« 延命長寿の多賀大社 | トップページ | 世の中すべてがパスワード! »

2010年9月12日 (日)

奔別に続く月見坂を歩く

Tukimisaka_view

 月見坂から見た立抗です。

 この月見坂と立抗は遠い昔の奔別へ続く入口です。立抗は長い年月の雨風にさらされて錆びています。屋根には草が生い茂り建物自体が老朽化しています。

 立抗はあと何年こうして私たちに姿を見せてくれるのでしょう。奔別のシンボル、奔別と言う町があった唯一のなごり。一日でも長く姿が残ってて欲しいです。

Ponnbetu_shaft_view2  月見坂の中間辺りに、ちょうど上の立抗の写真を写した辺りに立抗への玄関となる入口がありました。

 たくさくの人がここを通って立抗の中に入っていきました。現在はロープが張られわずかななごりが見られます。

Ponnbetu_shaft_scenery1

 月見坂を奔別方面に歩きます。この建物も当時の残りでしょうか・・・

Bonnbetu_shaft_scenery2  立抗の向こうは中島町、新町あたりですか・・・

 裏側から見ると年老いて痩せて余分なところがない、かわいそうなくらいの姿です。

Ponnbetu_shaft_scenery3  ボタ山方向を見ています。当時は丸坊主で黒かったボタ山も今は木々が茂り緑色の山になりました。

 当時は月見坂から立抗がよく見えました。今は木が成長したのか、それとも伐採をしてないのか、夏になったら見渡すことはできないでしょう。

Ponnbetu_shaft_scenery4  さらに奥にある白い建物。ホッパーですか。

 敷地内には建物がいっぱい埋まっていたように思うのですが、今は余分なものがありません。

 道は右にカーブして川端町方面に続きます。

 わずか5~600mの坂道ですが、奔別の歴史がしっかり詰まっています。

 

|

« 延命長寿の多賀大社 | トップページ | 世の中すべてがパスワード! »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

花さんの郷愁を誘う文に、思わず読み惚れました。
過って過ごした日々、場所は、今思うと幸せの凝縮した時だった気がしてきます。

投稿: くらんぽん | 2010年9月14日 (火) 22時21分

はなさん、おはようございます。
月見坂を上っていく時に見える立抗・・・はなさんの言われるとおり象徴でしたね。
車で何処かに出掛けて家路に帰る途中、月見坂辺りにくると、あーもうじき家に着くなぁー帰ってきたなーと感じたものです。
何らかの策で後世に残して欲しいと願います。

投稿: にゃん | 2010年9月15日 (水) 07時50分

くらんぽんさんへ

こんにちは。
お久しぶりです。お元気でしたか?
ブログも更新されてないようだったので、
ちょっと心配しました。

奔別は何もないところなのに、どうしてでしょうね~。
何に誘われるのでしょうか。
少しでも家などが残っていれば、「あぁ、懐かしい。」と思うのですが、
そんな心境ともちょっと違うのですよ。
遠い遠い昔の思い出です。
奔別のブログを見られる方はみなさん、
そんな思いだと思います。

投稿: はな | 2010年9月15日 (水) 11時25分

にゃんさんへ

そうですね。
立抗しか残ってませんね。
それもホントに気の毒な姿ですね。
いつまであの姿を見せてくれるのでしょう。
1971年に閉山されたようなので、それから40年弱ですか。
40年もたつとあんなに変わってしまうのかなぁ・・・
あと10年もしたら自然化してますますわからなくなるかも・・・
もっと早く行っておけばよかったなぁとちょっと後悔しています。

愛知県からは遠いですが、機会があったら
数多く行ってみようと思います。

投稿: はな | 2010年9月15日 (水) 11時44分

はなさん、ししさんと連絡取れるのですか!
では私は母と連絡を取ってみます。
昔の奔別、幾春別の写真はないのかな〜?

投稿: 山下アキラ | 2010年9月15日 (水) 14時45分

山下アキラさんへ

ししさんとは連絡とれますよ~!
詳しい話はメールにてご連絡します。
お母さまとししさんは同級生ですよ。
よかったですね!
私もうれしいです!!

投稿: はな | 2010年9月15日 (水) 21時42分

こんにちは。
昨日、このブログに巡り会いました。
なんて、懐かしいんでしょう。
皆さん、あの時代、あの場所を懐かしく思い出されているのですね。
私は小学校は奔別小学校。中学校は幾春別中学に中学一年まで通いました。
両親は他界しましたので、もし、元気でいてくれたら、是非この写真を見せてあげたかったと思いました。
10年以上も前になりますが、東京生まれ、東京育ちの主人に私の育ったところを見せたいと奔別に行きました。
私が住んでいたのは、奔別小学校のグラウンドに続く坂を上りきった小学校に向かい左の家でした。小さい頃見た、石碑が右側に残っていましたので、なんとか分かりました。
家の前がグラウンドでしたので、ジャングルジムで良く遊びました。
その後、錦町に越したのですが、道路が良く分からず、あきらめてしまいました。
色々思い出しましたが、また、おじゃまさせていただきますね。
はなさん、ブログを書いて下さって、ありがとうございます。

投稿: meg | 2010年9月19日 (日) 21時26分

megさん 初めまして。

たぶんもう、何もなかったと思いますが、10年前に行かれたときはどうでしたか?
これだけ何もないとあ然としてしまいますよね。
奔別小学校のパノラマ写真アップしましたが、ちょうど車の後ろ辺りにmegさんのお宅があったと思います。
錦町と言ったら、「山下アキラ」さんの近くですね。

「旧旧幾春別小学校あたりを歩く」
http://akiiro-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-8783.html

が錦町です。
わりとわかりやすいので、今度は是非訪れてみてください。
コメントありがとうございます。

投稿: はな | 2010年9月20日 (月) 08時46分

早速のお返事ありがとうございます。
お写真を拝見しました。
私が行った時には、もう何もなく、「ここがグラウンド〜。」と思ってしまいました。

そうそう錦町は、車の後ろあたりですよね。
私が小学生の時には、兄がもう高校生で、三笠高校に通っていました。
昭和40年くらいは、まだ機関車が走っていたように思います。
兄が高校に通うのに、汽笛が聞こえてたような気がしますが。
あまり遠い昔の事で、私の頭の中で映画のシーンのようになっているのでしょうか?

投稿: meg | 2010年9月20日 (月) 15時40分

megさんへ

おはようございます。
やっぱり10年前は草原でしたか・・・
今の錦町も数件の家とお寺が建っているだけで、昔の面影は何もないです。

汽車のイメージはないのですが、札幌に出るときは幾春別の駅から乗りました。
構内もどんな感じだったのか、あまり覚えがありません。

megさんが住んでいた近くに、「大川さん」(名前は忘れましたが・・・)と言う方がいました。
ストレートヘアーの物静かな、頭のいい女性でした。
今はどうしているのかなぁ・・・
遠い昔の話になってしまいました。

投稿: はな | 2010年9月21日 (火) 07時34分

おはようございます。
小学校の前に住んでいた時、大川さんは何軒か先に住んでらっしゃいましたよ。
同じ方なら、良く遊びました。
お兄ちゃんは、同級生です。
私は4年生くらいの時に錦町に越してしまったので、
小さな町ですが、その後あまり遊んでいないように思います。皆さん、お元気かしらね。

投稿: meg | 2010年9月21日 (火) 09時18分

megさんへ

大川さんご存知でしたか!!
たぶん同じ方だと思います。
きれいな人でしたよね!
ホントに今どうしているのでしょう・・・
みんなどこに行っちゃったのでしょうね。
学校にはmegさんち側の道ではなく、住宅の間を通って登校してました。

学校横(奔別川側)にはたくさんのニセアカシアがあったことを覚えています。

投稿: はな | 2010年9月21日 (火) 22時17分

思い出しました。
真ん中にも道がありましたね。

アカシヤの木もグラウンドの周りにあり。
白い花びらが舞うのを見た記憶があります。

その頃、西田幸子さんの「アカシヤの雨がやむとき」でしたっけ、流行ったように思います。

くだらない事ばかり、思い出してしまいます。
ごめんなさい。
では、また、おじゃまさせていただきます。

投稿: meg | 2010年9月22日 (水) 18時08分

megさんへ

ニセアカシア、たくさん咲いてましたね。
今回行ったときも新しい道路側からアカシアがたくさん見えましたよ。

「再び奔別にやってきた2」
http://akiiro-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-9ac6.html

の上から8枚目写真が奔別川側から見たニセアカシアの木です。
懐かしいですね。
コメントありがとうございます。

投稿: はな | 2010年9月22日 (水) 22時58分

こんばんわ。「幾春別の詩」からここにたどり着きました。懐かしい奔別の話や写真がいっぱいで、つい涙が…大川さんって、ようこちゃんのことでしょうか?両親がお友達で私も小さい頃よく遊んだ記憶があります。ちなみに学年は、私のほうが下です。こけし食堂のラーメンもよく食べた思い出があります。幾春別の下駄屋(靴屋)さんの山口先生は妹の担任でした。もっともっといっぱいお話したいです。私の同級生や幼なじみの方はいらっしゃいますか?

投稿: 紅 | 2010年9月24日 (金) 02時00分

紅さんへ

初めまして。
そうそう!!「おおかわようこ」さんです。!!
思い出しました!^^
ストレートの髪のきれいな人でしたよね?
今はどうしているのでしょう・・・

山口先生は私は記憶にないのですが、みなさんご存知ですよ。

紅さんがおいくつかわかりませんが、上のコメントを下さったmegさんも同級生さんかもしれませんね。

よろしかったら、メールアドレス教えてください。「meg」さんも「かど」さんもメールアドレス教えてください。
アドレスはブログ上には掲載されません。
いろいろお話できると思います。

投稿: はな | 2010年9月24日 (金) 08時06分

こんにちわ!私は、炭鉱病院で産声をあげ、くるみ幼稚園を経て奔別小学校には5年生までいました。megさんより、二つくらい下になるのかな?プールの事故の頃は、確か上川端の小学校から下ったすぐのところに住んでいて、1年生の時だったと思います。大火事の時は、中段に住んでいて、同級生の家が燃え、クラスの皆で文房具とかを持ち寄った記憶があります。母の話によると、ようこちゃんはスチュワーデスになったとか?私にとっては、すごいお姉さんという存在でした。

投稿: 紅 | 2010年9月24日 (金) 12時20分

紅さんへ

くるみ幼稚園出身の方見えますよ。
大火事はいつあったのか私はわからないのですが、知っている人が多いです。

大川さんらしい職の選び方ですね。
ピッタリです。!

投稿: はな | 2010年9月24日 (金) 13時30分

くるみ幼稚園では、確かチューリップ組でした。その頃使っていたシルバーのハサミまだ持っているはずです。
megさんは奔別小学校の廃校式の時には、在籍していましたか?

投稿: 紅 | 2010年9月24日 (金) 18時06分

こんばんは。
連休を利用して、主人と長崎に行ってきました。
私は、よう子ちゃんのお兄さんの同級生で、中学二年の時に父の仕事の関係で、札幌に転校しましたので、廃校は知りません。
どちらかと言うと、炭坑を離れたのは、早い方だったと思います。
その後、何度か転校し、現在は東京に住んでいます。
小さな頃のよう子ちゃんは知っていますが、美女になったよう子ちゃんを知りません。
お母さんがお綺麗な方だったので、そうなんですね。

投稿: meg | 2010年9月26日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/36691271

この記事へのトラックバック一覧です: 奔別に続く月見坂を歩く:

« 延命長寿の多賀大社 | トップページ | 世の中すべてがパスワード! »