | 2012年6月 5日 (火) 16時02分

やまちゃんさんへ

月見坂を上って上川端の小学校のロータリーのところにゲートがあり、入れない場合があります。
その奥の三叉路があるところ。
ここの右側方向(映画館方面の昔広場だったところ)、ここにもゲートがあり入れません。
今回5月に行きましたが、鳥居沢にある露天坑の会社のトラックが頻繁に往来してます。
トラックが往来してても、作業の方に一声かければ通してくれます。(たぶん)
奔別橋側から本沢に行く新しい道路ができたので、そちら側からなら入れます。

毎年5月に行っているのですが、去年は11月に行きました。
熊が出ることは聞いていたのでヒヤヒヤものでした。
また春と違って誰も会わず、一周してくる間緊張しっぱなしでした。
行かれるのなら春先をお勧めします。

私は5年連続行っているのですが、毎年感じが変わっています。
と言うよりますます野生化していく感じです。
あと10年もしたら全くわからなくなるかもしれません。
その前に是非見に行ってください。

アドレスの方にメールを送りました。ご覧下さい。
コメントありがとうございました。

投稿: はな | 2012年6月 5日 (火) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/43136434

この記事へのトラックバック一覧です: 奔別立抗から本間病院を歩く:

« 奔別の象徴 月見坂を歩く | トップページ | 札幌市内を歩く »