« モリコロバークを歩く | トップページ | 三笠高校から唐松辺りを歩く »

2011年10月25日 (火)

鎮守の森の秋の大祭

201110231  23日の日曜日は地元の神社のお祭りでした。

 この辺りでは前日の夕方に子ども達のお囃子の屋台が地区を廻ります。当日はその年の厄年の人たちが、奉納品や景品をトラックに積んで地区を廻ります。

 子ども達は巫女舞や浦安を踊ったり、お囃子の音色が朝から響きます。

201110232  夕方4時半から恒例の餅投げがありますが、この時間になるとたくさんの人が集まってきます。

 この地区だけでなく、よその地区からもたくさん来ます。

 私は餅投げにはほとんど行ったことがなかったのですが、ここ数年見に行きます。でもみんなの迫力に圧倒されて後ろの方で立っていると、時々お餅が飛んできます。

 祭りというと頭に浮かぶのが学生時代金沢にいた時、能登出身の子がいてお祭りに呼ばれて行ったことがあるのですが、3日間ぐらい村中で「飲めや歌えや」という感じ。

 ひっきりなしに近所の人が来て、上がりこんでお酒を飲んでいくのです。ご馳走も次から次へと出てくる。団体で来ていなくなったなと思うと次の団体が来る。

 唖然としてみていた覚えがあるのですが、とても楽しかった!

 そこのおうちのお母さんが作ってくれたおはぎの味が忘れられません。

 それはもう、村中が楽しそうで・・・あんなお祭り見たことがありませんでした。

 今はどんな感じになっているのでしょうね~。そんなお祭り、今はないかもしれませんね。

|

« モリコロバークを歩く | トップページ | 三笠高校から唐松辺りを歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お祭りは、フラット参加する分にはそれなりに楽しいですが、その裏方に入ると大変な分、もっと楽しいと今年公民館の係をやり夏祭りを終えて思います。
諏訪地方にはそんな大変なお祭りがあるようです。『お練り』です。でも聞いたのは学生時代でしたから、今はどうでしょう??

投稿: くらんぽん | 2011年10月25日 (火) 23時08分

飯田のお練り祭りは聞いたことあります。
そうですね。
お祭りは裏方がたいへんですよ。
だってお邪魔した家の女性陣、ひっきりなしに動いていましたもの。
この辺りでも餅投げの風習が残っているので、田舎なのかも・・・
田舎に行くほど昔なつかしいお祭りが見られます。

投稿: はな | 2011年10月26日 (水) 19時01分

花さんのトップページのテンプレートの画像、まるで箱庭みたいですね。

投稿: くらんぽん | 2011年10月26日 (水) 20時01分

ホントだ!
いいところだったのですが、どうせ作るのなら、舗装されてない道路とか、道祖神とか、風で稲が揺れる田んぼとか、トトロが住んでいるオキツネさんがいる神社とか、何よりも大きなクスノキを植えて欲しかった・・・
そう思いません?

投稿: はな | 2011年10月27日 (木) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/42678851

この記事へのトラックバック一覧です: 鎮守の森の秋の大祭:

« モリコロバークを歩く | トップページ | 三笠高校から唐松辺りを歩く »