« 優雅にお茶を | トップページ | 休みの日には »

2008年12月18日 (木)

笑う門には福来る

 先日地元の文化祭で「三河万歳」を初めて見ました。

Mikawamanzai  国指定重要無形民俗文化財に指定され、三河地方に伝わる伝統芸能です。お正月の祝芸ですが、今では季節を問わず慶事時に披露されているようです。

 起源は(ウィキペディアより)

 1594年文禄3年)に豊臣秀吉が、大坂の声聞師(唱門師・千秋万歳などの芸能を生業としていた人々)120人余りを荒地開墾のため張るに移住させた。しかし1598年慶長3年)の豊臣秀吉の死後も、多くの声聞師が京や大坂に帰らず尾張に留まり、その中から三河に万歳を伝えるものがあったという。

 地元のボランティアの方が趣味でしているそうですが、これがよく聞いていると結構面白い!

 お正月にこのような景気のよい漫才を聞いて1年、無病息災・商売繁盛・延命長寿をお祈りし、「必ず福来たる」と言う漫才に「新しい年が笑いの耐えない、よい年でありますように・・・」と願います。

|

« 優雅にお茶を | トップページ | 休みの日には »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

三河万歳、玉すだれしか見たことないけど、こうして起源等を知ってみるとまた違いますね。
やはり天下を取った人は、何かしら後世に残す、流石です。(逆も言えますが)
笑顔、意識しなくちゃ!

(リンクの件、ごめんなさい。こんなんでいいのか?心配でした。)

投稿: くらんぽん | 2008年12月19日 (金) 11時21分

こんばんは。くらんぽんさん。

万歳なんて年寄りが見るものじゃん・・・
と思ってましたが、なんの、なんの。
話が結構おもしろいのです。

こういうのがおもしろいと思うのは、やっぱり
年寄りになった証拠でしょうか・・・coldsweats01

投稿: はな | 2008年12月19日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/26280132

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う門には福来る:

« 優雅にお茶を | トップページ | 休みの日には »