« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

考えさせられたこと

 知り合いにAさんという55歳過ぎの人がいる。彼は先日、2回目の大病をして仕事に復帰した。2回目の治療は想像以上でたいへんつらかったけど、奥さんが献身的に支えてくれたそうだ。前の職場で1回目の病気をした時、治療が長引いて居づらくなり仕事をやめた。たいした退職金も出なかったという。今の仕事は派遣社員的な仕事をしている。

 彼はバツイチで今の奥さんも再婚同士だという。お互いの子どもはいない。出身は九州で東京で仕事をしてて結婚したという。子どもが1人いたそうだ。

 Aさんが私に言った。「子どもが会いたいと言ったらどうする?」

 何のことか最初はわからなかったけど、話を聞いていくうちに離婚して母親に引き取られた娘さんが父親(Aさん)に会いたがっているらしい。

 彼は離婚してから家を出て名古屋に来たという。奥さんと娘さんは東京に残ったようだが、父親の居場所はずっとわからなかったらしい。

 娘さんは八方手をつくして父親を探したそうだ。テレビの公開番組に応募しようとも思ったという。やっと見つけ出して会いたいと言って来たそうだ。娘さんは幼い頃の父親との写真がずっと携帯の待ちうけにしているという。Aさんも小学生と中学生の頃の娘さんの写真を携帯に入れていた。

 今の奥さんはとても複雑でその話になると泣くという。自分も別れた子どもがいるからうらやましさと不安とでどうしていいかわからないのだと思うと言っていた。

 私はAさんに言った。

 子どもには罪はない。16年間(娘さんは29歳だそうな)ずっと会いたいと思って、父親を探した子どもに感謝しなくてはいけない。会ってあげるべきだよって。でも今の奥さんは大切にしなくちゃいけない。今の奥さんがどんな人か、娘さんに説明してあげるべきだ。(娘さんは父親が再婚していたのがとてもショックだったようです。)娘さんもりっぱな大人なんだからきっとわかってくれるよと。

 お金はないけど、お互いの傷を理解して、身を寄せ合って暮らしているAさん夫婦には暖かさがあると思う。私たちにはない暖かさ。なんと説明していいのかわからないけど、傷口を包んでくれる薬のような・・・

 そして十数年会わなくても子どもから見たら、父親であり母親であることは変わらないのだと。親子の絆はホントに深いんだなと思う。

 Aさんと娘さんは近々会うそうだ。その後に今の奥さんを紹介すると言っていた。今後お互いがいい結果になるように祈りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

今年も伊勢神宮へ初詣

 昨日は地元議員のご一行様、総勢400人ほどでバス数十台に別れ伊勢神宮に初詣です。

 毎年のことながら道中雪が降ったりととても寒いのですが、今年はそんなこともなく穏やかな初詣になりました。

Ise  駐車場はタイミングよくすんなりと入れたのですが、奥の正殿の階段の下まで参拝客が待っています。こんなことは今までにありませんでした。お正月三が日の初詣並みです。

 今、パワースポット人気とかで、若い人がたくさん来ています。そして樹齢何百年するような木に両手を回して気のエネルギーを吸収しているのでしょうか、そんな人がたくさんいました。

 Shinnme  前方の御厩に白い馬が・・・

 伊勢神宮の神馬(しんめと言うそうです)です。皇室から牽進された馬だそうです。非常におとなしく、毛並みがとてもきれいです。やさしそうな品のあるお顔をしていました。

 その後おかげ横丁で買い物をし、二見プラザで昼食です。大ホールでの食事でしたが人数が多いため、私たちの号車だけ別室での食事となりました。各議員さんの長いお話を聞かなかった分、ゆっくり昼食を食べれた今年の初詣でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

古民家風カフェで和む

 今日も朝から寒い大寒の日、半年に一度のいや~な病院行きであります。

Hospital  行く前からひじょ~に不機嫌なんですが、いつもなら駐車場に入ってから遅くても40分で出てこれるのですが、今日は1時間かかりました。診察時間も待たされるし、採血も待たされるし、今日は凶だ!!

 先生曰く、「あと1年で10年だね。頑張ってあと2回来てよ。」

 にっこり笑って「はい。」とは答えたけど、心の中では「その2回が長いんだよ。べぇ~!」です。

 大事な血液3本もとって、ますます貧血になるじゃんか~!どうしてくれるんじゃい!!

 ってなわけで、かえり即友達に携帯。「お茶行こう!」

 突然の電話にも付き合ってくれる友達も友達ですが、非常にありがたい友達です。

 で行ったところが前から行ってみたかった「簾屋」さん。

Sudareya2  豊田市野見山町の矢作川沿いの高台にある、古民家風カフェです。

 豊田の美里の方から行きましたが、ちょっとわかりづらい。

 お店の前にある古い桜の木は、春になったらさぞきれいだろうなと思わせるぐらいりっぱな木です。

 お店の中はこんな感じ。

Sudareya3 Sudareya4

 レトロなアンティーク家具が置かれた店内はとてもおしゃれです。

 お店に着いたのが10時過ぎだったので、お客様はまだ誰もいませんでした。

 今日のモーニングはフレンチトーストorバタートーストのセットです。

 飲み物代+250円でいただけます。私はコーヒーとバタートーストのセットにしました。

Morning  これで700円のモーニングです。

 う~ん・・・豊田にしたらちょっとお高いかも・・・

 でもロケーションやお店の雰囲気からしたら、妥当なお値段ですね。大人のカフェって感じです。

Sudareya  是非今度は桜の咲く頃に行ってみたいですね。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

   茶房 簾屋

   愛知県豊田市野見山町4-20-6

   0565-80-6036

   詳しくはこちらから

   http://gourmet.walkerplus.com/152461028506/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

守るんです!!

 おとといの月曜日の朝4時半。

 どこからか「ピッ!ピッ!ピッ!」と大きな音が聞こえてきます。

 「朝早くから何の音?・・・」と思い、寒いけど我慢して起きました。音は台所の方から聞こえ、だんだん大きくなります。

 「また冷蔵庫がちゃんと閉まってなかったかな・・・」とぼやきながら台所のドアを開けると、部屋は白い靄状態。

 「何これ~?」

 白い靄は水蒸気で、タイマーで炊いたガス釜から出た水蒸気で部屋が靄っていたのです。それに反応して火災警報器がピッ!ピッ!鳴っていたのです。

 あわててピッ!ピッ!を止めました。dash

 この日朝から雪で非常に寒く、部屋が冷えていたからだと思うのですが慌てました。

 2006年6月1日に消防法が施行され、遅くても今年の5月中までに設置することが義務付けられている火災警報器です。

 うちはホームセンターでまとめて買ってきて自分でつけましたが、「こんなちゃっちいのが果たして鳴るんだろうか・・・」と思いましたが、しっかり役目をしてくれました。1個2,000円ぐらいでした。

 しかし、うちの子供、隣の部屋に寝てますが、あんな大きな音に気がつかずしっかりお休みでした。本人曰く、「これじゃ火災があっても寝てるわsleepy」と・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

もうこの辺でやめていただきたい

 朝起きると銀世界・・・

The_snowcovered_garden 10時ごろまで断続的に降り続いておりましたが、その後空が明るくなってきました。

 どうやら峠は越したようです。

 27年ぶりの大雪だそうです。

 さすがにこれだけ降ると車には乗りませんです。

 朝からせっせこ車庫前の道の雪かきをしました。愛知県で雪かき・・・なかなか体験できるものではありません。

 夕方には道路の雪も解け、ノーマルタイヤで走れる状態でした。

 用があって夕方に総合病院へ行きましたが、1時間半かけて歩いてきた人や先生は診察の時間になってもまだ来れなかったりと大混乱だったようです。

 トヨタ自動車は夜間の操業を中止しました。

 ラインは午後からストップだったようです。部品の納品が遅れる可能性があることや、従業員の出勤や帰宅への配慮のためだそうです。トヨタの関連会社の夜勤も中止になりました。おかげで付近の道路の往来は少し静かです。

 やれやれ・・・

 まだ平地には雪が残っておりますが、この状態だと明日は普通に出勤できそうです。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

やっぱし 降ったよ・・・

 予想通りの展開で雪が積もりました。sweat01

The_snowcovered_garden  朝6時頃、道路は日陰は凍っている個所もありましたが、幹線道路は普通に車の往来がありました。

 Yahooの天気予報は一日晴れで、雪が降る感じはありません。

 「これは車で出勤してもだいじょうぶかも・・・」

 でも7時半のテレビの天気予報ではこの辺一帯朝からsnowマークです。どっちが本当なの?!

 悩んだあげく、「もう!歩いていこう!」

 歩きましたよ。40分。

 朝から冷たい~!

 仕事をしていると、車を置いてきて正解でしたね・・・吹雪いてきました。typhoon

 その後降ったりやんだりでしたが、午後から積もりだしました。明日の朝まで10cmの積雪があるそうです。

 明日は休みでよかった。。。ホッ!

 帰りはチェーンをつけた課長補佐が同じ方向にコンサートに行くと言うので送ってもらいました。

 悩むより雪が降ったら絶対車には乗らない。

 これが一番です。scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

きゃ~!雪が降ってる!!

 夜、仕事をしていて7時半頃に外を見ると、なんと!雪が吹雪いているじゃありませんか!snowtyphoon

 思わずみんなで外へ見に行きました。

 風が強く、横殴りの雪が降ってます。かなり降っています。

 「これは困った・・・どうやって帰ろう・・・」

 そうなんですよ。私の車のタイヤはノーマルでブレーキを強く踏まなければいいとみんなは言うけれど、雪道なんてとんでもありません。wobbly

 そうこうしているうちに、あたり一面真っ白になるくらい降ってきました。車は坂の下の駐車場に止めてあるのですが、坂上の駐車場に止めたほうがいいと課長がおっしゃるので移動しました。

 でもこの時が一番ひどい時で、その後風は治まり、雪はチラチラ程度になりました。9時半頃に職場を出ましたが、道路は濡れているだけで凍ってもなく、普通に帰ることができました。

 問題は明日です。sweat01

 明日は朝から出勤なので、道路が凍っていると困るなぁ・・・

 念のために少し早めに起きます。dash

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

おやすみは赤川次郎

 毎日寝るとき布団の中で読むのは“赤川次郎”。

 いい睡眠薬代わりになるんです。sleepy

 へんに難しくなく、ユーモアがあって話のテンポが速い。

 「それならばおもしろくて寝れないじゃないか。」って思うでしょ?

 ところが寝れちゃうのです。

 早いときは3ページぐらいで眠くなります。

 だいたい毎日こんな感じなので、内容がチンプンカンプン。また始めから読み直しますが、なかなか前に進めません。でもしっかり読むときもあるんです。

 そういう時は一晩で単行本、一冊読んでしまいます。

20110113  

 おかげで私の本箱には赤川さんがたくさんありますよ。この写真は一部なのですが、この倍はあります。

 暇なときブックオフに行って、大量に買い込んできます。

 寒い夜にはいい睡眠剤ですよ。scissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

寒さが身にしみます

 「なんなの?この天気?」と言いたくなるほど毎日寒い。

 朝の冷たさ・・・

 「こんな寒い日に仕事行きたくない。。。」と思ってしまう。

 お昼はみんなお弁当持ちですが、応接室で食べたり、和室で食べたりしているのですが、事前にエアコンを入れておかないと寒くてご飯が食べられません。そのため最近みなさん、自分の席で食べています。

 私は食堂に行ってシルバーのおばさんたちといっしょに食べるのですが、、お弁当が保温じゃないのでチンをしないと寒くて震えてしまいます。

 お弁当を食べるのもこの寒さでは一苦労。

 でもまだ雪が降らないだけマシかも・・・雪が降ったらお手上げです。

 歩いて出勤しなくてはなりません。(雪が降ったら車にはよう乗れませ~ん!)普段車で10分前後。歩くと40分はかかるでしょうね~。

 20110112 こちらは地元の神社です。

 お正月の三が日を過ぎてから毎年地元の神社に初詣に行ってます。

 人が混んでいるところはどうも苦手で、人気がなくなってからいつも参上です。

 別に三が日に参拝しなくてもご利益はいっしょでしょうし・・・

 1月の末に毎年伊勢神宮に参拝に行くのですが、お伊勢さんは1月の末でも次から次へと人が参拝して手を合わすのがやっとです。

  この地元の神社は数年前にりっぱな参道を作りました。

 その前は一面じゃりが敷き詰められ、歩くとジャリジャリと風情な音がよかったのですが、参拝客が歩きにくい、特にお年寄りが歩きにくいということで参道を作りました。

 これによってまた1つ、神社の格が上がったようです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

冷蔵庫がないと困るよね

 年末にお正月用品を買いだめして冷凍室に入れました。ちょうどお正月の三が日のあたりに冷凍室の凍り方がおかしなと思っていたら、冷凍室が冷蔵庫になってしまいました。

 「あれ、あれ・・・?」と思っているうちに、冷たいところは野菜室のみとなり、おとといあたりから常温の方が低いんじゃない?と言う感じになってしまいました。

 しかたがないので電気屋さんに行きましたよ。冷蔵庫を買いに・・・

 お店の人と話して、「ガスがなくなったの?」

 「いえ、たぶん電気系統がだめかと・・・今の冷蔵庫は10年経つでしょ?」

 「かれこれ12、3年経つんじゃないかな。」

 「まぁ、それは寿命だね。」やっぱり寿命か・・・

 「そんな大きな冷蔵庫はいらないよ。」と思って買いに行ったのですが、買ったのは6枚ドアの今までの冷蔵庫よりまだ入る。

20110110

 置き場サイズが合うのがこれしかなかったからしかたがなかったけど、年末にテレビ2台買って冷蔵庫買って、そのうち洗濯機や掃除機続けてダメになるんじゃないかなってヒヤヒヤもんです。

 エコポイントはついたけど、去年のうちに買い換えてたらリサイクル料含んでいたのに・・・

 でもよく行く電気屋さんなので、その分値引きしてくれました。

 電化製品、だめになるときはいっしょだというじゃないですか。

 やだやだ・・・出費がかさみます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

にゃんさんが見た立抗

_1_4 _3_2

 幾春別からみた立抗。

 幾春別の町どこからでも立抗は見えます。

_2_4 _4_2

_5_2  月見坂から撮った立抗です。

 正面から撮った写真はインパクトがあります。

 建物の壁は当時爆風で吹っ飛んだとか・・・

 赤く錆びた鉄筋が哀愁を誘います。

 北海道遺産の1つだそうですが、長く残してほしいですね。

_6_2  そしてこの文字、「奔別」。威風堂々としています。

 今までもこれからもこの奔別と言う街があったことを伝えてくれる証人、奔別そのものです。

 これからも私たちのような者が訪れたとき、心の中に何かを残してくれる立抗です。

 にゃんさんからいただいた写真の最後がこの写真でした。

 きっとにゃんさんも何か感ずるものがあったと思います。

 春と冬とではまた違った雰囲気があります。

 当時はわずか2シーズンしか奔別の季節を経験しませんでしたが、移り変わるこういう季節に住んでいたことを思い出しました。

 にゃんさん、写真の提供ありがとうございました。

 心から感謝しております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

にゃんさん 奔別・幾春別を歩く

 新しい年を迎えて、今年も「秋色桜」をよろしくお願いいたします。

 その年明け早々のブログの記事は「奔別」です。

 昨年暮れにコメントを下さる「にゃん」さんが、12月の初めに奔別・幾春別に行かれたそうです。ご本人の了解を得て、写真をアップいたしました。

 私が訪れたのは春でしたが、12月のまた違った季節の奔別をお楽しみください。

 写真はすべて「にゃん」さんが撮られたものです。

_1  奔別への入口。幾春別の町。

 バスが通っている道ですね。奔別方向を見ています。

 私も半年前に同じ方向から写真を撮りました。半年しかたってないのでたいした変化はありません。

 ※3回目の幾春別へ

_2  こちらは新しい国道(旧幾春別駅)方向から見た奔別の立抗です。

 私が行った時も人がいなかったですが、ホントに閑散としています。

 みなさん、どこにいるのでしょう。寂しいですね。。。

 右側の白い雑貨屋さんは春に行った時は閉まっていました。「閉めたのかな・・・」と思っていましたが、お店はまだしているのですね。なぜかうれしいです。

_1_2 _2_2

 奔別への入口、月見坂です。右の赤い家はまだあるんですね~。

 そして繁栄していた奔別の街に続くこの坂。。。見ていると泣けてしまいます。

 この坂は立抗同様、奔別の象徴ですものね。。。

_1_3 _2_3

 月見坂を上がったところ、バス停があったロータリーのところです。

 左の写真はまっすぐ行くと中ノ沢方面へ、右に曲がると川端町の職員住宅がありました。右の写真は反対方向から見たところ、右の道路は月見坂へ降りる道、左の道路は小学校へ続く道です。

_5  この写真はそのロータリーから旭が丘?方面を見ているのだと思います。右に行くと中ノ沢方面。

 正面の赤い柵の道を上ったところが、ししさんが言ってた奔別炭鉱の事務所があったところだと思います。

 私はこの方面の写真を撮ってないので貴重な写真ですね。ししさん、よく見てくださいよ。

 当時この坂の上に何があったかなんて、私は全然覚えてないです。建物があった記憶もありません。

 ただこの坂の裏あたりに職員住宅があって、仲良くしていた同級生の弟さんがプールで亡くなりました。その子の家があったことは覚えています。

_3 _4

 左の写真は、ロータリーから奔別小学校へ上がる坂道。この上に小学校がありました。右の写真はその小学校沿いの道で、旧旧幾春別小学校側から奔別小学校を見た写真だと思います。

_6  旧旧幾春別小学校先にあった文房具屋さんらしき家です。

 ※旧旧幾春別小学校あたりを歩く

 「花ドロしないで下さい」・・・

 いつ書かれたものでしょう・・・

 いつ壊されても不思議ではないですが、少しでもこうして面影が残っているのはうれしいです。

 5月は草木が芽吹いて暖かい感じがしましたが、12月の雪が降る前の奔別は寒々として、また地に埋もれていくさびしい感じがします。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »