« 信長によせて カリスマの最期 | トップページ | 信長のパワーを求めて京都を歩く »

2010年11月 2日 (火)

信長によせて 後継者の秀吉のアピール

P1010679

 ここは臨済宗大徳寺にある総見院。

 信長の一周忌に織田信長の菩提を弔うため秀吉が創建したという。

 ちょうど秋の特別公開をしていた。

 本堂には重要文化財の高さ115cmの衣冠帯刀の姿をした信長の座像がある。頭が小さく、目が鋭い信長の容姿をよく捉えているという。

P1010682

 本堂の裏には信長の廟所。

 正面真ん中が信長、右側は長男の信忠、左は次男の信雄のお墓です。

P1010684

 秀吉が自分の権力を世間にアピールするために行ったような大葬礼。どこまで本当だったのかその真偽はわかりません。

 ただここにも信長はいないような気がします。

|

« 信長によせて カリスマの最期 | トップページ | 信長のパワーを求めて京都を歩く »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/37503300

この記事へのトラックバック一覧です: 信長によせて 後継者の秀吉のアピール:

« 信長によせて カリスマの最期 | トップページ | 信長のパワーを求めて京都を歩く »