« 乗り換えてみたけれど | トップページ | 再び奔別にやってきた2 »

2009年8月22日 (土)

ぶらり幾春別2

 幾春別と奔別の去年と今年行った写真がまだ残っているので公開します。

Kaiyouzi  ここは三笠からの幾春別入口に当たる海容寺。私はここで習字を習いました。

 現在この手前で二股に別れるバイパスができているので、観光バスはこの前を通りません。路線バスはこの前を通ります。この先本間病院の前を通り、旧幾春別駅があったところが中央バスの停留所終点になっていました。

Ikushunbetu1  ここがそのバス停留所からみた幾春別の町方面。正面まっすぐに行くと奔別の立抗に行きます。右に行くと桂沢方面。左に行くと三笠方面です。

Ikushunbetu2_2  幾春別の町中です。空立信用金庫の所にある横断歩道を左に曲がると路線バスが通る旧道です。(三笠方面へ)

Tatekou  ここが正面にある奔別炭鉱建物跡。現在会社が入り管理しているようです。

Ikushunbetu3  反対側から見た旧幾春別駅方面メインストリート。立抗入口から撮りました。

 昔は人の往来があったと記憶していますが、現在はこのように閑散として静寂さがあります。

Ikushunbetu4  上の写真左、白い建物の手前にある家。拡大しました。

 この家の手前から左に折れて奔別に行く道があります。年数的に私たちがいた頃から建っている家だと思いますが、記憶にありません。

Ponbetu1_2  この道が奔別に続く道。「月見坂」と言うそうです。正面丘上に奔別小学校がありました。左には家が建ち並んでいたと思いますが、現在はこんな状態。静かです。

※最後のこの写真は2008年5月末の写真

 他の上6枚は今年8月の写真です。

※今年行った幾春別の町はこちら 「ぶらり幾春別」

|

« 乗り換えてみたけれど | トップページ | 再び奔別にやってきた2 »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

懐かしくて泣いて居ます。私昭和14年生まれ71歳です。奔別小・幾春別中・三笠高校卒です。21歳昭和35年まで過ごしました。親は残りました。幾春別大火にも遭遇しました。国民学校1年生の時でした。坂下町にハモニカ長屋がまだ在りました時です。焼け出されて、他人の家を転々として、いろんな長屋に住みました。父の最期は本沢町の浴場の仕事でした。海容寺の禅寺は父の葬儀をお願いした寺です。
月見坂を朝鮮人の捕虜達が終戦で帰国するのを見送った坂です。今日はこの辺で……

投稿: ししちゃん | 2010年2月23日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/31055102

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり幾春別2:

« 乗り換えてみたけれど | トップページ | 再び奔別にやってきた2 »