« やさしい春の色 | トップページ | 柔らかな日差しがこぼれて »

2009年3月25日 (水)

千年の風格の彩り

 岡崎市奥山田町にある天然記念物のしだれ桜が身頃になっています。

 1300年ほど前に植えられたというエドヒガン桜です。

Shidare1  のどかな田園風景の向こうに1本の老木の桜、小高い山の麓に植えられています。

 数年前に見に来ましたが、風格は衰えず華やかに咲いています。何よりも木の大きさに圧倒されます。

 1300年の月日見守ってきたんですね~。感無量です。

Shidare2

|

« やさしい春の色 | トップページ | 柔らかな日差しがこぼれて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「たぐひなき花をし枝に咲かすれば桜に並ぶ木ぞなかりける」(西行)特に2枚目、圧倒されますね。

投稿: くらんぽん | 2009年3月25日 (水) 09時44分

老木のそばに居ると
威圧というか、圧倒されます。
それだけ精霊が宿っているから
なんでしょうが、
1300年はねぇ・・・
言葉がありませんよ・・・

投稿: はな | 2009年3月25日 (水) 19時40分

愛知にも立派な桜が有るんですね。
巨樹の雰囲気が良いですね。

投稿: やや | 2009年3月26日 (木) 20時36分

1300年はさすがに言葉がありませんね。
ここまでお世話する人々の苦労は
たいへんでしょうね。
愛知もりっぱな老桜がありますが、
ここまで古いのはめずらしいです。
そちらにもたくさんありますね。

投稿: はな | 2009年3月27日 (金) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/28779177

この記事へのトラックバック一覧です: 千年の風格の彩り:

« やさしい春の色 | トップページ | 柔らかな日差しがこぼれて »