« 夏がくれば思い出す | トップページ | 旧旧幾春別小学校あたりを歩く »

2010年8月 5日 (木)

ご飯のお供にピーマン味噌

 ピーマンをたくさんいただいたので「さてどうしよう・・・」と、職場のシルバーさんたちとレシピの話をしていたら「ピーマン味噌」なるものを作ってみることになりました。

Piment_cooking

 左が私が作ったピーマン味噌。ピーマンとたまねぎを炒めて、くるみを入れたものです。

 ご飯のお供というより、冷やっことか焼きナスにかけるとおいしい感じ。

 右は職場のシルバーさんが作った米麹入りピーマン味噌。

 金山寺味噌風でご飯受けにはバッチリ!です。おかずがなくてもこれだけでご飯が食べれちゃう感じ。

 ネギを入れると風味が増しておいしい気がする。

 同じピーマン味噌でもいろんな作り方がありそうです。

|

« 夏がくれば思い出す | トップページ | 旧旧幾春別小学校あたりを歩く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

過って、北信の方では、夏の終わりころ葉っぱを“佃煮風に甘辛く炒め煮”して食べるとか、お茶うけにはよかったです。
以来、ピーマンがたくさんあると、“佃煮風に甘辛く炒め煮”にしたりします。

いま一番食べてるのが、ナス、きゅうり、トマト 狭い畑でも食べきれないほどなるんです。
こう暑いと、作るも大変です。down


投稿: くらんぽん | 2010年8月 5日 (木) 17時57分

飯田も暑そうですねsun
ピーマンは肉詰めにしたり、たくさんあると細切りにして、かつお節としょうゆで味付けて炒めてました。
佃煮風にしたのは初めてです。
最近「きゅうりのきゅうちゃん漬け」を教えてもらって作りました。
なかなかなもんです。
よかったら作ってみてください。
野菜もできるときはいっしょなので、いただくときはたくさんあります。
いただけるだけ、ありがたいと思います。

投稿: はな | 2010年8月 6日 (金) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/36038089

この記事へのトラックバック一覧です: ご飯のお供にピーマン味噌:

« 夏がくれば思い出す | トップページ | 旧旧幾春別小学校あたりを歩く »