« 遠い昔を思い出すヒガンバナ | トップページ | 秋の味覚の食べ放題 »

2009年9月22日 (火)

この季節を愛でる

 夕方6時半にはあたりがもう暗いです。

Sunset

 

 日が暮れるのが早くなりました。

 吹く風も肌寒い。

 お彼岸が過ぎると朝夕また温度が下がり、しのぎやすくなりますね。

Lycoris_radiata1  

 散歩道に咲いているヒガンバナ。

 鮮やかな紅色をしています。

 逢妻女川のヒガンバナよりはるかに鮮明な紅色をしています。

Lycoris_radiata2  

 あまりにもきれいな色をしていたので、じっと見入ってしまいました。

 所々につぼみが出てて、これからが見ごろです。

|

« 遠い昔を思い出すヒガンバナ | トップページ | 秋の味覚の食べ放題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヒガンバナはその花の赤さに、みとれますね。
信州でもあちこちで咲きだしました。

投稿: くらんぽん | 2009年9月22日 (火) 14時52分

場所によって色の具合が違うのですよ。
デジカメで捕るとまた違う。
ヒガンバナと言ったら深紅ですよね。
その深い赤色が心に残っています。
赤色の深さに見とれてしまいます。

投稿: はな | 2009年9月22日 (火) 17時56分

花さんの画像にある白っぽいヒガンバナ、また違う雰囲気、“魑魅魍魎”もいない、コロボックルが遊びそう。

投稿: くらんぽん | 2009年9月23日 (水) 06時12分

夕暮れ時の人気のない深紅のヒガンバナの妖しさは、
まさに妖怪が漂っていそうです。
同じ花でも色によって受ける雰囲気がこんなに
違うものかなぁと思います。

投稿: はな | 2009年9月23日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/31465197

この記事へのトラックバック一覧です: この季節を愛でる:

« 遠い昔を思い出すヒガンバナ | トップページ | 秋の味覚の食べ放題 »