« 信長によせて 信長を悩ます知謀の軍師  | トップページ | 信長によせて 西への夢 »

2009年2月23日 (月)

静寂に包まれる空間

 竹中半兵衛陣屋跡地から西に向かって1.7km、広大な田園奥の山沿いに伊富岐神社があります。

Ibuki_shrine  広い境内は薄暗く閑散として、人が訪れていない雰囲気が漂っています。

Outer_shrine  御祭神は、伊富岐大神 素盞嗚尊 多多美比古命 で美濃国二宮として崇敬されており、岐阜県指定の天然記念物の杉の古木があります。

Cedar_tree  これが県指定の天然記念物の大杉です。あまりの大きさと太さ、勢いのよさに圧倒されます。

  この大杉は根元の周囲約9.6m 目通り約6.6m 高さ約30mで、地上5mあたりから4本の幹に分かれている。枝張りは東西約10.5m 南北約16mで、樹勢も好く県下で稀な大木である。
 いい伝えによると関ケ原の戦いの時、社殿は兵火にかかったが、御神体は幹の分れたところに安置してあったので安泰であったという。古来より御神木として仰がれている
。(境内案内より)

 あまりにも一際閑静な地に浸っていると、目についた看板が1つ。

 『熊出没注意』・・・

 確かに熊が出てもおかしくない雰囲気ですけど、近くに民家もあるのにこんなところまで熊が出るんですか・・・

 普段見ない看板にちょっとドッキリ!しました。

|

« 信長によせて 信長を悩ます知謀の軍師  | トップページ | 信長によせて 西への夢 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

写真を拡大してみると、確かに凄い杉の木ですね。けどその割りに上の方で枝分かれしていて面白い格好です。凄い! (靖)

投稿: 靖 | 2009年2月23日 (月) 09時58分

靖さんへ

太さはかなりあります。
そばに行くと、圧倒されます。
地上5mのところから4つに枝分かれして、
中央にご神体を祭っていたので、関が原の戦い
の時に焼かれずにすんだそうです。
ご神体を探したのですが、よくわかりませんでした。
りっぱな杉の木でした。

投稿: はな | 2009年2月23日 (月) 19時19分

熊ですか!!!Σ( ゜Д゜)ハッ!
看板があるってことは、出たことがあるんでしょうね~
はなさん気をつけてくださいねーー

投稿: かほく | 2009年2月23日 (月) 21時03分

かほくさんへ

だいじょうぶですよ~!
もう行かないからhappy01
でもこのタイコ橋の手前に集落があって
家が数件あるのですよ。
さぞびっくりしたでしょうね~!

投稿: はな | 2009年2月23日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/28295562

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂に包まれる空間:

« 信長によせて 信長を悩ます知謀の軍師  | トップページ | 信長によせて 西への夢 »