« 白羽の矢が当たった! | トップページ | 山中の古刹の大洞院 »

2010年3月11日 (木)

遠州森町を歩く

 静岡県周智郡森町にある遠州一宮小國神社。1400年の歴史と古代の森、商売繁盛の神社です。

Enshuu_okuni_shrine

 ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)と呼ばれ、「因幡の白うさぎ」のお話の白うさぎを助けた神様だそうです。

Dscn1943

 りっぱな杉が立ち並ぶ表参道を歩いて行くと、朝のヒンヤリとした空気が漂っています。この参道の右手奥には川が流れていて、桜やもみじが植樹され時期になるときっときれいに咲くんでしょうね・・・

Dscn1956

 参道半ばにある事待池(ことまちいけと言います)。水の色が何とも不思議な色をしてました。

 今日は気温も低く寒い日でした。歩いていると足元からジンジン冷えてくる感じです。きっと夏に来ると涼しくていいところなんでしょうね~。

|

« 白羽の矢が当たった! | トップページ | 山中の古刹の大洞院 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

“事待池”木漏れ日のせいもあるか神秘的ですね。
暖かくなったら、そぞろ歩きをしたい景色です。

投稿: くらんぽん | 2010年3月13日 (土) 11時56分

とてもヒンヤリして寒かったんですよ。
池の色は表現が難しい色をしてました。
参道に沿って桜並木があり、春になったら
それはそれはきれいなことと思います。
きっと渋滞して行けないかも・・・

投稿: はな | 2010年3月13日 (土) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/33730269

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州森町を歩く:

« 白羽の矢が当たった! | トップページ | 山中の古刹の大洞院 »