« 朱色に染まったピラカンサ | トップページ | 爽秋 »

2008年10月25日 (土)

信長によせて 美濃を制して

Kiyosu

 ここは清洲城。若き織田信長が天下取りの基盤となった出世城です。

 現在は五条川を挟んで東側にお城が建っていますが、実際には東側にありました。現在は信長の社が祀られ石碑が建っています。

Kiyosuo

 朱塗りの欄干の大手橋を渡るとお城内部には、出陣のために舞ったという「敦盛」を信長と濃姫の人形が展示してあります。でもこのお城は当時の面影は全然ありません。

 お城自体も清洲城の天主に関する資料がないため、桃山時代の城郭を参考にして作られていると言います。

NobunagasNobunagay  唯一信長を感じさせてくれるのは、天主台の後に立つ小さな社。 桜の木々が植えられ、春にはこのように満開の中ひっそりと社が鎮座しています。 

 わずか4年しか居なかった小牧城。

 新しく造った小牧城に側室である吉乃を迎え入れるが、まもなく亡くなりました。信長は小牧城の天主から吉乃の墓地を望み涙したと言います。

Kyushozi  その墓地がここ久昌寺。

 訪れた時はひっそりとして人影もありませんでした。このお寺の西、名鉄の線路を渡った田代墓地に吉乃荼毘地があり、墓地の奥に観音像と桜の木があります。

Gifut  遠くからでも岐阜城の天主を見ることができます。

 長良川を見下ろす断崖絶壁の金華山にそびえ立つ岐阜城。

 ここから織田信長は「天下布武」の道へ邁進しました。山頂に立つと360度のパノラマは信長なりとも美濃を制する気分にさせてくれます。

Gifu 山麓のロープウェイ登り口にある信長居館跡では、最近発掘調査で遺構が見つかったとされる現場が一般公開されました。信長はほとんど天主にはおらず、この麓の居館で暮らしたそうな・・・壮麗豪華な居館が安土城同様に解明されていくことを信じたいです。

 

 

 

|

« 朱色に染まったピラカンサ | トップページ | 爽秋 »

織田信長」カテゴリの記事

コメント

はなさん:

あなたの信長を思う心が、湧き出るようにあっかれていますね。このように信長を思うあなたは、一体何者ですか?

投稿: 靖 | 2008年10月26日 (日) 22時12分

はなさん:

あなたの信長を思う心が、「湧き出るようにあっかれていますね。」このように信長を思うあなたは、一体何者ですか?

ごめんなさい。
「湧き出ているように書かれていますね。」です。

投稿: 靖 | 2008年10月26日 (日) 22時14分

信長が、側室吉乃の墓地に桜を植えたとしたら?楚々とした美人だったでしょうか?

信長への思いが伝わる、長文を読んだような気にさせてくれます。

投稿: くらんぽん | 2008年10月27日 (月) 05時52分

靖さん おはようございます。

コメントありがとうございます。

私から言うと信長は「新しいもの好きの非常識人間」だと思っています。
信長は教養はなかったけれど常識や前例にこだわらず、過去を振り向かず、ひたすら己の意思や感で(もちろん、それなりの綿密な戦略は考えていたと思いますが・・)押し進めていく圧倒的な凄みを持った人だと思います。
人間ってどうしても過去の栄誉を背負ってしまいますよね。
自分の今の力を信じて前向きに生きる。そういう革命児的なところが今の時代でも魅力的なんじゃないでしょうか?

安土城に登った頃、大病をしましていろいろ考える日々でした。
あの直線の大手門から見たかつての天守閣を想像すると、心を圧倒されるものがありました。
その頃からです。信長に興味を持ったのは・・

すみません。
信長を語るとどうもくどくなるようです。

投稿: はな | 2008年10月27日 (月) 09時53分

くらんぽんさん おはようございます~♪

桜は以前大河ドラマ「信長」で吉乃役をした
高木美保さんが訪れて植えたそうですよ。

彼女の死を深く悲しんで涙したなんて、
冷静沈着な信長が信じられませんよね。
この方、信長とは再婚なんですよ。
事実上、正室と並ぶ扱いを受けていたようです。

投稿: はな | 2008年10月27日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1091718/24699824

この記事へのトラックバック一覧です: 信長によせて 美濃を制して:

« 朱色に染まったピラカンサ | トップページ | 爽秋 »