« 夏と秋のmixing | トップページ | 素足が気持ちいいです »

2010年10月10日 (日)

在りし日の奔別の象徴 立抗

Ponbetu  幾春別の今は会社の入口になっているあたりから撮りました立抗です。

 私がいた頃は、「住友奔別」という名前が入っていました。いつから「奔別」に変わったのかわかりませんが、閉山前あたりに名前が変わったと風の便りで聞きました。

 Ponbetu2 当時この建物の周辺には何千人の人たちが行き来したのでしょう・・・

 今は人っ子一人もいません。

 「栄光も賑わいもすべて過去の昔のこと。今は私の行く末をどうぞ見守ってください。」と訴えているような立抗です。

Ponbetu3 Ponbetu4

 幾春別の町、どこからでも立抗は見えます。

 ただ1人の奔別の生き残り・・・物悲しく立つ姿は哀愁を誘います。

Ponbetu5  立抗側からみた幾春別の町です。

 当時この先には幾春別駅があり、手前の左手にはデパート風のお店もあったそうです。(私はよく覚えていないのですが、『ながやす』というお店だそうです)

 正面奥は山手町。

 駅構内人道跨線橋を渡って遊びに行きました。当時は炭住の家々が見えてましたが、今は生い茂った木々にさえぎられて先は見えません。

 波が引くように奔別から去った人々と共に、幾春別の町もまた、波に削られていったような静まり返った町になってしまったようです。

 奔別はこの立抗で始まって、この立抗で終る。そんな気がします。

|

« 夏と秋のmixing | トップページ | 素足が気持ちいいです »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
初めまして。
最初から読ませていただきました。
私は奔別小学校に2年生(昭和32年)から幾春別中学校に2年生の終わり(昭和39年)まで行ってました。
現在は群馬県桐生市に住んでます。

奔別は川沿町の二階長屋にいました。

月見坂とかとても懐かしいです。
川端町に生協がありましたよね。
鳥居沢とか本沢とか思い出します。
プール、映画館がありました。

思い出がいっぱいですが、一度も行ってません。
こちらのお写真を拝見させていただき、とても懐かしく目頭が熱くなる思いです。

校歌はうる覚えですが
「いただきはるか白い雲 大きくなれよと ささやくところ あしたの風に窓あけて 我らの奔別小学校」だったと思いますが…。
昔のことを語りあえる人がいないので、つい長文になってしましました。

このブログは大切にとっておきます。
本当にありがとうございました。


投稿: hokepie | 2010年10月25日 (月) 17時57分

hokepieさんへ

初めまして。

川沿町にお住まいだったというだけで感動なのですが、“奔小の校歌を覚えている”と言うのは涙が出るくらいの感動でした。
はい。第1はそのとおりです。

第2は 澄み行く空に高い星 希望にいきよとささやくところ 明るい炭山にともる灯も われらの歌にゆれている

第3は 嵐も雪ものりこえて しっかり手をとりいそしむところ 炭田いつか春めぐり われらの歩み待っている 

です。
実は私も1番さえもうら覚えでした。

今の奔別はご覧のとおり何にもありません。
あまりにも昔とのギャップが大きすぎて唖然としてしまいます。
昔の地形を覚えてなかったら、今行ってもほとんどわからないと思います。
川端の三叉路の突き当たりにあったのが生協で、病院横にあったのは日本商事奔別ストアと言うそうですよ。

機会がありましたら是非訪れてみてください。
感動があります。

コメントありがとうございました。


投稿: はな | 2010年10月25日 (月) 19時46分

はなさん 初めまして。
以前から何度かブログを拝見していて
涙が出そうな位懐かしくて。

私は、昭和32年に奈井江町で産まれ
1才から6年生の秋まで上川端に住んでいましたので、奔別の事は比較的覚えています。
最初に住んでいたのが、奔小の近くで
次は、バス停の前。
最後は、床屋さんの隣でした。

閉山前の44年に奔別を離れ青森県へ
高校2年の夏休みに一人で奔別を訪ねました。
その時は、炭住も、小学校も、映画館も残っていましたよ。
次に訪れたのは、10年位前かなぁ
タクシーに乗ったらドライバーさんが地元の方で、案内してくださったのですが面影もなくて寂しかった~
後は、4年前。 知り合いを訪ねて
弥生へ。

くるみ幼稚園の清水先生、なるせ先生
島先生を覚えてます。
小学校の校歌も覚えてます。
私は、鼓笛隊の総指揮をしました。

プールの事故の事も覚えてます。
知ってる子だったので 衝撃でした。

きりがないですね!

最後に、YouTubeで「子供盆踊り唄」の動画を見つけました。
すご~く懐かしいですよ!

又、私の知ってる奔別の事もお話したいです。
マンミの事覚えてる人いないかなぁ?

投稿: マンミ | 2010年10月31日 (日) 23時27分

マンミさんへ

初めまして。

お住まいが奔小の近くだったらmegさん、
鼓笛隊に在籍してたら整子さん、
くるみ幼稚園に行かれてたら紅さんやにゃんさん、
お知り合いがいるかもしれませんね。

プールの事故は同級生の弟さんでした。
「山下」さんと言ったと思います。
足が届かないくらい底が深く、黒くて底が見えないプールでした。
コンクリートだったので当たり前といえば当たり前ですが・・・

「子供盆踊りの唄」You Tubeで見ました。
そういえばあんな踊り方だったような・・・
メロディーも覚えがあります。

「島先生」は私が転校した3、4年の時の担任の先生でした。
妹さんが幾春別の月見坂の下に住んで見えました。
懐かしいです。

コメント ありがとうございます。

投稿: はな | 2010年11月 1日 (月) 22時21分

はじめまして。
今日、奔別炭鉱跡地に行ってみました。
父が昭和34年から36年の間、奔別炭鉱に勤務していたので、私は小学校は奔別小学校に入学しました。その年の夏には父が九州の炭鉱に転勤となり、3~4ヶ月しか通っておらず、幼稚園と小学1年の時代なのでほとんど記憶はありませんが、立抗や高台に学校があったことは覚えております。
今年8月に単身赴任で札幌勤務となり、10年前に1度来ており立抗以外何もないことは知っておりましたが、雪が降る前にもう一度、奔別炭鉱跡地に行ってみようと思いたまたま出かけてみたところ、11月7日、今日が幾春別小学校の閉校式とのことでした。
コンビニで奔別小学校は幾春別小学校に統合されたと聞き、何か資料が残っているのではと思い、幾春別小学校を訪ねてみましたが、奔別小学校の資料は卒業アルバムがいくつかあっただけでした。

宿舎に戻りネット検索したところ、このブログを見つけました。
炭鉱宿舎跡の3枚目の写真について、床屋があったと書かれてますが、床屋さんだったかな?パーマ屋さんのような気がしますが、私はその隣に住んでおりました。たぶん。?
また、パーマ屋さんで遊んでいたような気もしますが、さだかではありません。

実家の父に立抗の写真を送ったところ、非常に懐かしがられ、このブログも教えました。父の体の調子がよければ来春、父と訪れてみたいと思います。

長々と書いてしまいすみません。昔を思い出させていただきありがとうございます。

投稿: トシ | 2010年11月 7日 (日) 22時54分

トシさんへ。

初めまして。

トシさんからいただいたコメントがちょうど1,000回目のコメントでした。
ありがとうございます。

雪の降る前の奔別はいかがでしたか?
これからしんしんと降る雪の寒さが思い出されます。
三叉路のあたりに美容院があったのか、床屋があったのか、私は全然覚えてないです。
でもこのブログにコメントくださった方は、その近くに住んでいたという方が数人見えました。

幾春別小学校閉校ですか・・・
三笠高校も閉校になるようなので、この辺りはますます寂しくなりますね。
三笠市の幌内に「モダンアートミュージアム」があります。
ここには奔別の懐かしい写真や小学校の校章の写真が残っています。
今度行かれたら是非寄ってみてください。
お父様も是非行っていただきたいです。

たくさんの人が奔別をいつまでも覚えていて欲しいと思います。
コメントありがとうございました。

投稿: はな | 2010年11月 8日 (月) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/37171484

この記事へのトラックバック一覧です: 在りし日の奔別の象徴 立抗:

« 夏と秋のmixing | トップページ | 素足が気持ちいいです »