« 信長によせて 尾張の風雲児の父 | トップページ | 心を豊かにする威力 »

2009年9月29日 (火)

骨董市を見て歩く

Oosukannon  大須観音の境内で毎月18日と28日に行われているという骨董市に行って来ました。

 今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、お客さんでいっぱいです。

 骨董市と言うので、どんなものが売っているのかと思っていましたが、昔家にあったようなものがゴロゴロと・・・

 「こんなものまで売っているの?」と言うものまで売っています。どう見てもガラクタとしか思えないものも・・・

 外人さんの姿も見えます。漆の小物入れを見てます。「これいくらですか?」「一万円だよ。」・・・

 「えぇ~!一万円!!!」・・・ホント???そんなにするのかな・・・

Oosukannon2  でも一軒一軒よく見て行くとなかなか面白いものもあり楽しめます。

 掘り出し物がきっとあるんでしょうね~!

 今流行の古着の着物や帯、かわいい小物のお店もあって飽きません。

Oosukannon3  しばらくブラブラしてましたが、結局何も買わず・・・

 アーケードの下町情緒のある商店街をぶらり歩きに向かいました。

|

« 信長によせて 尾張の風雲児の父 | トップページ | 心を豊かにする威力 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/31555998

この記事へのトラックバック一覧です: 骨董市を見て歩く:

« 信長によせて 尾張の風雲児の父 | トップページ | 心を豊かにする威力 »