« ぶらり幾春別2 | トップページ | 乾いた風の心地よさ »

2009年8月23日 (日)

再び奔別にやってきた2

Ponbetu  奔別へ続く旧バス通り。(今年8月の写真です)

Ponbetu2  ここからは去年5月の写真です。

 坂をずっと上ってみると右に迂回しています。この先にバス停がありました。左に行くと炭鉱のボタ山があったと思います。

Ponbetu3_2  ここはたぶん病院や映画館があった所よりちょっと奥あたりだと思います。上の写真の坂道を上り、一周して奔別川沿いにできた新しい道路に出ました。川沿町、錦大橋方向に向かっています。

Ponbetu4  上の写真より少し先。たぶん盆踊りをした広場や川端町の住宅があったあたりだと思います。

Ponbetu5  去年紹介した川沿町。川端町よりの方です。

 当時は正面土手までの広さがかなりあったと思うのですが、今は道路が横切って分断され、広さがいまいちつかめない。。。

Ponbetu6_2  

道路の反対側、奔別川沿い方面。

 ここに銭湯があったように記憶しています。

Ponbetu7  右側が川沿町。ふきのたくさん生い茂っている所は、上のバス停から降りてくる坂道でした。去年までこういう状態でしたが、今年行ったときはトラックの道用に整備されていました。

Ponbetu8  これから先は今年8月の写真です。

 この道は奔別川沿いから奔別小学校前にあった住宅に出る道。あまり記憶にありません。

Ponbetu9  そしてここは現在の錦大橋より北側にある桂沢に向かう道路と橋があった道。

Ponbetu10_3  この先を左に曲がると旧の橋に続きます。現在は家がポツンと建っています。

 歩いていると徐々にいろいろなことを思い出し、とても懐かしく思いました。

 また記憶違いをしている箇所があるかもしれませんのでご指摘ください。

 みなさんも懐かしく思ってくだされば幸いです。

 

去年のブログはこちらから

 三笠市奔別

 三笠市奔別と幾春別

三笠市桂沢

今年のブログはこちらから

 再び奔別にやってきた

|

« ぶらり幾春別2 | トップページ | 乾いた風の心地よさ »

北海道三笠市奔別・幾春別」カテゴリの記事

コメント

はなさん:
何度でも奔別の話を書いてください。
北海道の自然は、地形を含めて良いですね。
自然の残っている写真を楽かしんでいます。(靖)

投稿: 靖 | 2009年8月24日 (月) 05時57分

どれを見てもなつかしくて涙が出そうです。
もう、当時の住宅は何も残っていないみたいですね。ダムができるみたいですがそうなると奔別はダムの底に沈むということなのでしょうか?
さみしいですね。バスが通っていた道路があんなに狭かったとは思いませんでした。確かに立て坑を左手にして上っていくとバス停でしたね。本当になつかしいです。
 山口靴店はたぶんMKさんの担任の先生の家だと思います。
 はなさん、また奔別のお話、写真載せて下さい。いろんな事が思い出せて楽しいです。


投稿: 整子 | 2009年8月24日 (月) 11時31分

靖さんへ

昔の奔別は人も建物も多く活気がありました。
今は建物もなく自然そのままの姿です。
おまけにダム建設のためにか、りっぱな道路までできて、地形が変わりりつつあります。
このギャップが住んでいたものにとってはショックです。
建物が残っていたり、名残が残っていれば懐かしくは思いますが、何にもないのは空しいです。
いずれ北海道の自然に還っていくのでしょうが、50年100年後に積まれた石垣や、アスファルトの道路を見て当時繁栄した街があったと思いをはせる人が何人いるのかなって思うと寂しくなります。
一乗谷や清洲も同じですね。

投稿: はな | 2009年8月24日 (月) 14時35分

整子さんへ

本沢の奥にダムができるようです。
「奔別ダム」と言うそうです。
ダムに沈むようなことはないと思います。
住宅も看板もなんに~も残っていません。
ホントに何にもありません。
人の気配がありません。
ただ、病院があったあたりに露天坑の会社があります。
後はダムの土を運搬するトラックの往来だけです。
あんなに賑わった街だったのにね・・・
今回月見坂を歩いてみると「こんなに短い距離だったかな・・」と思いましたが、子供の足では当時は長く感じました。
子供の目線だと奔別は広く感じましたね。

投稿: はな | 2009年8月24日 (月) 14時49分

門の「山口靴店」と背の高い痩せて頬骨の目立った「山口先生」とは、結び付きませんでした、妹の担任でした、写真でしか存じませんでしたが。私と妹は13歳程の違いが有りますからね。自然に返るスピードが
早くて、写真を見せて貰いながら頭の中が
はち切れそうです。低い順/「川沿町:下川端:上川端町:旭ヶ丘町」で川沿町の桂沢に抜ける道を撮影してくれたのでしょうね。何れにしても感謝感激。

投稿: ししちゃん | 2010年3月 6日 (土) 16時08分

ししちゃんさんへ

山口靴店、先生を私は覚えていないのですが、
以前にコメントをくださったMKさんの担任の先生だったようですよ。
桂沢に向かう国道に今は錦大橋という橋があるのですが、
北側に昔の橋がまだあると思うのですよ。
残念ながらちょっと見つけることができませんでした。
きっと今でも渡れるような気がするのですが・・・
解体されたかもしれません。

投稿: はな | 2010年3月 6日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/31055668

この記事へのトラックバック一覧です: 再び奔別にやってきた2:

« ぶらり幾春別2 | トップページ | 乾いた風の心地よさ »