« 朝日をあびて | トップページ | 紅葉の内々神社 »

2008年11月 6日 (木)

信長によせて 天下のはじまり

 ここは名古屋城。

Nagoyac

 信長の天下統一はこの名古屋の地から始まりました。

 現在の名古屋城は戦後に復元されたものです。信長が育った「那古野城」は現在の二の丸付近にあり、石碑がひっそりと建っています。

Nagoya

 若き信長はここの城主にもなりました。

 名古屋城=徳川家当主の城。信長の面影はこの城にはありません。那古野城は生まれた城のみで、信長にとって尾張とはあまり愛着がなかった土地なのかもしれません。

 しかし、信長の天下統一はこの地が大きな土台になったことは言うまでもありません。

 若き戦も知らない青年が有力な武将になっていく、風雲児の面影は今の世にもしっかり残っています。

Atuta  ここは熱田神宮。

 桶狭間の合戦に出陣する際、信長はここで勝利への祈願をしたと言います。樹齢1000年を超える木々の間の参道を歩きながら、合戦の勝利を確信していたのでしょうか・・・

 いろいろな情報を集め探り、四方八方に手を尽くした信長の思案が今川義元の油断を誘ったのだと思います。

 ごく少数な兵だけでの「棚からぼた餅」的な勝利でしたが、信長自身あらゆる思案をつくし、的確な決断力で運まで味方につけての勝利でした。

Nobunagabei  熱田神宮の中にはその勝利を祝って寄贈した「信長塀」が今も残っています。

 この戦いから20数年後、人生50年、人生夢幻と舞った風雲児は、自らの姿かたちも残さずこの世から消えていきました。

|

« 朝日をあびて | トップページ | 紅葉の内々神社 »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

よく、“棚から牡丹餅”とか言いますが、実は、運が味方に付くのは、花さんの考察通り、“信長自身あらゆる思案をつくし、的確な決断力があった”から、運を引き寄せたのだと、読みながら思いました。
 何事であれ、“運を引き寄せられる自分磨きをしなくちゃ”ですね。

投稿: くらんぽん | 2008年11月 7日 (金) 20時56分

くらんぽんさん そうです!

オーラで人を引き寄せる人になりたいですね!
勝海舟の自伝に「元気のいい人は、頭から
湯気が立ち上っている」と言う言葉があります。
こういう人は勢いがあるんですよね。
信長もそうだったと思います。
他人の意見をいっぱい聞いて、向上心の
ある人になりたいですね。

投稿: はな | 2008年11月 7日 (金) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/25061074

この記事へのトラックバック一覧です: 信長によせて 天下のはじまり:

« 朝日をあびて | トップページ | 紅葉の内々神社 »