« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

グレート札幌360℃パノラマ

 札幌駅前JRタワーの展望室に行ってみました。

 地上160m、38階からの眺めは壮大です。

P1020622 P1020623

 まず北側から北東方向です。

 晴れていれば小樽まで見えるとか。

P1020629  東側方向です。

 右奥に野幌の百年記念塔がわりとはっきり見えます。

 真ん中辺りが苗穂駅ですか。

 広い!!

P1020630 P1020634

 こちらが南側方向です。

 遠くに札幌ドームが見えます。

 大通公園のテレビ塔がすぐ近くに見えます。

P1020634_2 P1020635_2

 西側の大倉山や円山方面です。

P1020636_2 P1020624

 北西方向をみると、新川がまっすぐ帯状に見えます。

 360℃、はるか彼方まで家が連なっています。

 さすが、札幌!!

 もうじき200万人都市ですよ。

 展望台にはCafeがあり、壮大な景色を見ながらお茶がいただけます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

はなさん 胃カメラを飲む

 職場検診で今年も胃がひっかかりましたです。

 毎年バリウムでひっかかり、「胃カメラ飲みましょう!」と15年ぐらい前から言われ続けております。

 胃にポリープがあるのです。それも1つや2つでなくたくさんあるのですよ。

 だから毎年バリウム検査で引っかかるのです。

 去年のように、「今年は、まぁ、いいでしょう。」という年もあれば、毎年続けて飲んだこともあるのですが、この時期になると「今年もか~!」と思って憂鬱になります。

 と、言うわけで今年は胃カメラ、飲んできましたです。

 簡単に「飲みましょう!」と言うけれど、結構つらいんだよ~!!

 今では鼻から入れる方法もあって、口からほど鮮明には写らないのだそうけど、(カメラが細いタメだそうな)口からよりはつらくないそうです。

 私の場合は鼻からの検査を毎年受けていたほうがいいと先生は言っておりました。

 まぁね。自分のためだからしかたがないのだけど。。。

 毎年検診を受ける医療機関でカメラを飲んでいるので病院はあちこちです。今年も初場所。「つらいとイヤだな・・・」と心配だったのですが、案外上手にやってくださいました。

 それでもつらかったことには変わりはありません。

 飲まないで済むなら、飲みたくない。

 嫌いな注射もされたしね・・・`´

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

札幌市内を歩く

 札幌市内を歩いてみました。

P1020595  この駅は学園都市線の八軒駅です。

 札幌駅から2つ目になります。

 ここから歩いて新川に向かいます。

 この日は11月14日で、札幌はこの日から急激に寒くなりました。防寒対策はしてきたのですが、それにしても寒い!!

P1020604 P1020598

 住宅街の中を歩くとしばらくして新川が見えてきました。

 「ふぅ~ん、ここが新川か・・・」

 左が北大方面、右が手稲方面。

P1020597  遊歩道が完備されていて歩きやすい。

 道路は川を挟んで一方通行ですね。 

 それにしてもなんとなく不思議な川。

 大都市の河川なのに自然の形に整備されてる?防火対策?

P1020600 見えてきたのはこちら。

 北24条西14丁目の信号です。

P1020601 P1020602

 思い出ある地なのですが当時は新興住宅地でしたが、今ではここは市街地になっていますね。

 月日が流れるのは早い!

P1020649  こちらは15日に行ったサッポロファクトリーの隣にある永山武四郎邸。

 朝早かったのでまだ開館していませんでした。

 2年前に行った時、北に向かって歩いていると思ったら、東に向かって歩いていて、この建物に出会いました。今回は間違わずに行けました。

P1020650  こちらは月寒にある札幌ドームです。

 福住駅から歩いてこの先まで行きました。

 シーズン中だとたくさんの人がここを歩いているのでしょうね。

P1020645 P1020646

 札幌テレビ塔です。

 すすきのから地下街を歩いて大通りに出て、地上を歩いて永山邸に行ったのですが、札幌は朝の出勤時、地下街をたくさんの人が歩いているんですね。

P1020639  ちょっとボケてしまいましたが、ライトアップされたテレビ塔。

 この時間になると寒い!!

 一日平均10kmぐらいは歩いたと思います。

 

                                            

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

奔別立抗から本間病院を歩く

P1020579  今回奔別最後のシリーズです。

 おなじみの奔別の入口にある赤い家です。

 今年も元気に健在しています。

 うん、うん。。。

P1020576  立抗の入口に廻ると・・・

 なんと!!手前の長い肌色の家屋(事務所があったとこ?)を解体しています!

 老朽化のためですか・・・それとも新しく何かを建てるとか・・・はぁ。。。

P1020577  奥に見えるのは選炭施設?

 NPOが1年間の賃借契約を無償に近い形で結び、来春から公開するという選炭施設でしょうか?

 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/333398.html

 解体せず少しでも残してほしい・・・

 ここで奔別に入って初めて人に会いました。雨も小降りになりました。

P1020578 P1020582

 左の写真はこの立抗の入口から見た山手方向。

 右の写真は今もバスが通っている本間病院方面に向かう道です。

 車も通らない。人もいない。過疎化しています。

P1020584 P1020585

 左の写真の空き地は昔本間病院があったところだと思います。現在はその先のカーブするあたりにある白い建物です。昭和52年に移転したそうです。

 右は旧本間病院前にあった廃屋。なにかお店でもやっていたのかな・・・

P1020586  ここから見た立抗。

 幾春別の町どこからでも立抗は見えますね。

P1020587 P1020588

 習字を習いに行った海容寺。三笠から行くと本間病院手前にあります。

 右は海容寺前から弥生方面を見たところ。

 現在は先で行き止まりとなり、手前を左に曲がって116号線に出ます。

 この頃になって雨が上がりました。奔別地内にいた時には散々降っていたのに・・・なんだったのでしょうね。

 幾春別もそうでしたが、奔別はだれ~もいません。ホントに人に会わなかった。車にも合わなかった。だから黒ネコを見たとき、なぜかホッとしてしまった。時期的なこともあるだろうけど、寂しいね。

 この後三笠の岡山にあるイオンショッピングセンターにより、高速で札幌に帰りました。苗穂に寄り、すすきのでレンタカーを返しホテルへ。その後また札幌市内に出掛けました。

 千歳から5時間半。175km走りました。

 あっという間の半日だったです。

Ponbetu_pano  走ってくれた車に感謝!

 自分の行動力に感謝!

 そして、今年も奔別に行けたことを感謝しています。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

奔別の象徴 月見坂を歩く

P1020548  ここは上川端の小学校入口のロータリーのところです。

 立抗に向かって月見坂を降りていきます。

 こんなところ、当時はバスが通っていたのですよ。信じられない。。。

P1020549 P1020550

 道は左にカーブします。立抗が見えてきました。

 右の写真は下から見たところ、旭町を見ています。左の柵のあるほうへ行くと当時はズリ山がありました。幾春別の海容寺に習字の稽古に行くとき、よくこの道を通って近道をしました。石炭を運ぶコンベアが頭の上に通っていました。工場内に入っていくなんて、今では考えられませんが、昔は簡単に入れちゃったよね。

 黒ネコが1匹。

 奔別に入って初めて会った生き物です。人にも車にも、もちろん、熊にも会いませんでした。^^

P1020551 P1020553

 坂道を降りていきます。

 右の写真は反対側、上方向を撮った写真。この上に奔別小学校がありました。

P1020554 P1020556

 月見坂の直線のカーブあたりです。

P1020558 P1020557

 ちょうどこのあたりに奔別小学校へ続く道があったはずですが・・・たぶん右の写真の黄色い葉の木のあたり。笹が分かれているような気がしますが・・・

 こんな石積みがあったんですね~!このあたりまで道路だったんだろうね。そう思えばバスも通れそうです。

P1020559  そしてこちらはその反対側にある、立抗に降りていく道。よくここまで仕事に行く父親をお弁当を持って送りました。

 何人の人がここを通って立抗の中に入って行ったのでしょう。

 今では考えられない。。。

P1020560 P1020561

 ここは立抗を撮影するビュースポット。こんな看板が立ってました。去年来たときにはなかったです。

P1020563  感無量で言葉が出てこない。。。

 奔別があったことを唯一知っている生き残り。

 年老いた「奔別」の文字が哀しいね。。。

P1020573  そしてこの月見坂も奔別の象徴ですね。

 川沿町や川端町のことを知らなくても、この立抗と月見坂のことはみんな覚えている。奔別のシンボルです。

 この先に何千人と言う人たちが暮らした地があるのですよ。その入口。

 不思議な空間です。

P1020571 P1020574

 坂下の突き当たりにあった鳥居。

 去年来たとき見ましたが、撮りそびれました。今年はしっかり撮影。

 そして幾春別からの入口になる赤い家はまだ健在です。^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

奔別小から幾春別小を歩く

Ponbetu_primary_school  行きたかった場所のひとつ。奔別小学校跡地です。

 今年はこんな顔を見せてくれました。

 やはり木々が大きくなっています。

 解体してからどのくらいの年月が流れたのでしょう。野生の木の生長は早い・・・

P1020518P1020519

 立抗を右に見ながら幾春別小学校方面に進みます。

 当時もこの道を歩きながら、月見坂の斜面を降りて近道しました。

 車がよく通った感じの跡です。案外この辺り、見に来る人が多いのかも・・・

P1020520  そしてこちら。

 奔別小学校方面を見ています。

 左に上がっていくような道が・・・

 その向こうは、山下さんが住んでられたところでしょうか。

 学校の先生達がこのあたりに住んでいたそうです。

Ikushunbetu_high_school  その反対側は旧旧幾春別小学校跡地です。

 奔別小学校と隣り合わせにあった学校。当時はマンモス学校だったこの場所も今はひっそり静まり返っています。

P1020523  さらに幾春別側に向かいます。

 雨が少し小降りになってきました。

 借りた白いレンタカーがドロ跳ねでかなり汚れております。

 車に感謝!感謝!

 そして私が見たかった家・・・が、

P1020525  崩れちゃっているんですよ!

 文房具屋さんだったという赤い家が!!・・・

 周りはきれいに片付けられております。

 あ~ぁ・・・これでまた1つ貴重な財産がなくなった感じです。。。

 ショックを隠しきれません。。。

P1020524  でもその奥にこんな家が・・・

 去年は全然気がつかなかった。壊さないでほしいです。

P1020526  そして塾の先生だったという赤い家。

 去年辺りから廃屋になっているようだけど、人が住んでないと1年でこんなにもろくなるもんですか。

 家の周りは木や草がボウボウに生い茂っていました。

P1020527 P1020528

 左の写真は幾春別小学校方向を見たところ。

 右の写真は幾春別の町に下りていく坂道です。

 次回は月見坂です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

鳥居沢町から上川端を歩く

Ponbetu_hosptal  ここは奔別の映画館があった辺りです。

 川沿町から新しくできた奔別奥へ行く道をさらに進んだところです。

 左の方向に行くと、川沿町方面。右の方へ行くと本沢方面です。

 ちょうど標識の後ろあたりに平屋の病院がありました。左の白い幌の辺りは盆踊りをした広場だったと思います。道路は広場を2分割にして作られているようです。

P1020497  現在いるところが映画館跡地辺りだと思うのですが、道路の反対側にこんな道が・・・(ちょっとボケてしまいました)

 前来た時にも確認できたのですが、たぶん映画館裏辺りから降りていくと沢があったような・・・その道に続く道だと思います。

 沢の辺りに奔別川を渡って川向こうの住宅に行く橋があったように思うのですが・・・

P1020500 P1020501

 こちらは日本商事ストアからプール、幼稚園そして美容院があったところだと思います。

 この林の向こう辺りがちょうど病院だと思うので、幼稚園あたりかも。。。

 この辺りから急に土地が高くなっているのです。道の反対側に露天坑の会社があるのですが、私の記憶では徐々に高くなっていったような気がします。こんなに急ではなかった。これもできた道路の盛り土のせいでしょうか。

 左の写真の道路の先は左にカーブしています。それがここ。

P1020502  カーブの正面に生協がありました。

 裏手は山だったように思うのですが、ちょっと違いますね。

 昔大雨の後、生協の裏辺りから水が道路に流れてきました。

 この生協と日本商事の距離はこんなに短かっただろうか・・・

P1020503  生協側から上川端の三叉路を望みます。

 右手の白い幌のあるところが旭町の下の住宅があったところ。

P1020504  現在はこんな感じです。

 奥に見えるのが高台の旭町ですね。

 昔はもうちょっと丘のようだった思うので、掘削したのかもしれません。

P1020505 P1020508

 そしてこちらが三叉路。

 左の写真の奥が生協のあったあたりです。

 右の写真は三叉路を右に行くと上の広場があったところ。(白い幌のあるあたり)

 ちょうど左にカーブするあたりにプール側に引越しした美容院さんがあったんじゃないですか?

Ponbetu_kawabata  そして発見です!

 この写真は上川端方面(小学校方面)を見ているのですが、左に川沿町に下りていく道が残っていました。

 去年来た時はこんなにきれいに残ってなかった。整備されたのかもしれません。

 舗装された道路の右の小高い丘に弟さんがプールで亡くなった同級生が住んでいました。

P1020510  このあたりです。

 MOさんもこのあたりに見えたんじゃないですか?

 その後彼女は、この川沿町に下りていく途中の左側の住宅に引越ししました。

P1020511  ここは上川端のバス停があった辺り。

 ロータリーのところです。右に行くと月見坂。左に行くと小学校です。

 雨が降り続いています。

P1020512 P1020513

 高台の旭町にある何かの建物の跡。

 右の写真に上に上がる道があります。ここは昔炭坑事務所があった所だそうですよ。

Ponbetu_kamikawabata  ここは上川端。

 川沿町の上にあった住宅跡地です。右の道路をずっと行くと川沿町に下りる坂道に続きます。

 きれいに整備されているので、先ほどの三叉路から川沿町に下りる道同様、何かで使用しているのかもしれません。

P1020532  そしてまた発見!

 川沿町から学校に行くとき、ロータリーのところまで出ず、住宅の間を通って通った道がわずかに残っています。

 ここもちょっと坂になっていて、冬になったらよく滑ったので地形が変わっていません。

 こういう思い出が発見できるのがうれしい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

奔別川沿町を歩く

 一番行きたかったところ、奔別川沿町です。

P1020491  この道は上川端に続く道です。この右側に炭住がたくさん並んでいました。

 hokepieさんの思い出の坂道ですね。

P1020546  坂の途中から上川端町を見ます。

P1020533  今度は坂の上から下を見た写真です。

 3年まえに来たとき、この道路は埋もれてました。(再び奔別にやってきた2

 2年前に来たときこの道路ができていたのです。当時はこんな感じの道路ではなかったような気がする。でも雰囲気は味わえます。

P1020534 P1020541  この道路の斜面から下の住宅に降りました。

 見たところあまり高低差がないような気がする。奔別奥に続く新しい道路ができたときに盛り土されたのかもしれません。

 雨がかなり降り出しました。

P1020495 P1020539

P1020537  川沿町一帯です。

 去年来たときより木が大きくなっている。

 いずれここも炭住があった地だとわからなくなるのも時間の問題かもしれません。

 それでも1、2年でこんなに変わるものなのでしょうか・・・

 むなしさと寂しさで雨が冷たく感じる。。。                                      

P1020494  川沿町の背後の高台にあった上川端町の斜面。

P1020547  近づいてみるとこんな感じです。

 もっと高い所にあったような気がするのですが・・・

P1020496  新しくできた奔別奥地に続く道路。

 川沿町はこの道路で二つに分割されています。

 この道路の右手辺りがお風呂があった位置だと思います。

 そして、

 整子さん、見てください。

P1020542  去年いっしょに見た川沿桂町に続く橋げたです。

 その向こうに道路(だった)らしきものが・・・ズームで・・・

P1020543  よく見るとこんな感じ。

 地形の起伏が見えます。

 橋げたのところまで降りていけばもっとよく見えたかも・・・雨が降ってなかったら入って行ったけど・・・春に行った時にはわからなかったよね。

 ますます原生林化してますね。寂しい限りです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

幾春別栗丘町から山手町を歩く

P1020469  幹線道路の弥生桜木町から栗丘町~山手方面に続く道です。

 左の白い建物は3番目の幾春別小学校のようです。

 この学校も今では廃校です。

 寂しいですね。。。

P1020470  橋を渡って左にカーブしたあたり、ちょうど青い欄干の橋の上の高台に旧幾春別中学校があったようです。

 私はこの学校には通わなかったですが、歩くと桜木町から結構距離があると思います。みんな頑張ってここを歩いたんでしょうね。

Ikushunbetu_junior_high_school  こちらも今回行きたかったところ、旧幾春別中学校跡地です。

P1020473 P1020474

 敷地は細長くそんなに広くありません。

 ここにどれだけの生徒がいたのでしょう。。。

 学校があったなんて全然想像できない風景です。

 右の写真は中学校から山手方向を見た写真です。

P1020476 P1020477

 この辺りは川向町。辺りは「あすか 梅の杜」と言う看板が出てて、梅がたくさん植えられていました。

P1020479 P1020482

 左の写真の奥が山手町あたりですか。

 右は幾春別の町方向です。建物は現在の川向公営住宅のようです。

 道なりに行くと、こんな橋が・・・

P1020483 P1020487

 左が幾春別方向。右が山手方向です。

 この橋、渡った記憶があります。

 この橋を渡って幾春別方向に行くと、線路を渡る駅構内人道跨線橋があったんじゃないかな・・・と思うのですが記憶違いかもしれません。

P1020485 P1020486

 橋から見た風景。左が上流の桂沢方面。右が下流の三笠方面です。

 山手側の橋のそばにあった水色の屋根の家は見覚えがあると言ったらあるような・・・

 記憶は定かではないですけど・・・                                                     

P1020489 P1020490

 左の写真は現在の山手方面に渡る橋です。

 奔別方面を見ています。

 右は116号線に出た場所。正面の高台が幾春別錦町だと思います。

Ikushunbetu_takimi そしてこちらは今回行きたかった場所のひとつ。

 たぶん病院があった場所。山手方向から上の石の橋を渡って駅構内人道跨線橋まで行く手前右手にあったように思います。その跡地ではないかと・・・正面奥の高台は錦町です。

 平屋の廃屋の病院をみんなで探検に行って、中で管理か留守番をしていたおばあさんに怒られて、爆竹を投げて逃げたそんな悪いことをしました。

 翌日先生にクラス中、散々怒られました。懐かしい思い出です。

 この辺りから雨がポツポツ。寒いです。

 いよいよ奔別です。 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

三笠高校から唐松辺りを歩く

 13日の日曜日から3日間札幌に行ってきました。

 北海道に行ったら必ず行く奔別。天気予報では3日間、雨降りと雪マークです。

 奔別に行くなら車で行かないと思うところが見れない。。。と散々迷い、結局初日の13日に千歳でレンタカーを借りました。そのまま三笠に直行です。

 こんな時期、レンタカーを借りる人なんていないのでしょうか。飛行場から移動のバスには私一人だけ、飛行機が10分早く着いたせいもあるだろうけど、予約していた10時より前の9時40分にはもう車に乗っていました。おかげで奔別には11時半前に着けました。

 降水率60%ということでしたが、曇り空のうっすら日差しが見える日でした。

 三笠インターを降りたら日曜日なのに車の通りはあまりありません。

 今回行きたかったところが数ヶ所あるのですが、まずこちら。

Mikasa_high_school  三笠高校です。

 67年の歴史を閉じて来春の3月に閉校です。その後は市立三笠高校になり食物調理科の職業校になるようです。

Mikasa_high_school2

 私はこの高校を卒業したわけではないのですが、同級生が甲子園にあこがれて野球部に入っていました。(それ以前にこの高校は甲子園に行ったことがあるのです)閉校は非常に残念です。

Mikasa  高校前にある三笠ドームです。

 高校前は運動公園になっていて、市営の野球場も近くにあります。

 環境はバツグンのところなのにね。。。

Mikasa_chuou_junior_high_school Mikasa_chuou_junior_high_school2

 こちらは清住町あたりにある旧三笠中央中学校。今は開校していません。

 私は幾春別の中学生はここに通っているのだとばかり思っていたのですが、違うのですね。。。市役所の西にある三笠中学校まで通わなくちゃいけないのですね・・・中学生でバス通い、たいへんです。

Mikasa2  中央中学校前から奔別方向をみた写真です。

 人が全然いないのです。なんかホントに寂れている。

 寂しい限りです。

 三笠の中心でこんな感じなのだから、幾春別なんかもっと過疎化しているのは当たり前か。。。

P1020463 P1020464

 この道は清住から唐松に続く道です。この道も行きたかったところです。

 今では清住側を迂回する116号線が走っているので芦別に抜けるときはこの道は通らないでしょうね。でもバスはこの道を通ってます。

 私はこの道には思い出があります。

 何年生の頃だったか忘れましたが、父が弥生の病院に入院して学校帰り病院に行こうと本間病院辺りからバスに乗りました。が、弥生を通り過ぎてバスを降りました。(たぶん弥生の次の停留所)見慣れない景色に不安がつのり、ひたすら三笠に向かって歩いたのです。この橋の辺りでは暗くなり、吹雪にあって前が見えないくらいでした。やっと三笠高校あたりまで来て自分が反対方向に歩いてきたことを知りました。奔別行きのバスに乗りましたが、お金が足りなくて車掌さんに事情を話したら「いいよ。」と言って弥生で降ろしてくれました。父と母はとても心配してました。当時は奔別から一人で出ることはなかったので、この辺りのことは全然知らなかったのです。

 この橋は当時の橋ではないでしょうが、この直線道路は泣きながら歩いていたと思います。当時はこの距離を非常に長く感じました。

P1020466  こちらは唐松駅です。去年来た時と変わりません。

P1020467 P1020468

 左の写真が三笠方面、右の写真が幾春別方面です。

 この先、幾春別方面に向かいます。

 

 

 

| | コメント (34) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »