« 静寂に包まれる空間 | トップページ | 地球にやさしいエコロジー »

2009年2月24日 (火)

信長によせて 西への夢

 去年、新聞に「岐阜城 信長の居館 復元の野望」 岐阜市長「5、6年後の実現をめざす」と言う見出しがトップページに載っていました。Nobunaga_castle

 近い将来復元されるのであれば、信長に近づける楽しみがありますね。

 ここは金華山の麓の岐阜公園。織田信長の居館があったところです。現在発掘中なのでこれより先には入れません。Nobunaga_statue

 信長は山頂の城ではなく、麓の居館で暮らしていた言います。

 傍には『若き日の信長』の像が建っています。Stone_wall 

 この右手に居城があったと思われる地に続く現在の石段があり、上っていくと以前の発掘調査で発見された居館への通路の石組みが見えます。The_castle_where_oda_nobunaga_resid

 そしてここが信長の居館があった場所として発掘調査が行われているところです。

 金華山にある岐阜市歴史博物館には、信長の時代の岐阜城の図が展示されています。

 居館は4層の建物があり、門外には家臣の屋敷やお寺、その外側には町並みがあり、楽市楽座の導入によって多くの職人や商人が集まっていたと書いてありました。

 

Excavate_the_ruins  今回の発掘調査で茶室か蔵の磁石を発見したようです。

Excavate_the_ruins2  宣教師フロイスは「劇場のごとき大なる家屋」に驚き、美麗な座敷や静寂な茶室に感じ入り、4層の展望から岐阜の町を信長と眺めたことでしょう・・・

Gifu_park  豪壮な御殿、ここから信長の天下布武は始まりました。

 『美濃を制するものは天下を制する』

 『武をもって天下を治める』は、自らの理想を象徴する政治理念の表現だったのではないでしょうか。

 信長の夢は常に西へ西へと向いていたように思います。

|

« 静寂に包まれる空間 | トップページ | 地球にやさしいエコロジー »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

“西に思いをはせて”信長を突き動かした力は何?
昨日、日本にはじめて地下鉄を導入し、16年後には有無を言わさず日本国に没収された人:早川氏の話を観ました。“その時歴史は動いた”(NHK:BS:再放送)
天命を授かって生まれた人の一人でしょうか?

投稿: くらんぽん | 2009年2月24日 (火) 09時34分

発掘してみたいです~
ゲームではよくやるのですがcoldsweats01
簡単にはいかないですよねsweat02

投稿: かほく | 2009年2月24日 (火) 21時32分

くらんぽんさんへ

西には朝廷があるからです。
『京を制するものは天下を制す』

朝廷を吸収したのちは・・・
世界に出て行ったかもしれませんね。
信長は新しいもの好きで、
キリスト教の宣教師にも進んで会い、
異国への関心を示しました。
王政主義国になり、海外の国と貿易を結んで、
信長の死後は日本はヨーロッパの植民地に
なっていたかもしれません。

投稿: はな | 2009年2月24日 (火) 22時30分

かほくさんへ

私も信長関係なら調査に加わってみたいです。
それ以外はしたいと思わないけど・・・
会ってみたいです。信長に・・・despair

投稿: はな | 2009年2月24日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/25365447

この記事へのトラックバック一覧です: 信長によせて 西への夢:

« 静寂に包まれる空間 | トップページ | 地球にやさしいエコロジー »