« 信長の台所といわれる津島 | トップページ | ごんぎつねのふるさと »

2009年5月 4日 (月)

蔵と運河の醸造のまち

Mizkan  知多半島半田市の運河沿いにミツカン酢の黒い板囲いの蔵が建ち並びます。歩いているとほのかに酢の香りがしてきます。遠くに見えるのは近代的なミツカン本社。

 こいのぼりの遊歩道を歩いて行くと、

Sakenobunkakan 「國盛 酒の文化館」が見えてきます。日本酒造りの伝統的な先人達の技などの文化遺産を展示した建物で、実際に酒造りが行われた酒蔵をそのまま生かしたものだそうです。

 この隣には中埜半六邸があり、年に数回しか公開されない大邸宅で、この日はコンサートをしていました。

 三八朝市が開いている路地を通って紺屋海道を北上すると赤いレンガの建物が見えてきます。

Handa  「旧カブトビール」の醸造工場で、この日は中も公開されていたので入ってみました。

 寒いです・・・

 温度は何度に保たれているのでしょうか。2重、3重の壁からなり、室全体が外気から遮断された感じです。一部には5重の複壁のところも・・・

Handa2 外の壁には戦争当時の米軍機からの銃撃痕の痕が残っています。隣のハウジングセンターといい、大駐車場といい大規模な工場があったことが伺われます。

Nakano  駅前にある旧中埜半六邸住宅です。ドイツ風の山荘を模したといわれる別邸で国の重要文化財になっています。

 現在は紅茶専門店として利用されていますが、2階のテラスの部分は朽ち果てて今にも落ちてきそうだし、屋根の色ははげてむらになりひどい状態です。手入れはできないものなんでしょうか・・・せっかくの遺産がもったいないです。

|

« 信長の台所といわれる津島 | トップページ | ごんぎつねのふるさと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

運河のある風景ってイイですねhappy01
小樽に行っても思いましたが、運河本来の利用って出来ないのでしょうかね。。。
エコだと思うのですがcoldsweats01

投稿: | 2009年5月 4日 (月) 11時27分

ぬさんへ

運河はやっぱり小樽でしょ!
小樽は観光客いっぱいですもんね~
半田はみやげ屋などはありません。
観光客もいないですけど・・・
ただ水が汚いんです。
もうちょっときれいにできないもんですかね・・

投稿: はな | 2009年5月 4日 (月) 20時18分

運河の風景、ほんと素敵ですね。
レンガ造りの建物、日本じゃないみたいですね。
そして旧中埜半六邸住宅、画像からはとても瀟洒な建物に見えます。
もったいないですね。

投稿: くらんぽん | 2009年5月 5日 (火) 05時43分

鯉のぼりたくさんでうきうきしちゃいますねnote
国の需要文化財が紅茶専門店って素敵だわぁ~

投稿: かほく | 2009年5月 5日 (火) 15時32分

くらんぽんさんへ

写真で見る限りはとっても素敵なのですが、
近づいてみるとひどいものです。
いつテラスが落ちてくるかと思うと
優雅に紅茶なんか飲めませんよ。
重要文化財なら国がもっと管理すれば
いいと思うのですが、予算がないのでしょうかね。

投稿: はな | 2009年5月 5日 (火) 15時37分

かほくさんへ

こいのぼり、優雅に泳いでいましたよ。
運河の町はいいですね。
人通りがあまりないのがよかったかも・・・
ずう~っと歩いていたい気分でした。

投稿: はな | 2009年5月 5日 (火) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/29420088

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵と運河の醸造のまち:

« 信長の台所といわれる津島 | トップページ | ごんぎつねのふるさと »