« 鳥居沢町から上川端を歩く | トップページ | 奔別の象徴 月見坂を歩く »

2011年11月24日 (木)

奔別小から幾春別小を歩く

Ponbetu_primary_school  行きたかった場所のひとつ。奔別小学校跡地です。

 今年はこんな顔を見せてくれました。

 やはり木々が大きくなっています。

 解体してからどのくらいの年月が流れたのでしょう。野生の木の生長は早い・・・

P1020518P1020519

 立抗を右に見ながら幾春別小学校方面に進みます。

 当時もこの道を歩きながら、月見坂の斜面を降りて近道しました。

 車がよく通った感じの跡です。案外この辺り、見に来る人が多いのかも・・・

P1020520  そしてこちら。

 奔別小学校方面を見ています。

 左に上がっていくような道が・・・

 その向こうは、山下さんが住んでられたところでしょうか。

 学校の先生達がこのあたりに住んでいたそうです。

Ikushunbetu_high_school  その反対側は旧旧幾春別小学校跡地です。

 奔別小学校と隣り合わせにあった学校。当時はマンモス学校だったこの場所も今はひっそり静まり返っています。

P1020523  さらに幾春別側に向かいます。

 雨が少し小降りになってきました。

 借りた白いレンタカーがドロ跳ねでかなり汚れております。

 車に感謝!感謝!

 そして私が見たかった家・・・が、

P1020525  崩れちゃっているんですよ!

 文房具屋さんだったという赤い家が!!・・・

 周りはきれいに片付けられております。

 あ~ぁ・・・これでまた1つ貴重な財産がなくなった感じです。。。

 ショックを隠しきれません。。。

P1020524  でもその奥にこんな家が・・・

 去年は全然気がつかなかった。壊さないでほしいです。

P1020526  そして塾の先生だったという赤い家。

 去年辺りから廃屋になっているようだけど、人が住んでないと1年でこんなにもろくなるもんですか。

 家の周りは木や草がボウボウに生い茂っていました。

P1020527 P1020528

 左の写真は幾春別小学校方向を見たところ。

 右の写真は幾春別の町に下りていく坂道です。

 次回は月見坂です。

|

« 鳥居沢町から上川端を歩く | トップページ | 奔別の象徴 月見坂を歩く »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

「はなさん、本当にご苦労さま。」想い出深き奔別・幾春別方面をレンタカーを借りて、私に代わって探検?してくれた?。一枚一枚の写真を拡大しては、暫し・物思いに耽っています。言い尽くされた言葉ですが走馬燈の様に頭をかすめては何かを追い求めようと一生懸命な自分気づいて、我に返って居ります。奔別へは左山側の新道の方から入られたのかな?。最近は月見坂の上あたりから先へは進めないとか聞きましたが。

投稿: 北さん | 2011年11月24日 (木) 09時58分

お久しぶりです。
北海道に行っていたのですね、羨ましい!数日ブログが更新されていなかったので変に心配してしまいました。
上から3段目の写真の坂の上に住んでいた「山下」です。
実はそこは私の伯母の家で伯母は幾春別小学校の「先生」でしたので間違い無さそうです。が、赤い文房具屋さんが・・・。今年の1月に私が幾春別に行った時は立派に建っていたのに。

投稿: 山下アキラ | 2011年11月24日 (木) 11時26分

北さん 初めまして。

車がないとここまで奔別を廻れないです。
まして、女一人でウロウロするのはちょっと怖いです。
まぁ、車があったから行けたようなものです。
奔別には、以前の奔別橋辺りから今では奥地に行く道路ができています。
新しく奔別ダムを作るための道路のようですが、国の見直しで果たして完成されるのかどうか・・・
その新しい道路を通って川沿~鳥居沢~川端の順に入りました。
去年「にゃん」さんが暮れに行かれたときは、上川端から柵がして入らなかったようですが、私が春に行った時は今回と同じく奥まで入れました。
ただ、三叉路から広場があった辺りは、何か置いてあるのでしょうね。
進入禁止です。

昔のこと思い出してくだされば幸いです。

投稿: はな | 2011年11月24日 (木) 20時19分

山下さん こんばんは。

すみません。
ちょっとスランプでブログを書く気になれませんでした。
奔別シリーズで一気にない知恵絞って書いてます。

北海道には別の用で行ったのですが、私が奔別に行かないわけないですよね。
しっかり計画して行っちゃいましたよ。

夏の草木が生い茂っているときではないので、山下さんの住んでいた地に続く道もどうにか確認できましたね。

文房具屋さんにはビックリ!です。
生き残りがまた1ついなくなってしまったって感じです。
こうやって1つずつなくなっていくんでしょうね。
寂しいです。

投稿: はな | 2011年11月24日 (木) 20時28分

奔別小学校の跡地…。
なんか涙がでちゃうよね。

幾小のほうは思い出が薄いです。
通ってる筈なんだけどね。

投稿: hokepie | 2011年11月25日 (金) 17時33分

hokepieさん、

奔別小学校跡地は何とも言えないくらい変わりつつあります。
1年で木の生長が早い!
去年の春行った時はまだ見れたような・・・
でも見に来る人いるんでしょうね。
学校横の道が轍がしっかりしているのです。
車が出入りしている証拠ですね。

投稿: はな | 2011年11月25日 (金) 19時33分

おはようございます。
真打ち登場!!というところですか。
正に象徴ですね、何度ここを通ったか・・・
この風景だけは絶対に無くならないで欲しいです。
でも不思議と坂を下る風景より、上る風景の方が何倍も心に沁みります。
当時もこの風景を見てきっと「あー帰ってきたなー」と感じていたんでしょう。
この先もそう感じたい気分です。

投稿: にゃん | 2011年11月26日 (土) 08時39分

はなさん、お疲れ様でした。
山下さんの伯母さんが住んでいらしたところは、錦町でしょうか?
坂道の途中に万先生が住んでいらしたと思いますが・・・。
懐かしいですね。

投稿: meg | 2011年11月26日 (土) 13時10分

にゃんさんへ

この坂の向こうに何千人の人たちがくらした住宅があったなんて想像できないでしょ?

坂を上がりきって右にカーブした辺り(黒ネコがいたところです)でロータリーの方向へ歩いて行くとなんかざわめきのような、たくさんの人の声が聞こえてきそうな、そんな錯覚がしました。

私みたいなものが同じような思いを抱いてこの坂上って行くんだろうな・・って。
この坂はここにいた誰もが知っている「奔別」です。

投稿: はな | 2011年11月26日 (土) 19時37分

megさんへ

そうですね。
山下さんの伯母さんが見えたところは錦町だったようですよ。
megさんも川端から錦町に引越しされたのでしたね。
山下さんの伯母さん、ご存知でしたか?

投稿: はな | 2011年11月26日 (土) 19時41分

megさん、私の伯母は「宮崎トヨ」です。旧姓は「曲木(まがき)」です。ご存知ですか?

投稿: 山下アキラ | 2011年11月30日 (水) 16時10分

こんばんは。
残念ながら、記憶がありません。
小学生だったので、遊んだお友達は覚えているのですが・・・
遠い記憶になっています。

投稿: meg | 2011年12月 1日 (木) 16時15分


「宮崎トヨ」先生、良く覚えています。
二年生の時の担任でした。六年生の時は家庭科を教わりました。
算数を大好きにしてくれた先生です。
今でもお話してくれたことを色々覚えています。
お元気でしたら会いたいですネ。
でも、私のこと覚えていないよネ・・・。

投稿: 整子 | 2011年12月 2日 (金) 14時59分

整子さん。
伯母を覚えていてくれてなんか感激です。
生きていれば100歳位・・・。

投稿: 山下アキラ | 2011年12月 8日 (木) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/43118088

この記事へのトラックバック一覧です: 奔別小から幾春別小を歩く:

« 鳥居沢町から上川端を歩く | トップページ | 奔別の象徴 月見坂を歩く »