« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

残念です

Michael_joseph_jackson マイケル、好きでしたね・・・熱狂的なファンではなかったけれどあのダンスと歌、いまでも引き込まれます。

 今のヒップホップの原点ですものね・・・

 50歳にしてあれだけの踊りを維持していくのは、なかなかできるものじゃありません。

 整形もしていたのでだんだん顔が変わって行きましたが、彼を見ていると年をとる寂しさが伝わってくるような気がしました。

 「Black Or White」一番好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

すがすがしい庭のアクセント

Monarda  タイマツバナが咲き出しました。

 ピンクががった薄紫の花が涼しそうです。

 マツムシソウの花の色とよく似ているので、花の時期が終わりのマツムシソウに変わって庭を涼しげに演出してくれるでしょう。

Achillea_sibirica  今年は白いノコギリソウもきれいに咲いたので、梅雨時のうっとおしさを吹き飛ばしてくれそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

「あなたがいれば寂しくない」

Nicotiana_alata  春に種を蒔いたハナタバコが咲きました。

 星型のかわいい花なので毎年、苗を買って植えていたのですが、どうもうまくいかない・・・「この際だから種から育ててみよう。」と思い、やってみたらなんと、20株ぐらい咲きました♪

 大成功!です。

Nicotiana_alata2                    高温多湿を嫌うので、梅雨明けがどうなるか・・・でもこれだけ咲けば満足♪満足♪

 花言葉は「あなたがいれば寂しくない」だそうです。

Campsios_grandiflora  今日はお寺にお墓参りに行ったら、ケヤキの木にノウゼンカズラが・・・すごい!!

 おもわず見上げて眺めてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

街中の青葉と上品なユリ

White_elegance 名古屋市千種公園のユリ園に行ってきました。

 見ごろは過ぎたあたり。「もう一週間早かったらきれいだっただろうなぁ・・・」と思いましたが、気を取り直して散策。

 白いホワイトエレガンス。唯一見ごろのユリです。

 テッポウユリに似ている・・・

Iverna こちらはイベルナ。見納めです。

Bulunello ブルネロ。

Samur サムール。このユリも見納めです。

Chikusa_park 街中にそよ風が通るなかなかいいところです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

梅雨空にオレンジ花

Campsios_grandiflora  ここ2・3日の雷雨にはびっくりです。おかげで草が伸びました。

 知らぬ間にのうぜんかずらの花が咲いていました。

 初めてこの花を見たのは、妻籠でした。

 うまく支えをして咲かせると、しだれ桜のようにきれいに咲くのですが、うちは咲くがままにしているので、どこにでも這いずって行きます。

 抜いても抜いても出てくるし、親株は直径5㎝ぐらいの木になっています。

 花が咲くときれいだけど、ちゃんと管理してあげないとたいへんな花です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

黄色い初夏の花

Wildflower_garden  我が家の庭を彩る花々。「幸せの黄色い花々」が咲き出しました。

Hemerocallis_hybrida  今年は株が大きくなり、庭の真ん中に陣取っているヘメロカリス。

 去年の秋に植えかえしたのがよかったのか、花が大きくなりました。

20010614  この花はうちに来てもう10年以上になります。全然手入れをしてなかったので、消滅しそうでしたが、植えかえしたら増えました。宿根草なのですが、名前がわかりません。

 梅雨時のうっとおしさを吹き飛ばしてくれる花々です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

佐々木さん いらっしゃい!

Sasaki  安土町にある沙沙貴神社です。

 りっぱな木々に覆われた静かな参道を歩いて行くと、中世近江を支配した近江源氏佐々木氏の氏神として知られているようです。

Sakuramon りっぱな茅葺屋根の桜門。

 全国の佐々木一族への協力を呼びかけているようで、たくさんの「佐々木さん」のお名前がありました。

 滋賀県の指定文化財になっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

信長によせて 再び信長の夢の跡

                                                     Ootemichi  数年前、まだ拝観料を取らない頃訪れたときは人影もまばらでしたが、今回思ったこと。平日なのに若い女の人がいる。それもスニーカーではなく、革靴やサンダルで上っていくんですよ。戦国武将ブームだから?

 大手口あたりの発掘調査で、大手門あたりがきれいに整備されました。標識や案内板も増えたと思います。

 直線180mある石段の先には豪華絢爛な天守がそびえていたのですよ・・・

Ootemichi2  観音寺山方面を見ると水田が広がっています。当時は琵琶湖の湖水が山麓まで広がり、堂々たるお城が天下布武の象徴であったことは間違いないように思います。

 大手道の両脇には秀吉・利家・家康などの家臣の屋敷がありました。

Kurogenemon  ここは黒金門。お城の要塞の要となったところです。

Nobunaga  そして二の丸のうっそうと茂った木々の中にある信長の廟所。太刀、烏帽子、直垂などが収められていると言うけど遺骨はありません。

 でも案外信長はここにいて、近年多く訪れる人々を「おぉ~よく来た。よく来た。」と笑いながら見守っているのかもしれません。

Tennshu  天守入口は吊り上げ式扉だったと言われています。

Panorama  そして天守から見たこの風景。

 当時はすべて湖だったそうな・・・400年あまりの間にこれだけ開墾が進んでいます。時代の流れを感じます・・・

Sanjyunotou  そして摠見寺跡に残る三重塔。建立は安土城より古く、焼き討ちを免れた唯一の安土城を知る塔です。

 これから400年経ったらここはどうなっているのでしょうね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

信長によせて 甦る朱に輝く天守

 近江八幡まで行ったのなら、私が行かないわけがない安土城址。

Nobunaganoyakata  ここは安土城址に近い「信長の館」。スペイン、セビリアの万博に展示したという安土城の5階、6階天守閣の実物大の復元があります。

 原寸大だけあって迫力があります。 

 金沢金箔を10万枚、上塗り用の漆150kgを使用したという天守は豪華絢爛で、鯱や龍をあしらったと言う障壁画は信長の偉大さを現しているように見えます。

 もしこれが当時と合い変わらなかったら、信長の権力を象徴するのにふさわしい建築だったですね・・・

 これほどまでの天守がわずか3年足らずで灰になってしまったのだから、運命を象徴しているようにも思えます。

Azuchim  427年の月日は何事もなかったように安土の山を木々が覆っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

近江商人の風が吹く

近江八幡の街中を歩いてみると、八幡商人の息吹きにふれます。

Shinmachi  前方に八幡山を見渡す新町通り。古い商家街が軒を連ね、歴史の重みを感じます。

Bannke 市立資料館前にある旧伴家住宅。中に入るとりっぱな太い梁が並んでいて圧倒されます。また隣には旧西川家住宅があり、商人の生活を感じることができます。

Hakuunkan  八幡掘りの近くにある白雲館。近江商人たちが子ども達の教育の充実を図るため、ほとんどが寄付で賄われていたという旧八幡東学校です。

Himurehachimangu  八幡山の裾野にある、日牟礼八幡宮。千有余年の歴史を誇る近江八幡の総社。山門の彫りの彫刻に圧倒されます。

近くに「クラブハリエ」のお店もあります。前日にテレビで紹介されたせいかも知れませんが、お客さんの車でいっぱい!!みなさんバームクーヘン買ってましたよ。

Dscn1453_2  今回お昼をいただいた「トプカベスカ」さん。

 カレーのお店です。印度カレーと欧風カレーがあります。お店の売りは印度カレーのダルポーク。辛さは5段階で3でもかなり辛いようです。

 私は勇気がなくて、欧風カレーの野菜ポークにしました。それでも辛口の方です。

 明るいお店のママさんが「食べれますか?」

 「このくらいならだいじょうぶです。せっかく来たのだから印度カレーにすればよかったです。」

 「どこから見えたんですか?」

 「愛知県です。」

 「えっ!愛知県!?こんなところまで食べに来なくても愛知県には有名なCoCo壱番屋があるじゃないですか?」

 確かにね。CoCo壱番屋おいしいけどね。。。

 なかなかおもしろいママさんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

静けさ流れる初夏の八幡堀をゆく

Hachimanbori_top  かねてから行きたかった近江八幡市に行ってきました。

 国の伝統的建造物群保存地区に指定されているだけあって、堀の周辺には、蔵や築100年以上はするようなりっぱなお宅が建ち並んでいます。

Hachimanbori   映画のロケに使用されるような白壁土蔵の古い町並みが堀の景観とマッチしてとてもいい雰囲気です。

Hachimanbori3  八幡掘りの周りには『かわらミュージアム』もあり初夏の花、菖蒲がきれいに咲いて、カメラマンの撮影スポットになっていました。

Hachimanbori2  のんびり歩いていると時間を忘れてしまいそうです。「いいなぁ・・・こんなところが地元にあって・・・」

Hachimanbori4  ただちょっと残念だったのは水が濁って汚かったこと。浄化されないのでしょうか・・・

 もっと水がきれいだったら、周りの景観も最高だっただろうに・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

やさしくさわやかに

Japanese_iris  ささゆりの里の駐車場そばに咲くハナショウブ。

 満開に咲いています。

 梅雨の雨の中に咲いている姿もいいけど、緑の山里の田んぼに咲いているのもなかなかステキです。

Japanese_iris2 渡る風が涼しくさわやかです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

上品に清楚に咲くささゆり

Lilium_japonicum  豊田市松嶺町にある「ささゆりの里」。

 今とてもきれいに咲いています。

 地元の方の手入れが行き届いていて、花も大きく、鉄砲ユリのように一本の枝から5、6枚の花が咲きます。

 笹の中にも咲いています。「よく絶えないで咲いているなぁ。」と感心してしまいます。

Lilium_japonicum2 淡いピンク色が清楚で、うつむき加減に咲く姿は見る人を魅了しますね。。。

 見ているだけで心和む気がします。

Lilium_japonicum3  平日なのにお客さんはたくさん見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

横目で眺めてます

 夕方の日の暮れる頃、ワンの散歩に出かけます。

20090531  冬の頃のように長い距離は歩きませんが、1時間は行ってきます。

 アスファルトで舗装してない道路、ワンにとっては足の裏が暑くなくて歩きやすいようです。

 夏になると昼間暑いので散歩は夜になります。夜はそう歩けないので、私は運動不足気味になります。

 以前他にも犬を飼っていたけど、こんなに散歩させてあげてなかったなぁ・・・

200905312  外で飼っていたので縛られていたし、肉を毎日ご飯に混ぜてあげていなかったし、かわいそうだったなぁと思う・・・

200905313  それに比べたら今のワンは・・・

 「はな、あんたは幸せもんよ!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »