« 藤の下の散歩道 | トップページ | 蔵と運河の醸造のまち »

2009年5月 3日 (日)

信長の台所といわれる津島

Tennougawa_park  藤棚がある天王川公園。

 この川の左には楕円形の池があり、7月の第4土曜日に365個のちょうちんを半円形に山形にした巻藁船がこの川を渡ります。

 この祭礼は500年以上も続き、織田信長も幻想的な祭礼に見入ったと言われています。

Chigomonn  半日しか時間がなかったので、津島をゆっくり見てくる場所もなかったのですが、街中を歩いていると黒い格子戸の家並みが並び、歴史を感じさせる町並みが残っています。

 稚児門は川祭りの祭礼当日、乗船する稚児が門外の水路から祭礼本船に向かったことから名づけられ祭り執行には重要に役割を持つ門だったそうです。(案内板より)

Noguchi_house  国際的詩人と言われた野口米次郎の生家です。

 そういえば天王川公園の中ノ島に像がありました。

 津島に目をつけたのが信長の父信秀で、この地の有力者と結んで交通の要衡を押さえ尾張統一への足がかりをつかみました。かつては港町であったという津島は「信長の台所」と言われ、経済の基盤であったようです。

 

|

« 藤の下の散歩道 | トップページ | 蔵と運河の醸造のまち »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

天王川公園
流れのある風景いいですね。涼風が吹いてきそうです。

投稿: くらんぽん | 2009年5月 5日 (火) 05時49分

池のほうは人出がいっぱいですが、
裏側はこんな感じでした。
川べりをゆっくり散歩するものいいですね。
津島の町は2回訪れましたが、
なかなかいいところでしたよ。

投稿: はな | 2009年5月 5日 (火) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/29417962

この記事へのトラックバック一覧です: 信長の台所といわれる津島:

« 藤の下の散歩道 | トップページ | 蔵と運河の醸造のまち »