« 我が家の初夏♪ | トップページ | 花咲く季節です♪ »

2009年4月19日 (日)

信長によせて 兄弟とて

Fukuzouzi  関宿中ほどにある福蔵寺。

 ここは信長の3男、織田信孝の菩提寺でもあります。

 信孝の母は側室の坂氏と言い、次男の信雄(母は生駒氏)より数日早く生まれたという説がありますが、母の身分が低かったため3男にされたと言われています。しかし坂氏は北伊勢随一の豪族関氏の庶流鹿伏兎氏の庶流にあたり、けっして生駒氏に見劣りする出生ではない。(Wikipediaより)とも言われ、信長の寵愛を受けた生駒氏がいかに特別な存在であったかがわかります。

 信孝は北伊勢の神戸城主具盛の養子となりますが、本能寺の変後、兄の信雄に攻められ愛知県美浜町の野間大坊で自刀します。その首級は神戸城で受け取りを拒否され、この福蔵寺に葬ったそうです。享年26歳の若さでした。美浜町の安養院では信孝の自刀の血染めの掛け軸があるそうです。

 出生のときから因縁があった兄弟ですが、悲しい戦国時代の定めですね・・・

Omannokata  またこのお寺には、亡き父の仇討ちを行った「関の小万の方」のお墓 があります。また小万が生まれ育った「山田屋」は13日に紹介した現在の「あいずや」で今も残っています。

|

« 我が家の初夏♪ | トップページ | 花咲く季節です♪ »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

なんと非常な事でしょう?
愛憎が深ければ深いほど、非情になってしまうんでしょうね。
与謝野晶子が、戦争に駆り出される弟を嘆く詩がありますが、“君死にたもう事なかれ”と、嘆いた人がいたことでしょう。

投稿: くらんぽん | 2009年4月19日 (日) 16時58分

お家のためとか、血筋のためとか
そういう習慣がごく最近(明治時代)まで
残っていたのですから、世の中非情ですね。
26歳の若さで死んでいかなければならない
なんて、今の世の中では考えられないことです。

投稿: はな | 2009年4月19日 (日) 23時25分

お笑いみて、のんきに笑ってるのが申し訳ないです~
忘れちゃいけない歴史ですねconfident

投稿: かほく | 2009年4月20日 (月) 07時46分

親子だろうが兄弟だろうが
容赦しないで殺しちゃう戦国時代は
今の時代からすると考えられないけれど、
考えによっては今の日本が平和すぎて
おかしいのかも・・・

投稿: はな | 2009年4月20日 (月) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/29114591

この記事へのトラックバック一覧です: 信長によせて 兄弟とて:

« 我が家の初夏♪ | トップページ | 花咲く季節です♪ »